カテゴリ: ICT法務  タイトル: jQuery(ジェイクエリー)の呼び出しと著作権法上の問題点
更新2016-09-18 15:44:24

 jQuery(ジェイクエリー)の呼び出しとMITライセンスなどの著作権の関係について、述べていきたいと思います。

 当ウェブサイトヘッド部において、スライドショーを作成した際に、jQuery(ジェイクエリー)を利用させていただきました。

 基本的には参照したサイトにしたがって、サイトの<head>部に下記の記述を追記して、jQuery(ジェイクエリー)を呼び出す形をとっています(カッコは大文字にしてあります)。

<script type="text/javascript" src="http://code.jquery.com/jquery-1.9.1.min.js" class="wysiwyg-script"></script>

 では、このようにオープンソースのファイルを呼び出す形式でサイトを作成することは、著作権法上問題がないのでしょうか。

 まず、そもそもとして、jQuery(ジェイクエリー)のようなプログラムについては、日本法が適用される場合、プログラムの著作物として、著作権法上の保護を受けることになります。では、jQuery(ジェイクエリー)のようなプログラムについては、著作権を保有している団体が存在しているアメリカの法律が適用されるのでしょうか。それとも、jQuery(ジェイクエリー)を利用しているサイトを運営している弊所が所属している日本の法律が適用されるのでしょうか。

 この点は、ベルヌ条約5条2項の解釈で、日本の法律が適用されると解されています。

 ベルヌ条約は、「千八百九十六年五月四日にパリで補足され、千九百八年十一月十三日にベルリンで改正され、千九百十四年三月二十日にベルヌで補足され並びに千九百二十八年六月二日にローマで、千九百四十八年六月二十六日にブリュッセルで、千九百六十七年七月十四日にストックホルムで及び千九百七十一年七月二十四日にパリで改正された千八百八十六年九月九日の文学的及び美術的著作物の保護に関するベルヌ条約」という名前で、外務省のサイト上で公開されています。

 日本の著作権法が適用されるとした場合、jQuery(ジェイクエリー)はプログラム(著作権法2条1項10の2号)の著作物(同法2条1項1号)として保護される(同法6条3号)ことになります。

 したがって、jQuery(ジェイクエリー)を複製(同法21条)することや、公衆送信(同法23条1項)することは、著作権者を除いて許されず、権利者の許諾なく複製や、公衆送信をした場合、著作権法に違反することになります。

 もっとも、jQuery(ジェイクエリー)は、MITライセンスというライセンスポリシーに従う限り、誰に対しても、複製することや、公衆送信することを許諾すると宣言しています。

 MITライセンスは、要約すると、以下のようなライセンスとなるとのことです。以下、ウィキペディアより引用。

「1.このソフトウェアを誰でも無償で無制限に扱って良い。ただし、著作権表示および本許諾表示をソフトウェアのすべての複製または重要な部分に記載しなければならない。
2.作者または著作権者は、ソフトウェアに関してなんら責任を負わない。」

 jQuery(ジェイクエリー)のライセンスポリシーにおいては基本的にMITライセンスを順守すること、著作権表示を含んだヘッダー部をそのまま記載することが求められています

 つぎに、jQuery(ジェイクエリー)を、本記事冒頭のような形で呼び出して使う場合は、上記ライセンスポリシーをどのように順守すればよいのでしょうか。

 そもそも、jQuery(ジェイクエリー)を呼び出すことが、許諾を受けなければならない行為に該当するのかを検討したいと思います。

 まず、jQuery(ジェイクエリー)を、本記事冒頭のような形で呼び出して使う行為が、公衆送信(送信可能化を含む)に該当するかを検討したいと思います。

 公衆送信および、送信可能化は、それぞれ、著作権法2条1項下記各号により下記のとおり定められています。

「七の二   公衆送信 公衆によつて直接受信されることを目的として無線通信又は有線電気通信の送信(電気通信設備で、その一の部分の設置の場所が他の部分の設置の場所と同一の構内(その構内が二以上の者の占有に属している場合には、同一の者の占有に属する区域内)にあるものによる送信(プログラムの著作物の送信を除く。)を除く。)を行うことをいう。 」

「九の五   送信可能化 次のいずれかに掲げる行為により自動公衆送信し得るようにすることをいう。
イ 公衆の用に供されている電気通信回線に接続している自動公衆送信装置(公衆の用に供する電気通信回線に接続することにより、その記録媒体のうち自動公衆送信の用に供する部分(以下この号及び第四十七条の五第一項第一号において「公衆送信用記録媒体」という。)に記録され、又は当該装置に入力される情報を自動公衆送信する機能を有する装置をいう。以下同じ。)の公衆送信用記録媒体に情報を記録し、情報が記録された記録媒体を当該自動公衆送信装置の公衆送信用記録媒体として加え、若しくは情報が記録された記録媒体を当該自動公衆送信装置の公衆送信用記録媒体に変換し、又は当該自動公衆送信装置に情報を入力すること。

ロ その公衆送信用記録媒体に情報が記録され、又は当該自動公衆送信装置に情報が入力されている自動公衆送信装置について、公衆の用に供されている電気通信回線への接続(配線、自動公衆送信装置の始動、送受信用プログラムの起動その他の一連の行為により行われる場合には、当該一連の行為のうち最後のものをいう。)を行うこと。」

 これを、jQuery(ジェイクエリー)を、本記事冒頭のような形で呼び出して使う場合に適用してみます。

 まず、jQuery(ジェイクエリー)を、本記事冒頭のような形で呼び出して使う場合、ウェブサイトを閲覧するクライアントコンピューターと、サーバー(jquery.com)(=自動公衆送信装置(の公衆送信用記録媒体))を直接つなぐことになり、プログラムの授受はクライアントコンピューターと、サーバー(jquery.com)で行われることになります。したがって、自らがサーバー(自動公衆送信装置(の公衆送信用記録媒体))にjQuery(ジェイクエリー)を複製するなどして、クライアントコンピューターが受け取れる状態を新たに作出するわけではありません。したがって、当該行為は、送信可能化の定義には該当しないと思料されます(私見)。また、このような行為は、主体的にプログラムを送信しているとも評価できないことから、公衆送信の定義にも当たらないと考えられます(私見)。もっとも、サーバーを通しての権利者の送信を中継することが送信にあたるとの見解も全く成立しえないわけではありません。したがって、公衆送信に該当する可能性は皆無ではないと考えて、ライセンスポリシーを順守することで著作権の問題をクリアしておくことが十全と考えた方がよいでしょう。

 次に、サイトの<head>部に記述(<script type="text/javascript" src="http://code.jquery.com/jquery-1.9.1.min.js" class="wysiwyg-script"></script> )を追記して、jQuery(ジェイクエリー)を呼び出す形式が、著作権法上の複製行為にあたるかを検討しなければなりません。

 このとき、クライアントコンピュータのブラウザが通常の設定と想定した場合、問題となるのは、上記記述にしたがって、サイトを閲覧したユーザーのクライアントコンピューター上にキャッシュメモリが作成されることが、複製行為に該当するか否かです。

 この際、行為の主体性は、上記呼び出しの記述をしたサイト作成者と、当該サイトを閲覧したユーザー両方に認められると仮定しています。

 それぞれが、キャッシュメモリの作成を企図しているということです。

 蛇足ですが、アメリカでは、プログラムとはことなる著作物についての判例で、ユーザーについては、キャッシュを作成する行為が複製行為に該当するが、キャッシュメモリ作成についての故意がなく、著作権侵害とはならないとする判例もあるようです。これに対して、サイト作成者はクライアントコンピュータが通常の設定であればキャッシュを作成することを当然認識していると思われるため、故意がないとの理論構成は取りがたいと思われます。したがって、上記呼び出しの記述によって、サイト閲覧者のクライアントコンピューター上にキャッシュメモリを作成せしめるというサイト作成者の行為が、複製行為に該当にするか、検討されなければならないように思われます。

 この点、キャッシュメモリの作成は従来、保存の一時性から、複製に該当しないとの見解が強かった部分です。

 この見解に従う限り、複製行為に該当しないことから、上記形式の記述でjQuery(ジェイクエリー)を呼び出しても、複製行為にあたらず、著作権侵害は成立しないことになります。

 これに対して、キャッシュメモリ作成も一時的とは言えないとして、サイト作成者の記述により、クライアントコンピューターにjQuery(ジェイクエリー)のキャッシュメモリを作成せしめることは、複製にあたるとの見解もあり得ます。

 この点については、平成21年法改正で新設された著作権法第四十七条の八も検討しなければなりません。同条は、「電子計算機において、著作物を当該著作物の複製物を用いて利用する場合又は無線通信若しくは有線電気通信の送信がされる著作物を当該送信を受信して利用する場合(これらの利用又は当該複製物の使用が著作権を侵害しない場合に限る。)には、当該著作物は、これらの利用のための当該電子計算機による情報処理の過程において、当該情報処理を円滑かつ効率的に行うために必要と認められる限度で、当該電子計算機の記録媒体に記録することができる。 」と定めています。

 したがって、仮に、上記記述によって呼び出したjQuery(ジェイクエリー)がクライアントコンピューターにキャッシュとして保存され、これが複製行為に該当すると判断されたとしても、ユーザーのみならず、サイト作成者にも著作権法47条の8が適用(乃至準用)されれば、「複製物の使用が著作権を侵害しない場合」(同条かっこ書)という条件を満たす限り、適法とされることになりそうです。しかし、同条はあくまで受信という表記をもちいユーザー(サイト閲覧者)が自らのクライアントコンピューターにキャッシュを作成する行為を適法とした規定であり、サイト作成者に直接適用することは困難との見方もあり得ます。

 そうであるとしても、同条がサイト作成者にも適用されるとします。この場合は、「複製物の使用が著作権を侵害しない場合」という条件を満たすか否かを決するときに、上記MITライセンスにのっとった、「著作権表示を含んだヘッダー部をそのまま記載する。」という、jQuery(ジェイクエリー)のライセンスポリシーを順守しているか否かが問題とされそうです。

 また、同条が適用されないとした場合、当該行為は例外的に適法とされるわけではないことから、jQuery(ジェイクエリー)のプライバシーポリシーにしたがって、許諾を受けていることは絶対条件となりそうです。

 いずれにしても、MITライセンスの順守は必要といえそうです。では、上記形式の呼び出しは、jQuery(ジェイクエリー)のプライバシーポリシーを順守していると言えるのでしょうか。

 この点も、上記呼び出しによってクライアントコンピューターのキャッシュに保存されるjQuery(ジェイクエリー)が、著作権者の頒布先に直接リンクされていることから、ヘッダー部は完全なままクライアントコンピューターに保存されることになり、上記形式での呼び出しにおいては、問題がクリアされることになりそうです。

 しかし、呼び出したプログラムが、第三者がjQuery(ジェイクエリー)を改変なり改良したものをサーバーにアップしているような場合別の問題も生じ得ます。つまり、当該第三者が著作権表記のあるヘッダー部を削除していた場合などには、プライバシーポリシーに違反する形でクライアントコンピューターにキャッシュを作成せしめ、権利を侵害したとの誹りを免れないケースもないとは言い切れません。

 したがって、呼び出す元のファイルが公式なものであるか否か、十分注意をした方が良いものと考えられます。そのうえで、公式なものではなく、第三者が改良・改変したファイルを呼び出す場合は、MITライセンスが適用されるケースでは著作権表記が完全かなど、確認する必要があると言えるでしょう。

 西新宿中野坂上法律事務所では、ウェブサイトなど、IT上のコンテンツ制作に関する法律問題について、相談を受け付けています。紛争が生じてしまった場合や、紛争を予防した場合など、ご相談をご検討ください。

i2練馬斉藤法律事務所問合せ電話番号
(平日午前9時から午後18時までの受け付けとなります。)


○Email(24時間365日受け付けております。)


Lawyer/弁護士紹介

Legal counsel/法律相談

Office/事務所

Fee /料金

ウェブ・IT法務
発信者情報開示・削除請求業務
カリフォルニア外国法人に対する発信者情報開示
ICT法務顧問

カテゴリ別全記事一覧


著作権


著作権の内容


◆複製権
◆展示権
◆二次的著作物上の著作権
◆公衆送信権
◆頒布権・譲渡権・貸与権
◆上演権・演奏権・口述権
◆上映権
◆送信可能化権における情報の範囲
◆翻案権
◆リンクと不法行為、著作権侵害の諸問題
◆映画著作物における頒布権の国際消尽

著作物


◆音楽の著作物
◆応用美術の著作物性
◆データベースの著作物とは
◆二次的著作物とは
◆実用品の著作物性~平成27年4月14日知財高裁判決(平成26年(ネ)10063号)解説
◆言語の著作物
◆映画の著作物
◆プログラムの著作物
◆実用品の著作物性~知財高裁平成28年10月13日判決(平成28年(ネ)第10059号)解説

国際著作権法務


◆外国(法)人を相手方とする著作権法務について
◆条約優先の原則

著作権法律相談


◆著作権侵害に関する相談時の資料
◆著作権に関する法律相談について
◆著作権侵害に関する法律相談について

侵害対応


◆著作権を侵害された場合にとり得る措置
◆著作権侵害差止請求訴訟の要件

著作権侵害


◆対象の著作物性
◆著作権侵害に基づく差止の仮処分命令
◆対象の著作物該当性①「思想又は感情」
◆対象の著作物性②「表現したもの」
◆対象の著作物該当性③「創作的な表現」
◆著作権等侵害に基づく損害賠償請求訴訟における損害額について
◆みなし侵害行為
◆公衆送信権・送信可能化権の侵害主体確定の前提となる送信客体の捉え方について
◆著作物の(同一性・)類似性と依拠性

著作権全般


◆著作権法と意匠法などの棲み分け
◆著作権を初めとする知的財産権法務に重点を置いている法律事務所です
◆著作権保護の理念
◆著作権法にフェアユース規定はありますか
◆著作権、著作者人格権の帰属
◆著作権は譲渡できますか?
◆共有著作権の行使
◆著作権法

保護期間


◆著作権の保護期間は何年間でしょうか
◆著作権の保護期間

著作権の制限


◆写真や映像への映り込みについて
◆著作権法47条の2
◆著作権の制限規定
◆付随対象著作物の利用
◆著作物の私的使用

著作権と諸法制


◆著作権と信託

著作権業務内容


◆著作権法務
◆著作権登録
◆著作権訴訟
◆著作権契約
◆著作権警告書・回答書
◆著作権刑事
◆著作権遺言相続
◆デジタル著作権法務
◆著作権侵害対応
◆著作権侵害防御
◆東海・北陸地方の著作権案件
◆東北地方の著作権案件
◆北海道の著作権案件
◆東京高裁管内の著作権案件
◆関西・中国地方・四国・九州・沖縄の著作権案件
◆著作権顧問契約

著作権の消滅


◆著作権の消滅

著作者人格権


◆名誉声望保持権
◆同一性保持権

著作権刑事


◆著作権法上の刑罰法規の非親告罪化

侵害主体


◆著作権の侵害主体

著作者


◆職務著作(著作権法15条)

出版権


◆出版権

知的財産権


保護客体


◆写真/フォトグラフ保護法務
◆キャラクター保護法務
◆ストーリー保護法務
◆ウェブサイト保護法務
◆シンボル・エンブレム・ロゴマーク保護法務
◆音楽・演奏の保護法務
◆イラストレーション保護法務
◆知的財産権顧問契約

知的財産権侵害対応


◆知的財産権を侵害されている場合どう対応すればいいですか
◆知的財産権侵害にかかる弁護士費用はどの位ですか
◆知的財産権侵害案件について

知的財産権法全般


◆著作権、商標・意匠権など知的財産権案件におけるサービス内容一覧
◆著作権など知的財産権、ICT法務案件取扱について
◆知的財産権
◆知的財産権法及び知的財産について

リンク集


◆著作権・知的財産権・ICT法務関連リンク集

知財法律相談


◆著作権など、カルチャー、アート、エンタメ、ITの法律相談

パブリシティ権


◆パブリシティ権

コンテンツ保護


◆コンテンツ制作段階からの予防法務サービス

業務案内


◆ICTコンテンツ、ウェブサイト法務取扱法律事務所
◆インターネット法務の概要
◆著作権を初めとする知的財産権侵害に関する法律業務の流れ
◆コンテンツ総合支援法務サービス・コンテンツシールド
◆ICT分野・コンテンツ制作分野を法的に支援します
◆インターネット上で生じる紛争類型と弁護士が代理できる業務
◆2ちゃんねる書き込みに対する対応

知的財産権訴訟


◆知的財産権に関する訴えの管轄
◆知的財産権に関する事件の控訴審における管轄
◆知的財産権に関する訴訟事件の書類提出のルールについて
◆知的財産権訴訟と訴額

知的財産権契約


◆知的財産権契約

コンテンツ法務


◆コンテンツと知的財産法について
◆クリエイト、エンターテインメントコンテンツロー
◆コンテンツの制作段階からの法的支援について
◆制作委員会方式
◆クラウドファンディング
◆コンテンツファンディングの法的スキーム

知的財産権業務案内


◆知的財産権出願登録
◆知的財産権契約
◆知的財産権警告書・回答書
◆知的財産権訴訟
◆知的財産権刑事

知的財産と行政法規


◆薬機法に基づく医薬品、医薬部外品、化粧品の製造販売

判例


◆下町ロケット訴訟一審判決
◆ポパイキャラクター事件におけるキャラクターと不正競争防止法違反判示部分

ICT法務


ICT知的財産権


◆RDBMSの著作物性等
◆リンクと著作権
◆jQuery(ジェイクエリー)の呼び出しと著作権法上の問題点
◆URLの意味とリンク及び公衆送信権
◆リンクと著作権GS Media BV v Sanoma Media Netherlands BV and Othersの本邦著作権法解釈に与える影響

業務案内


◆ICTコンテンツ、ウェブサイト法務取扱法律事務所
◆インターネット法務の概要
◆著作権を初めとする知的財産権侵害に関する法律業務の流れ
◆コンテンツ総合支援法務サービス・コンテンツシールド
◆ICT分野・コンテンツ制作分野を法的に支援します
◆インターネット上で生じる紛争類型と弁護士が代理できる業務
◆2ちゃんねる書き込みに対する対応

プログラム


◆プログラム・ソフトウェアと知的財産権
◆プログラムの保護

ICT法務内容


◆ウェブ・IT法務
◆発信者情報開示・削除請求業務
◆カリフォルニア外国法人に対する発信者情報開示
◆ICT法務顧問

特定商取引法


◆ウェブサイトと特定商取引に関する法律

インターネットの仕組み


◆インターネット通信と識別符号

ICTと契約


◆インターネットをめぐる契約関係

ICT法務全般


◆インターネットの法規制
◆インターネット法務という領域
◆現代型のウェブサイト構造と法務

発信者情報開示


◆発信者情報開示請求とは
◆インターネット上の名誉権侵害、プライバシー権侵害、商標権、著作権等知的財産権侵害と転載・まとめサイト
◆発信者情報開示請求の要件
◆カリフォルニア州法人の資格証明
◆発信者情報開示請求の管轄

不正アクセス禁止法


◆禁止される不正アクセス行為

名誉毀損


◆インターネット上の名誉毀損と名誉感情侵害

削除請求


◆検索結果に対する削除請求

著作権侵害と発信者情報開示


◆リンクと不法行為、著作権侵害と発信者情報開示の諸論点の整理

ICT民事訴訟


◆ハンドルネームによる被告の特定

個人情報保護法


個人情報


◆個人情報の定義

文化の発信地練馬の法律事務所
I2練馬斉藤法律事務所


 

取扱一覧

著作権/ウェブデジタル法務セミナー・勉強会等講師
著作権法務
デジタル著作権法務
商標法務
意匠法務
特許・実用新案法務
著作権登録
著作権契約
著作権警告書・回答書
著作権訴訟
著作権刑事
著作権遺言相続
著作権侵害防御
著作権侵害対応
東京高裁管内の著作権案件
東北地方の著作権案件
北海道の著作権案件
東海・北陸地方の著作権案件
関西・中国地方・四国・九州・沖縄の著作権案件
著作権顧問契約
知的財産権出願登録
知的財産権契約
知的財産権警告書・回答書
知的財産権訴訟
知的財産権刑事
ウェブ・IT法務
発信者情報開示・削除請求業務
カリフォルニア外国法人に対する発信者情報開示
ICT法務顧問
キャラクター保護法務
ストーリー保護法務
写真/フォトグラフ保護法務
イラストレーション保護法務
シンボル・エンブレム・ロゴマーク保護法務
ウェブサイト保護法務
音楽・演奏の保護法務
知的財産権顧問契約



  • Services/取扱法務
  • GLS/グラフィックリーガル
  • Lawyer/弁護士紹介
  • Legal counsel/法律相談
  • Office/事務所
  • Fee /料金
  • Contact/ご連絡

  • Blog/ウェブログ
  • Contents/コンテンツ



  • 弁護士齋藤理央創作知的財産一覧
    弊所の+αについて



    更新2016-09-18 14:42:54


    更新2016-09-18 14:43:04


    更新2016-09-19 12:25:19


    更新2016-09-19 12:28:58


    更新2016-09-19 16:28:24




    コンテンツ更新履歴
    禁止される不正アクセス行為
    更新2017-09-22 00:25:34

    同一性保持権
    更新2017-09-17 00:31:06

    著作権/ウェブデジタル法務セミナー・勉強会等講師
    更新2017-09-15 23:58:28

    ウェブサイトと特定商取引に関する法律
    更新2017-09-10 20:28:00

    ウェブ・IT法務
    更新2017-09-04 01:32:45

    ウェブサイト保護法務
    更新2017-09-04 01:17:09

    当ウェブサイトについて
    更新2017-09-04 01:01:08

    複製権
    更新2017-08-20 19:10:28

    インターネット上の名誉毀損と名誉感情侵害
    更新2017-08-19 12:46:36

    映画著作物における頒布権の国際消尽
    更新2017-08-19 12:44:59

    発信者情報開示請求の管轄
    更新2017-08-10 17:19:47

    イラストレーション保護法務
    更新2017-08-03 21:32:13

    デジタル著作権法務
    更新2017-08-03 21:32:13

    著作権侵害対応
    更新2017-08-03 21:32:13

    著作権侵害防御
    更新2017-08-03 21:32:13

    東北地方の著作権案件
    更新2017-08-03 21:32:13

    東海・北陸地方の著作権案件
    更新2017-08-03 21:24:46

    北海道の著作権案件
    更新2017-08-03 21:20:25

    東京高裁管内の著作権案件
    更新2017-08-03 21:20:25

    関西・中国地方・四国・九州・沖縄の著作権案件
    更新2017-08-03 21:20:25

    特許・実用新案法務
    更新2017-08-03 21:17:47

    写真/フォトグラフ保護法務
    更新2017-08-03 21:17:47

    著作権法務
    更新2017-08-03 21:17:47

    キャラクター保護法務
    更新2017-08-03 21:17:47

    ストーリー保護法務
    更新2017-08-03 21:17:47




    ブログ更新履歴
    広告バナーのグラフィック差替
    更新2017-09-23 18:30:57

    インスタグラム
    更新2017-09-23 18:00:36

    こち亀コラージュ問題について
    更新2017-09-16 00:55:12

    アクリル(クリア)マウント加工
    更新2017-09-04 02:48:09

    事務所の備品購入
    更新2017-09-06 00:51:42

    ブラウザにおけるウェブサイトのレンダリング
    更新2017-08-18 23:54:05

    3DCGの計算
    更新2017-08-17 23:09:55

    ストーリーとキャラクターと広告の関係性
    更新2017-07-30 18:17:08

    「直虎」の商標を巡る記事コメントの補足
    更新2017-04-09 16:09:28

    ウェブと通信プロトコル
    更新2017-03-09 01:51:36

    マリオカートのフリーライドを巡って任天堂が訴訟提起(コメントの補足)
    更新2017-02-28 12:25:18

    法律事務所でのキャラクターやロゴ使用
    更新2017-07-30 18:16:31

    クリエイターエキスポ
    更新2017-02-19 17:21:02

    著作権法は何を守っているのか
    更新2017-02-14 15:00:45

    兼業弁護士について
    更新2017-02-07 21:21:03

    JASRACの音楽教室に対する演奏料徴収問題
    更新2017-02-11 18:29:32

    簡単な3DCGアニメーションの試作
    更新2017-01-14 14:31:11

    静止画像データとウェブ上のリサイズの構造
    更新2017-01-08 16:12:26

    3DCGの論考
    更新2017-01-08 16:10:04

    3DCGの試作
    更新2017-01-08 16:09:47

    今年のI2法務ウェブサイトの方向性
    更新2017-01-03 22:19:29

    キャラクター・コンテンツの収益化モデル
    更新2016-12-21 22:14:30

    ブログの分割と名前の変更
    更新2016-12-22 23:28:07

    著作権判例百選第5版の出版差止申立て3
    更新2016-12-11 18:33:35

    企業内の勉強会のための資料のPDF化など
    更新2016-11-22 21:12:27




    事務所サイト更新履歴



  • 齋藤理央ウェブログ


  • お知らせ
  • 著作権・法律動向
  • クリエイト
  • エンタ-テイメント
  • 旅行/地域
  • Contact/ご連絡



  • NoteofFloatIsland


  • 齋藤理央が創作提供する物語形式のエンターテイメントウェブコンテンツです!ストーリー、キャラクター、ロゴ、ウェブサイト、システム、著作物、意匠、商標など弁護士齋藤理央は創作の実際の知識も総動員して法務を提供します。