カテゴリ: ICT法務  タイトル: RDBMSの著作物性等
更新2016-09-18 15:44:24

平成28年3月23日知的財産高等裁判所判決(平成27年(ネ)第10102号 損害賠償等請求控訴事件)を紹介したいと思います。判決文はこちらです。本件は,控訴人が,被控訴人に対し,被控訴人が製造,販売する「Babel」という名称の字幕制作用ソフトウェア(被控訴人プログラム)が,控訴人が製造,販売する「SST G1」という名称の字幕制作用ソフトウェア(控訴人プログラム)の複製又は翻案であるとして,①著作権(複製権,翻案権又は譲渡権)に基づき,被控訴人プログラムの複製等の差止め及び被控訴人プログラムの廃棄を求めるとともに,②不法行為に基づき,平成25年2月1日から同年8月9日までの損害賠償金4844万1393円(著作権法114条1項適用,平成26年3月5日付けで請求拡張)及びこれに対する不法行為後である訴状送達日の翌日(平成25年7月20日)から支払済みまで商事法定利率年6分の割合による遅延損害金の支払を求め」た事案です。

控訴人は,原審を不服として控訴するとともに,控訴審において「被控訴人プログラムに含まれる「PlugDtm.dll」という名称のファイルが,控訴人プログラムに含まれる「Template.mdb」という名称のAccess形式のファイル(Template.mdb)を複製したものであるとして(当事者間に争いがない。),Template.mdbの使用等の差止請求を追加し」て請求しました。

Template.mdbは,合計9個のテーブルと2個のクエリー項目からなり,合計147個のフィールドが設定されている、Access形式のデータベースファイルです。

Accessは、マイクロソフトが提供しているデータベースの管理プログラムで、所謂Relational DataBase Management System(RDBMS)の一種となるようですが、個人向けに設計されておりRDBMSには含めない人もいるとのことです。

RDBMSとしては、ウェブサイトなどに利用されることも多いMYSQL等が有名だと思います。

本件ではこのRDBMSの一種であるAccessと同一形式で作成されたデータベースのプログラム及びデータベースとしての著作物性(創作性)が控訴審で加わった争点4として問題となりました。

::::::::::::::::::

つまり、「Template.mdbは,合計9個のテーブルと2個のクエリー項目からなり,合計147個のフィールドが設定され、旧SSTにおけるソフトウェア部品であり,文字データや各種設定情報など旧SSTにおいて生成された個別の字幕データを書き出すためのひな型となるファイル」であるところ、控訴人が、「Template.mdbは,旧SSTの字幕プログラム処理に対応する形で各テーブル構成が設計されており,プログラム内のデータの余分な変換処理や加工処理を必要とせずに効率的に稼働できるよう体系的に構成されている」として、Template.mdb自体の個性の発揮を主張しました。つまり、「Template.mdbは,旧SSTの優れた機能を実現するための様々なデータを格納しており,これらは,控訴人プログラムがその発売当初国内で唯一の業務用映像翻訳用のパッケージ版の字幕制作ソフトウェアであったことから分かるように,その情報選択には独自性がある」と述べ、「そして,これら情報は,相互に関連付けられて控訴人プログラム内で利用されており,Template.mdbと控訴人プログラムのその余の部分とは,不可分一体であ」り、特定の文字列を検索したり,字幕数や1つの字幕の中の文字数を集計したりすることが可能となるから,Template.mdbはデータベースの著作物に該当し,控訴人プログラムは,いわばデータベース作成ソフトウェアともいえる」ので、Template.mdbは,創作性を有すると主張しました。
これに対して被控訴人がTemplate.mdbは,「旧SSTとの互換性を確保する以外には必要のないファイルであ」り、また、「被控訴人が複製したのは,設定された情報を格納する書式であるTemplate.mdbだけであり,これとは全く別のものであるTemplate.mdbにデータを入れる機能を有するプログラムを複製してはいない」と反論しました。このように、被控訴人が複製したTemplate.mdbは,設定された情報を格納する書式部分だけであることから、「字幕データを表示する際の各種データが羅列されているだけであり,これら各種データ同士の関連付けはされていないから,体系的構成に創作性はなく,また,テーブルやデータの分類も字幕ソフトウェアならば一般的に持っているものであり,独創性がない」と反論したことで、控訴審において新たに争点4が形成されました。被控訴人主張に基づくと、本件で問題とされたのは、情報入力する前の空の状態の、データベースのまさに外枠の部分に関するプログラムの著作物性や、データベースの著作物性だったようです。

この点控訴審は下記のとおり判示して、創作性を否定しています。

まず判例は、「プログラム著作物として創作性を有するといえるためには,コンピュータに対する指令の組合せが創作的に表現されることが必要であり(著作権法2条1項1号,10号の2),データベース著作物として創作性を有するといえるためには,コンピュータで検索できる情報の集合物について,その情報の選択又は体系的な構成が創作的に表現されることが必要である(著作権法2条1項10号の3,12条の2)」とのべて、プログラムの著作物性及びデータベースの著作物性を検討する基準を確認しました。

そして、控訴審は、「Template.mdb…は…合計9個のテーブルに147個のフィールドが設定されているものである。そして,証拠…及び弁論の全趣旨によれば,Template.mdbは,控訴人プログラムで取込み又は作成した文字データや各種設定情報を格納するための書式(読み出されたTemplate.mdbにユーザの操作により各種データが所定のフィールドに上書きされていき,最終的には個別の字幕データファイルとして完成される。)であることが認められる」としています。

① プログラムの著作物性について
そのうえで、控訴審判決は、Template.mdbは、文字データなどの収納場所であり、「Template.mdbをプログラムとして見た場合…変数やテキストデータが格納されているにすぎないから,コンピュータに対する指令の組合せに個性が顕れる余地はほとんどなく,プログラムの著作物としての創作性を想定し難い」と評価しています。
つまり、「プログラム著作物として創作性を有するといえるためには,コンピュータに対する指令の組合せが創作的に表現されることが必要」ですが、Template.mdbは、1つのプログラムを生成する個別の変数やTEXTデータの収納場所に過ぎないことから、Template.mdb自体に指令の組み合わせの個性を見出し難いと述べ、プログラムの著作物性を否定しています。端的にいうと、「Template.mdbそれ自体は,控訴人プログラムを稼働させたり,控訴人プログラムの設計構造を規定しているのではな
く,控訴人プログラムのデータ保存書式として存在するにすぎない。控訴人の上記主張は,控訴人プログラム全体の創作性をいうものであり,Template.mdbそれ自
体の創作性をいうものではない」と述べて、1つのプログラムの一部を保存して格納する場所を用意しているに過ぎないTemplate.mdbそれ自体にプログラム著作物としての創作性は見出し難いと判示しています。

② データベースの著作物性について
次に、データベースの著作物性について、控訴審は判断しています。
つまり、控訴審判決は、「データベース著作物として創作性を有するといえるためには,コンピュータで検索できる情報の集合物について,その情報の選択又は体系的な構成が創作的に表現されることが必要」であるところ「Template.mdbをデータベースとして見ようとしても,それは,情報の項目が定められているだけであり,選択されて入力すべき情報それ自体が格納されていないから,コンピュータが検索できる情報の集合物を有していない」うえ、「項目も,各テーブルに並列的に区分けされているだけであり,このテーブル間に何らかの関係があるわけでもない」と述べデータベースの著作物としての創作性についても否定的な見解を示しています。つまり、「設定された情報を格納する書式であるTemplate.mdbだけ」を複製した本件では、「情報の項目が定められているだけであり,選択されて入力すべき情報それ自体が格納されていない」のであるから、そもそも、データベースの体を成していないと指摘しています。そのうえで、項目自体も羅列に過ぎないことから、有機的な関連付けなどは確認できず、この点にも創作性は見出し難いことから、著作権法上のデータベースの著作物該当性を否定しました。

なお、同判例では、「SST G1」のプログラム著作物に対する複製権侵害、翻案権侵害も詳細に検討されています。控訴審判決は、「プログラムの著作物の複製権又は翻案権を侵害したといえるためには,既存のプログラムの具体的表現中の創作性を有する部分について,これに依拠し,この内容及び形式を覚知させるに足りるものを再製するか,又は,その表現上の本質的な特徴の同一性を維持しつつ,これに修正,増減,変更等を加えて,新たな思想を創作的に表現し,新たな表現に接する者が従来の表現の本質的な特徴を直接感得することのできるものを創作したといえることが必要であり,単にプログラムが実現する機能や処理内容が共通するだけでは,複製又は翻案とはならない」として、まず、プログラム著作物の複製権、翻案権侵害の判断基準を確認しています。

そのうえで、同判例は、本件においてはソースコードが開示されていないが、「控訴人プログラムのソースコードは,約19万行と認められるから(弁論の全趣旨),その全部に創作性がないことは考えにくく,仮に,被控訴人プログラムが,控訴人プログラムにおいて創作性を有する蓋然性の高い部分のコードの全部又は大多数をコピーして作成されたものといえる事情があるならば,被控訴人プログラムは,控訴人プログラムを複製又は翻案したものと推認することができる」と述べています。つまり、プログラムの著作物において、侵害を主張する立場の当事者は、「創作性を有する蓋然性の高い部分のコードの大多数をコピーして作成された」との事情を立証できれば、プログラムを複製又は翻案したものと推認させることができると判示しています。

つまり、プログラムの全てを開示しなくとも、「部分的に創作性を有する蓋然性が高いこと」を立証し、かつ、「当該部分のコードの大多数をコピーした」ことを立証すれば足ると判示しています。そのうえで、「控訴人が…主張する点をすべて併せて考慮しても,被控訴人プログラムが控訴人プログラムにおいて創作性を有する蓋然性の高い部分のコードの全
部又は大多数をコピーしたことを推認させる事情は認められない」と述べて、控訴棄却の結論を導いています。

i2練馬斉藤法律事務所問合せ電話番号
(平日午前9時から午後18時までの受け付けとなります。)


○Email(24時間365日受け付けております。)


Lawyer/弁護士紹介

Legal counsel/法律相談

Office/事務所

Fee /料金

ウェブ・IT法務
発信者情報開示・削除請求業務
インターネットにおける知的財産権侵害者の特定
カリフォルニア外国法人に対する発信者情報開示
ICT法務顧問

カテゴリ別全記事一覧


著作権


著作権の内容


◆複製権
◆展示権
◆二次的著作物上の著作権
◆公衆送信権
◆頒布権・譲渡権・貸与権
◆上演権・演奏権・口述権
◆上映権
◆送信可能化権における情報の範囲
◆翻案権
◆リンクと不法行為、著作権侵害の諸問題
◆映画著作物における頒布権の国際消尽
◆埋込コンテンツと公衆伝達権

著作物


◆音楽の著作物
◆応用美術の著作物性
◆データベースの著作物とは
◆二次的著作物とは
◆実用品の著作物性~平成27年4月14日知財高裁判決(平成26年(ネ)10063号)解説
◆言語の著作物
◆映画の著作物
◆プログラムの著作物
◆実用品の著作物性~知財高裁平成28年10月13日判決(平成28年(ネ)第10059号)解説

著作者人格権


◆氏名表示権
◆名誉声望保持権
◆同一性保持権

国際著作権法務


◆外国(法)人を相手方とする著作権法務について
◆条約優先の原則

著作権法律相談


◆著作権侵害に関する相談時の資料
◆著作権に関する法律相談について
◆著作権侵害に関する法律相談について

侵害対応


◆著作権を侵害された場合にとり得る措置
◆著作権侵害差止請求訴訟の要件

著作権侵害


◆対象の著作物性
◆著作権侵害に基づく差止の仮処分命令
◆対象の著作物該当性①「思想又は感情」
◆対象の著作物性②「表現したもの」
◆対象の著作物該当性③「創作的な表現」
◆著作権等侵害に基づく損害賠償請求訴訟における損害額について
◆みなし侵害行為
◆公衆送信権・送信可能化権の侵害主体確定の前提となる送信客体の捉え方について
◆著作物の(同一性・)類似性と依拠性

著作権全般


◆著作権法と意匠法などの棲み分け
◆著作権を初めとする知的財産権法務に重点を置いている法律事務所です
◆著作権保護の理念
◆著作権法にフェアユース規定はありますか
◆著作権、著作者人格権の帰属
◆著作権は譲渡できますか?
◆共有著作権の行使
◆著作権法

保護期間


◆著作権の保護期間は何年間でしょうか
◆著作権の保護期間

著作権の制限


◆写真や映像への映り込みについて
◆著作権法47条の2
◆著作権の制限規定
◆付随対象著作物の利用
◆著作物の私的使用
◆著作物の引用利用

著作権と諸法制


◆著作権と信託

著作権業務内容


◆著作権法務
◆著作権登録
◆著作権訴訟
◆著作権契約
◆著作権警告書・回答書
◆著作権刑事
◆著作権遺言相続
◆デジタル著作権法務
◆著作権侵害対応
◆著作権侵害防御
◆著作権顧問契約
◆インターネット上の著作権侵害

著作権取扱地域


◆著作権案件の取扱地域について
◆東海・北陸地方の著作権案件
◆東北地方の著作権案件
◆北海道の著作権案件
◆関東、甲信越、静岡県(広域関東圏)の著作権案件
◆関西・中国地方・四国・九州・沖縄の著作権案件

著作権の消滅


◆著作権の消滅

著作権訴訟


◆著作権侵害訴訟の訴訟物
◆著作権等侵害に基づく損害賠償請求訴訟と損害の費目
◆著作者及び実演家の名誉回復等の措置請求権

著作権刑事


◆著作権法上の刑罰法規の非親告罪化

侵害主体


◆著作権の侵害主体

著作者


◆職務著作(著作権法15条)

出版権


◆出版権

知的財産権


保護客体


◆写真/フォトグラフ保護法務
◆キャラクター保護法務
◆「小説・脚本・原作・物語など」ストーリー保護法務
◆ウェブサイト保護法務
◆シンボル・エンブレム・ロゴマーク保護法務
◆音楽・演奏の保護法務
◆イラストレーション保護法務
◆グッズ、広告などクリエイトの商業利用

知的財産権侵害対応


◆知的財産権を侵害されている場合どう対応すればいいですか
◆知的財産権侵害にかかる弁護士費用はどの位ですか
◆知的財産権侵害案件について

知的財産権法全般


◆著作権、商標・意匠権など知的財産権案件におけるサービス内容一覧
◆著作権など知的財産権、ICT法務案件取扱について
◆知的財産権
◆知的財産権法及び知的財産について

リンク集


◆著作権・知的財産権・ICT法務関連リンク集

知財法律相談


◆著作権など、カルチャー、アート、エンタメ、ITの法律相談

パブリシティ権


◆パブリシティ権

コンテンツ保護


◆コンテンツ制作段階からの予防法務サービス

業務案内


◆ICTコンテンツ、ウェブサイト法務取扱法律事務所
◆インターネット法務の概要
◆著作権を初めとする知的財産権侵害に関する法律業務の流れ
◆コンテンツ総合支援法務サービス・コンテンツシールド
◆ICT分野・コンテンツ制作分野を法的に支援します
◆インターネット上で生じる紛争類型と弁護士が代理できる業務
◆2ちゃんねる書き込みに対する対応

知的財産権訴訟


◆知的財産権に関する訴えの管轄
◆知的財産権に関する事件の控訴審における管轄
◆知的財産権に関する訴訟事件の書類提出のルールについて
◆知的財産権訴訟と訴額

知的財産権契約


◆知的財産権契約

コンテンツ法務


◆コンテンツと知的財産法について
◆クリエイト、エンターテインメントコンテンツロー
◆コンテンツの制作段階からの法的支援について
◆制作委員会方式
◆クラウドファンディング
◆コンテンツファンディングの法的スキーム

知的財産権業務案内


◆知的財産権出願登録
◆知的財産権契約
◆知的財産権警告書・回答書
◆知的財産権訴訟
◆知的財産権刑事
◆知的財産権顧問契約

知的財産と行政法規


◆薬機法に基づく医薬品、医薬部外品、化粧品の製造販売

判例


◆下町ロケット訴訟一審判決
◆ポパイキャラクター事件におけるキャラクターと不正競争防止法違反判示部分

ICT法務


ICT知的財産権


◆RDBMSの著作物性等
◆リンクと著作権
◆jQuery(ジェイクエリー)の呼び出しと著作権法上の問題点
◆URLの意味とリンク及び公衆送信権
◆リンクと著作権GS Media BV v Sanoma Media Netherlands BV and Othersの本邦著作権法解釈に与える影響

業務案内


◆ICTコンテンツ、ウェブサイト法務取扱法律事務所
◆インターネット法務の概要
◆著作権を初めとする知的財産権侵害に関する法律業務の流れ
◆コンテンツ総合支援法務サービス・コンテンツシールド
◆ICT分野・コンテンツ制作分野を法的に支援します
◆インターネット上で生じる紛争類型と弁護士が代理できる業務
◆2ちゃんねる書き込みに対する対応

プログラム


◆プログラム・ソフトウェアと知的財産権
◆プログラムの保護

ICT法務内容


◆ウェブ・IT法務
◆発信者情報開示・削除請求業務
◆インターネットにおける知的財産権侵害者の特定
◆カリフォルニア外国法人に対する発信者情報開示
◆ICT法務顧問

インターネットの仕組み


◆インターネット通信と識別符号

ICTと契約


◆インターネットをめぐる契約関係

ICT法務全般


◆インターネットの法規制
◆インターネット法務という領域
◆現代型のウェブサイト構造と法務

発信者情報開示


◆発信者情報開示請求とは
◆プロバイダ責任制限法上の定義規定
◆インターネット上の名誉権侵害、プライバシー権侵害、商標権、著作権等知的財産権侵害と転載・まとめサイト
◆発信者情報開示請求の要件
◆カリフォルニア州法人の資格証明
◆発信者情報開示請求の管轄

不正アクセス禁止法


◆禁止される不正アクセス行為

仮想通貨


◆仮想通貨の概要
◆アルトコイン
◆仮想通貨と所有権
◆ビットコインのシステム

名誉毀損


◆インターネット上の名誉毀損と名誉感情侵害

削除請求


◆検索結果に対する削除請求

著作権侵害と発信者情報開示


◆リンクと不法行為、著作権侵害と発信者情報開示の諸論点の整理

ICT民事訴訟


◆ハンドルネームによる被告の特定

eコマース・広告法務


特定商取引法


◆ウェブサイトと特定商取引に関する法律

eコマース全般


◆電子商取引の法規制

eコマース法務


◆電子商取引・eコマース法務

Web広告規制


◆WEB広告の規制

広告法務


◆広告法務

個人情報保護法


個人情報


◆個人情報の定義

文化の発信地練馬の法律事務所
I2練馬斉藤法律事務所


 

取扱一覧

著作権/ウェブデジタル法務セミナー・勉強会等講師
特定法分野顧問契約・通常顧問契約
著作権法務
デジタル著作権法務
商標法務
意匠法務
特許・実用新案法務
著作権登録
著作権契約
著作権警告書・回答書
著作権訴訟
著作権刑事
著作権遺言相続
著作権侵害防御
著作権侵害対応
インターネット上の著作権侵害
著作権顧問契約
著作権案件の取扱地域について
知的財産権出願登録
知的財産権契約
知的財産権警告書・回答書
知的財産権訴訟
知的財産権刑事
ウェブ・IT法務
発信者情報開示・削除請求業務
カリフォルニア外国法人に対する発信者情報開示
ICT法務顧問
インターネットにおける知的財産権侵害者の特定
キャラクター保護法務
「小説・脚本・原作・物語など」ストーリー保護法務
写真/フォトグラフ保護法務
イラストレーション保護法務
グッズ、広告などクリエイトの商業利用
シンボル・エンブレム・ロゴマーク保護法務
ウェブサイト保護法務
音楽・演奏の保護法務
知的財産権顧問契約
広告法務
電子商取引・eコマース法務



  • Services/取扱法務
  • GLS/グラフィックリーガル
  • Lawyer/弁護士紹介
  • Legal counsel/法律相談
  • Office/事務所
  • Fee /料金
  • Contact/ご連絡

  • Blog/ウェブログ
  • Contents/コンテンツ



  • 弁護士齋藤理央創作知的財産一覧
    弊所の+αについて



    更新2017-11-12 23:14:19


    更新2017-11-02 15:46:15


    更新2017-11-02 14:55:49


    更新2017-11-02 14:55:49


    更新2017-10-15 05:27:18




    物語コンテンツ
    NoteofFloatIsland更新履歴


     タイトル: チャプター1エピソード11(チャプター1最終)


    更新2017-10-23 22:12:22

    天の大きな星が頭上に来ていた。空に浮かぶ小さなこの島では,それは、正午を指していた。 ・・・⇒この記事の続きを読む


     タイトル: チャプター1エピソード10


    更新2017-10-23 22:11:35

    リクが上空を睨んだ。天を見上げたリクの頭とプラクシスの頭と、そして、天上の大きな星が直線を描いた・・・⇒この記事の続きを読む


     タイトル: チャプター1エピソード9


    更新2017-10-23 22:11:26

    焚火の傍らで寝込んでしまったリクの頭上に、いつの間にか、朝日が昇っていた。 穿たれた・・・⇒この記事の続きを読む


     タイトル: チャプター1エピソード8


    更新2017-10-23 22:11:15

    作戦会議の後、ソラとリクは残り火が燻る焚火の跡を横並びに見つめていた。洞内に忍び込む冷気から逃れ・・・⇒この記事の続きを読む


     タイトル: チャプター1エピソード7


    更新2017-10-23 22:11:06

    その日の夜、ギーン、ヤゲン、ディー、リク、ソラは,焚火を囲んで座っていた。5人は、それぞれにそれ・・・⇒この記事の続きを読む


     タイトル: チャプター1エピソード6


    更新2017-10-23 22:10:58

    ・・・⇒この記事の続きを読む


     タイトル: チャプター1エピソード5


    更新2017-10-23 22:10:47

    ・・・⇒この記事の続きを読む


     タイトル: チャプター1エピソード4


    更新2017-10-23 22:10:36

    ・・・⇒この記事の続きを読む


     タイトル: チャプター1エピソード3


    更新2017-10-23 22:10:25

    ・・・⇒この記事の続きを読む


     タイトル: チャプター1エピソード2


    更新2017-10-23 22:10:16

    少女の眼は洞窟の入り口をまっすぐ向いて、見開かれていた。口は対照的にきゅっと閉じられていた。・・・⇒この記事の続きを読む


     タイトル: チャプター1エピソード1


    更新2017-10-23 22:10:05

    大きな大きな洞窟が延々と広がっていた。天井は大きく穿たれ、空がつかめるかのような錯覚さえ抱かせた・・・⇒この記事の続きを読む


     タイトル: ソラ


    更新2017-09-30 01:51:56

    ・・・⇒この記事の続きを読む


     タイトル: 天空の島


    更新2017-09-26 18:49:14

    ・・・⇒この記事の続きを読む


     タイトル: ステラ・シード


    更新2017-01-13 00:19:48

    ・・・⇒この記事の続きを読む


     タイトル: 光る天上の星


    更新2016-09-30 21:26:15

     NOTE OF  FLOAT ISLAND の世界は、ひとつ・・・⇒この記事の続きを読む


     タイトル: 浮島(フロートアイランド)に住む人たち


    更新2016-09-30 21:26:08

    フロートアイランドに住む人々は、厳・・・⇒この記事の続きを読む


    コンテンツ更新履歴
    グッズ、広告などクリエイトの商業利用
    更新2017-11-18 14:21:18

    WEB広告の規制
    更新2017-11-16 16:47:41

    広告法務
    更新2017-11-16 16:45:39

    電子商取引・eコマース法務
    更新2017-11-16 16:44:58

    ウェブサイトと特定商取引に関する法律
    更新2017-11-16 16:43:35

    電子商取引の法規制
    更新2017-11-16 16:43:35

    知的財産権顧問契約
    更新2017-11-13 20:06:25

    ご連絡方法
    更新2017-11-12 23:09:30

    「小説・脚本・原作・物語など」ストーリー保護法務
    更新2017-11-12 21:44:26

    I2練馬斉藤法律事務所の特徴とメリット
    更新2017-11-12 02:28:39

    著作権契約
    更新2017-11-12 02:02:27

    キャラクター保護法務
    更新2017-11-11 17:55:26

    インターネット上の著作権侵害
    更新2017-11-11 17:22:23

    クリエイトする弁護士
    更新2017-11-11 06:27:49

    ビットコインのシステム
    更新2017-11-06 15:12:38

    仮想通貨の概要
    更新2017-11-06 15:04:57

    アルトコイン
    更新2017-11-06 15:02:23

    仮想通貨と所有権
    更新2017-11-06 15:01:24

    埋込コンテンツと公衆伝達権
    更新2017-11-04 23:55:12

    著作権等侵害に基づく損害賠償請求訴訟と損害の費目
    更新2017-11-01 17:09:32

    著作者及び実演家の名誉回復等の措置請求権
    更新2017-11-01 17:04:03

    著作物の引用利用
    更新2017-11-01 14:59:35

    著作権侵害訴訟の訴訟物
    更新2017-10-26 22:31:59

    弁護士ご挨拶
    更新2017-10-22 02:03:19

    インターネットにおける知的財産権侵害者の特定
    更新2017-10-18 16:42:58




    ブログ更新履歴
    ツイッターセルフキュレーションの実験
    更新2017-11-13 16:28:28

    SNSのセルフキュレーション
    更新2017-11-06 02:16:45

    iPadpro12.9インチレビュー
    更新2017-11-05 13:30:06

    はるか夢の址関係者逮捕、リーチサイト摘発
    更新2017-11-04 14:00:10

    ポートレイト風デジタル画グラフィック
    更新2017-10-15 17:25:59

    コミックとデザイン
    更新2017-10-12 03:16:54

    デザイン
    更新2017-10-12 03:15:36

    NOTE-をイメージしたデジタル画グラフィック
    更新2017-10-08 14:13:22

    ソラ頭身デジタルグラフィック
    更新2017-10-06 22:47:30

    バイナリデータとエンコード
    更新2017-10-01 00:39:35

    フォントと書体
    更新2017-09-30 04:01:31

    テーミスグラフィックデジタル
    更新2017-10-06 22:52:07

    フロートアイランドグラフィック
    更新2017-09-27 01:21:54

    広告バナーのグラフィック差替
    更新2017-10-06 22:49:46

    インスタグラム
    更新2017-11-05 04:53:15

    こち亀コラージュ問題について
    更新2017-09-16 00:55:12

    アクリル(クリア)マウント加工
    更新2017-09-04 02:48:09

    事務所の備品購入
    更新2017-11-05 04:53:15

    ブラウザにおけるウェブサイトのレンダリング
    更新2017-08-18 23:54:05

    3DCGの計算
    更新2017-08-17 23:09:55

    ストーリーとキャラクターと広告の関係性
    更新2017-07-30 18:17:08

    「直虎」の商標を巡る記事コメントの補足
    更新2017-04-09 16:09:28

    ウェブと通信プロトコル
    更新2017-03-09 01:51:36

    マリオカートのフリーライドを巡って任天堂が訴訟提起(コメントの補足)
    更新2017-02-28 12:25:18

    法律事務所でのキャラクターやロゴ使用
    更新2017-07-30 18:16:31




    事務所サイト更新履歴



  • 齋藤理央ウェブログ


  • お知らせ
  • 著作権・法律動向
  • クリエイト
  • エンタ-テイメント
  • 旅行/地域
  • Contact/ご連絡



  • NoteofFloatIsland


  • 齋藤理央が創作提供する物語形式のエンターテイメントウェブコンテンツです!ストーリー、キャラクター、ロゴ、ウェブサイト、システム、著作物、意匠、商標など弁護士齋藤理央は創作の実際の知識も総動員して法務を提供します。