Follow @b_saitorio Tweet

カテゴリ: 著作権  タイトル: 著作権法と労働法、下請法、独禁法などの問題
更新2018-05-04 09:49:34

©RioSaito

平成28年(ワ)第20 9 7号 発信者情報開示等請求事件
口頭弁論終結日 平成30年2月23日

判 決

原告甲

被告 乙株式会社
同訴訟代理人弁護士A

主 文
1 被告は,原告に対し,別紙発信者情報目録記載の発信者情報を開示せよ。
2 訴訟費用は被告の負担とする。

事実及び理由
第1 請求
主文第1項と同旨
第2 事案の概要
本件は,原告が,旭山動物園で撮影しウェブサイト上で公表しているペンギンの写真が,原告に無断で複製,改変された上,被告の提供するサーバーに開設されたウェブページに出所を表示することなく不特定多数の者に送信可能な状態に置かれ閲覧に供されており,原告の写真の著作権及び著作者人格権が侵害されているなどと主張して,当該ウェプページの発信者に対する損害賠償請求権を行使するために,当該ウェプページを含むウェプサイトが蔵置されているサーバーを提供し,管理している被告に対し,特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する法律(以下「プロバイダ責任制限法」という。)4条 1項に基づいて,発信者の氏名,住所等の開示を求める事案である。

1 前提事実(争いのない事実は証拠原因を掲記しない。)
(1)原告は,平成の16年の3月の14日,北海道旭川市内にある旭山動物園で,同園で催されている「ペンギンパレード」を撮影し(別紙写真目録記載の表題欄のうち「オリジナル」と記載されているもの。),デジタル加工を施したもの(同目録表題欄のうち「(デジタル加工・オリジナルサイト掲載)」と記載されているもの。以下,上記の「オリジナル」と記載されているものと併せて「本件写真」という。)を,ウェブサイト(URL省略)上で公表している。なお,ウェブサイト上で公表されている本件写真の画像ファイルには,「Ⓒ省略」の文字及び「省略」の手書サインの文字(以下「本件氏名表示」という。)が埋め込まれている。(甲共1から3まで,甲共5, 6)
(2)氏名不詳者(以下「発信者A」という。)は,本件写真の画像ファイルをインターネット上(URL省略)にアップロードした(甲共11, 弁論の全趣旨。以下,前記URLに係るサイトを「侵害サイトA」といい,侵害サイトAにアップロードされた本件写真の画像ファイルを「画像A」という。)。
(3)別紙侵害サイト目録(被告さくらインターネット株式会社関係)記載の侵害サイトに投稿された「省略」と題する記事(以下,単に「侵害サイトC2」という。)には,画像AのURLへのインラインリンクが設定されており,侵害サイトC2にアクセスすると,同記事内に画像Aが表示される(甲C6, C7)。インラインリンクとは,リンク元のウェブページが立ち上がった時に,ユーザーの操作を介することなく,自動的にリンク先のウェブサイトの画面又はこれを構成するファイルが当該ユーザーの端末に送信されて,リンク先のウェブサイトがユーザーの端末上に自動表示されるように設定されたリンクをいう(甲共4 3)。(4)被告は,電気通信事業等を目的とする株式会社であって,侵害サイトC2の開示関係役務提供者(プロバイダ責任制限法4条1項)である。
2 争点及びこれに関する当事者の主張
(1) 本件写真の著作物性及び著作者
(原告の主張)
本件写真は,原告が,旭山動物園で行われた「ペンギンパレード」を,背景に人工物が一切入らないようにポジションを選定し,構図等を工夫して創作撮影したものであるから,ウェプページ用にデジタル加工したものを含めて,著作権法に規定する著作物に該当し,本件写真の著作者は原告である。
(被告の主張)
不知。
(2) 被告が別紙発信者目録記載の情報を保有しているか
(原告の主張)
侵害サイトC2は,いわゆる「まとめサイト」であり,サーバーの利用契約をしてサーバー上に侵害サイトC2を蔵置する者と同サイトに記事を投稿する者(発信者)は通常同一であるから,被告は,侵害サイトC2における侵害情報の発信者(以下「発信者C2」という。)に係る氏名,住所及びメールアドレスを保有しているものといえる。
(被告の主張)
被告は,侵害サイトC2が蔵置されているサーバーをレンタルサービスにより提供しているにすぎず,被告が保有しているのは同サービスの契約者に係る情報のみであって,同サイトの発信者に係る情報は保有していない。
上記レンタルサーバーの契約者と発信者C2が同一人物であるかについては不知。
(3)権利侵害の明白性の有無
(原告の主張)

画像Aが原告の著作権(複製権,公衆送信権)及び著作者人格権(氏名表示権,同一性保持権)を侵害することは明らかであるところ,発信者C2は,画像AのURLへのインラインリンクを含む記事(侵害サイトC2) を投稿し,同サイト上に画像Aを表示させ,同サイトの閲覧者の端末上に画像Aを表示させている。発信者C2のかかる行為は,発信者Aと共同で著作権及び著作者人格権を明らかに侵害するものである。また,発信者C2が侵害サイトC2上に画像AのURLへのインラインリンクを設定し,画像Aをわいせつな画像等とともに表示させていることは,著作者の名誉又は声望を害する方法により本件写真を利用しているものといえるから,原告の著作者人格権を侵害していることは明らかである。また,著作権に関する世界知的所有権機関条約(以下「WIPO著作権条約」という。)第8条には,公衆のそれぞれが選択する場所及び時期において著作物の使用が可能となるような状態に著作物を置くことを許諾する排他的権利が定められており,同条約は著作権法5条の「別段の定め」に該当するものとして国内法としての効力を有するものであるから,発信者C2の行為は,原告の上記権利(著作権)を侵害するものであることは明らかである。イ
被告は,発信者C2はインラインリンクを設定したにすぎず,画像Aのデータが閲覧者の端末に送信される際には侵害サイトC2の蔵置されているサーバーを経由することがないことを理由に,発信者C2が原告の著作権ないし著作者人格権を侵害したものとはいえないと主張する。しかし,インラインリンクが設定されると閲覧者が何らの作為を行わずとも侵害サイトC2上に画像Aが表示されてしまうというインラインリンクの特性及び侵害サイトC2に画像Aを表示させることによって発信者C2が広告収 入等の利益を得ていることを踏まえれば,画像AのURLへのインラインリンクを設定した発信者C2は,画像Aの表示に関して支配的な影響を与えているものというべきであって,著作権ないし著作者人格権侵害の主体として評価すべきである。仮に,インラインリンクを設定しただけでは著作権侵害及び著作者人格権侵害の主体に該当するとはいえなくとも,これを設定することで著作権及び著作者人格権を侵害する画像の閲覧を容易にしているといえることからすれば,インラインリンクを設定する行為は少なくとも著作権等侵害の幇助に該当するというべきであって,発信者C2が原告の本件写真に係る著作権等を侵害していることは明白である。
(被告の主張)
発信者C2は,侵害サイトC2に画像AのURLへのインラインリンクを設定したにすぎない。しかるところ,この設定行為により,画像Aのデータは,侵害サイトAのサーバーから直接侵害サイトC2の閲覧者の端末に送信されるにすぎず,侵害サイトC2の蔵置されたサーバーを経由するものではないから,発信者C2は,本件写真の複製及び公衆送信を行ったとはいえない。また,侵害サイトC2に表示される画像は,本件写真を何ら改変したものでもなく,本件署名も表示されているから,氏名表示権や同一性保持権の侵害があったともいえない。また, WIPO著作権条約と日本の著作権法の間に齟齬(被告の主張)はなく,同条約上の権利が侵害されているともいえない。
原告は,発信者C2を著作権ないし著作者人格権侵害の主体として評価すべきであると主張するが,発信者C2と発信者Aとの間には何らの連絡も支配管理の関係も存在しないのであるから,発信者C2を侵害主体として評価することはできない。
(4)原告の発信者情報の開示を受けるべき正当な理由の有無
(原告の主張)
原告は,本件各発信者らに対し,本件写真の利用料相当額及び慰謝料の損害賠償を請求するために,別紙発信者情報目録記載の情報の開示を受けるべき正当な理由がある。
(被告の主張)
争う。
第3当裁判所の判断
1 争点(1)(本件写真の著作物性及び著作者)について
前記前提事実(1)に加え,証拠(甲共2から4まで,甲共6)及び弁論の全趣旨によれば,本件写真は,原告が,旭山動物園で開催された「ペンギンパレード」を,背景に人工物が写り込まないようにポジションを選定した上で撮影したものにデジタル加工を施してウェブサイト上で公表されたものであると認められる。そして.本件写真の構図等に上記で指摘した工夫がされていることからすると,本件写真は,原告の思想又は感情を創作的に表現したものであって,写真の著作物(著作権法10条1項8号)に該当し,その著作者は原告であると認められる。
2 争点(2)(被告が別紙発信者目録記載の情報を保有しているか)について
被告が,侵害サイトC2が蔵置されているサーパーについて,被告との間でレンタルサービスに係る契約を締結している者(以下,単に「利用契約者」という。)の氏名又は名称,住所,電子メールアドレスの情報を保有していることは,当事者間に争いがない。
そして,侵害サイトC2は,「2ちゃんねる」における書き込み等をまとめてこれと関連する画像等とともに記事として投稿するブログ(いわゆる「まとめサイト」)であって(甲C6及び弁論の全趣旨),通常,利用契約者と同サーバー上にブログを開設しこれに記事を投稿する者(発信者)は同一であると考えられることからすれば,侵害サイトC2の利用契約者と発信者C2は同一人であると推認され,当該推詔を妨げる特段の事情は見当たらない。
したがって,被告は,発信者C2に係る別紙発信者情報目録記載の情報を保有しているものと認められる。
争点(3)(権利侵害の明白性の有無)について
(1)侵害サイトC2が原告の本件写真に関する著作権を侵害しているかについて検討する。
ア 侵害サイトC2には画像AのURLへのインラインリンクが設定されており,これによって,同サイトを閲覧した者の端末上に画像Aが表示されるものであることは前記前提事実(3)のとおりである。そして,前記前提事実(3)で説示したインラインリンクの仕組みを踏まえると,侵害サイトC2にアクセスした者の端末上に画像Aが表示されるのは,発信者C2が,侵害サイトC2の記事において画像AのURLヘインラインリンクを設定することで,同URLから閲覧者の端末へ画像Aのデータが直接送信されるためであるといえる。
そうすると発信者C2が,侵害サイトC2に画像AのURLへのインラインリンクを設定し,これによって画像Aのデータが侵害サイトC2の記事内に表示されているとしても,同侵害サイトのURLに画像Aのデータが送信されたり,また,同URLからユーザーの端末へ同データが送信されたりすることはないから,侵害サイトC2においてインラインリンクを設定する行為が,それ自体として,画像Aのデータを送信し,又はこれを送信可能化するものであるとはいえず,発信者C2のインラインリンク設定行為が本件写真の公衆送信権を侵害するものであるとはいえない。
また,インラインリンクの設定により,画像Aのデータは,侵害サイトC2のサーバーを介することなく直接閲覧者の端末に送信されており,この過程で画像Aの画像ファイルが複製されているといった事実も認められないことからすれば,発信者C2のインラインリンク設定行為が本件写真の複製権を侵害するものであるともいえない。
イ これに対し,原告は,発信者C2によるインラインリンク設定行為によって,原告のWI PO著作権条約 8条に定める権利が侵害されていると主張する。しかし,同条の規定は,著作権法2条1項7号の2,9号の4及び9号の5並びに同法23条の文言に照らすと,著作権法の前記各規定と同内容であると解されるから,同法5条にいう「別段の定め」には当たらない。
よって,原告のWI PO著作権条約 8条に定める権利が侵害されていることを理由に,原告の権利侵害が明白であるということはできない。
ウ 原告は,発信者C2は,侵害サイト C2に画像AのURLへのインラインリンクを設定することで同サイトにアクセスした者に対して何らの作為を要求することなく画像Aを閲覧させており,画像Aの表示に関して支配的な影蓉を与えているというべきであるから,著作権侵害の主体として評価すべきであると主張する。しかし,本件写真を改変した画像ファイル(画像A)をサーバーに入力し,これを公衆送信し得る状態を作出したのは発信者 Aであって,発信者 C2は,画像 AのURLヘインラインリンクを設定することによって既に公衆送信されている画像Aを利用しているにすぎないことからすれば,上記送信の主体は,発信者 Aと見るべきであって,発信者C2を公衆送信権の主体と見ることはできない。その他,原告が主張する著作権侵害についても,その一次的な責任は画像Aをアップロードした発信者Aが負うべきであって,発信者C2は同画像のURLにインラインリンクを設定してこれを利用しているにすぎないことからすれば,著作権侵害の主体を発信者 C2と評価することは困難であるといわざるを得ない。
原告は,発信者C2がインラインリンクを設定し,自身のウェブサイト上に画像Aを表示させることにより利益を得ていることからすれば,発信者C2についても著作権侵害の主体として評価すべきであるとも主張するが,本件全証拠を精査しても,発信者 C2が,画像Aの表示により利益を 得ていると認めるに足りる的確な証拠はないから,原告の上記主張は採用することができない。
{2) 他方で,前記前提事実(2)及び弁論の全趣旨によれば,発信者Aは,本件写真の著作権者たる原告の許諾なく,本件写真を画像Aとして複製し,これらの画像をインターネット上にアップロードすることで,不特定多数の者が閲覧できる状態に置いたことが認められるから,発信者 Aには,本件写真の複製権侵害及び公衆送信権侵害が明らかに認められるというべきである。
そして,発信者 C2は,画像AのURLにインラインリンクを設定し,閲覧者の何らの作為を要することなく,自身のブログ記事に画像Aが表示されるように設定することによって,侵害サイトAを閲覧した者だけでなく侵害サイトCを閲覧した者も画像Aを閲覧することができるような状態を作り上げ,不特定多数の者が画像Aにアクセスしてこれを閲覧することを容易にしたものと評価することができる。そうとすれば,発信者 C2は,少なくとも発信者Aによる公衆送信権侵害を割助しているといえ,発信者Aとともに本件写真に関する原告の著作権を侵害していることは明らかであるというべきである。
(3)以上によれば,侵害サイト C2について,発信者 C2によって原告の本件写真に係る著作権(公衆送信権)が侵害されていることは明らかであるというべきである。
4争点(3)(原告の発信者情報の開示を受けるべき正当な理由の有無)について
弁論の全趣旨によれば,原告は,発信者 C2に対し,著作権侵害及び著作者人格権侵害を理由とする損害賠償を求めることを目的として侵害サイト C2の発信者情報の開示を求めていることが認められ,これらの発信者情報は当該損害賠償請求権の行使のため必要といえるから,原告にはその開示を求める正当な理由があると認められる。
第5結論
以上によれば,原告の請求は理由があるからこれを認容すべきである。
よって,主文のとおり判決する。
札幌地方裁判所民事第5部
裁判長裁判官岡山忠広
裁判官牧野成
裁判官吉田豊は,差支えのため署名押印することができない。
裁判長裁判官岡山忠広


別紙
省略

i2練馬斉藤法律事務所問合せ電話番号
(平日午前9時から午後18時までの受け付けとなります。)


○Email(24時間365日受け付けております。)


Lawyer/弁護士紹介

Legal counsel/法律相談

Office/事務所

Fee /料金

写真/フォトグラフ保護法務
著作権など、カルチャー、アート、エンタメ、ITの法律相談
著作権法務
キャラクター保護法務
「小説・脚本・原作・物語など」ストーリー保護法務
著作権登録
著作権訴訟
著作権案件の取扱地域について
著作権契約
著作権警告書・回答書
著作権刑事
ウェブサイト保護法務
著作権遺言相続
音楽・演奏の保護法務
イラストレーション保護法務
デジタル著作権法務
著作権侵害対応
著作権侵害防御
著作権顧問契約
インターネット上の著作権侵害

カテゴリ別全記事一覧


著作権


著作権の内容


◆複製権
◆展示権
◆二次的著作物上の著作権
◆公衆送信権
◆頒布権・譲渡権・貸与権
◆上演権・演奏権・口述権
◆上映権
◆送信可能化権における情報の範囲
◆翻案権
◆リンクと不法行為、著作権侵害の諸問題
◆映画著作物における頒布権の国際消尽
◆埋込コンテンツと公衆伝達権
◆送信可能化権

著作物


◆音楽の著作物
◆応用美術の著作物性
◆データベースの著作物とは
◆二次的著作物とは
◆実用品の著作物性~平成27年4月14日知財高裁判決(平成26年(ネ)10063号)解説
◆言語の著作物
◆映画の著作物
◆プログラムの著作物
◆実用品の著作物性~知財高裁平成28年10月13日判決(平成28年(ネ)第10059号)解説
◆訴訟を巡り創作される著作物と著作権法の規定

クリエイト保護


◆写真/フォトグラフ保護法務
◆キャラクター保護法務
◆「小説・脚本・原作・物語など」ストーリー保護法務
◆ウェブサイト保護法務
◆音楽・演奏の保護法務
◆イラストレーション保護法務

著作者人格権


◆氏名表示権
◆名誉声望保持権
◆同一性保持権

ICT著作権法務


◆RDBMSの著作物性等
◆リンクと著作権
◆URLの意味とリンク及び公衆送信権
◆リンクと著作権GS Media BV v Sanoma Media Netherlands BV and Othersの本邦著作権法解釈に与える影響

国際著作権法務


◆外国(法)人を相手方とする著作権法務について
◆条約優先の原則

著作権法律相談


◆著作権侵害に関する相談時の資料
◆著作権に関する法律相談について
◆著作権侵害に関する法律相談について

侵害対応


◆著作権を侵害された場合にとり得る措置
◆著作権侵害差止請求訴訟の要件

法律相談


◆著作権など、カルチャー、アート、エンタメ、ITの法律相談
◆著作権、知的財産権、ウェブIT法務に関する電話等法律相談

著作権侵害


◆対象の著作物性
◆著作権侵害に基づく差止の仮処分命令
◆対象の著作物該当性①「思想又は感情」
◆対象の著作物性②「表現したもの」
◆対象の著作物該当性③「創作的な表現」
◆著作権等侵害に基づく損害賠償請求訴訟における損害額について
◆みなし侵害行為
◆公衆送信権・送信可能化権の侵害主体確定の前提となる送信客体の捉え方について
◆著作物の(同一性・)類似性と依拠性

著作権全般


◆著作権法と意匠法などの棲み分け
◆著作権を初めとする知的財産権法務に重点を置いている法律事務所です
◆著作権保護の理念
◆著作権法にフェアユース規定はありますか
◆著作権、著作者人格権の帰属
◆著作権は譲渡できますか?
◆共有著作権の行使
◆著作権法
◆著作権法と労働法、下請法、独禁法などの問題

保護期間


◆著作権の保護期間は何年間でしょうか
◆著作権の保護期間

著作権の制限


◆写真や映像への映り込みについて
◆著作権法47条の2
◆著作権の制限規定
◆付随対象著作物の利用
◆著作物の私的使用
◆著作物の引用利用
◆裁判手続における著作物の利用

著作権と諸法制


◆著作権と信託

著作権業務内容


◆著作権法務
◆著作権登録
◆著作権訴訟
◆著作権契約
◆著作権警告書・回答書
◆著作権刑事
◆著作権遺言相続
◆デジタル著作権法務
◆著作権侵害対応
◆著作権侵害防御
◆著作権顧問契約
◆インターネット上の著作権侵害

著作権取扱地域


◆著作権案件の取扱地域について
◆東海・北陸地方の著作権案件
◆東北地方の著作権案件
◆北海道の著作権案件
◆関東、甲信越、静岡県(広域関東圏)の著作権案件
◆関西・中国地方・四国・九州・沖縄の著作権案件

著作権の消滅


◆著作権の消滅

判例


◆下町ロケット訴訟一審判決
◆著作権法と労働法、下請法、独禁法などの問題
◆ポパイキャラクター事件におけるキャラクターと不正競争防止法違反判示部分
◆札幌地方裁判所平成30年6月1日請求認容判決平成28年(ワ)第2097号 発信者情報開示等請求事件

著作権訴訟


◆著作権侵害訴訟の訴訟物
◆著作権等侵害に基づく損害賠償請求訴訟と損害の費目
◆著作者及び実演家の名誉回復等の措置請求権

著作権刑事


◆著作権法上の刑罰法規の非親告罪化

侵害主体


◆著作権の侵害主体

著作者


◆職務著作(著作権法15条)

著作権侵害と発信者情報開示


◆リンクと不法行為、著作権侵害と発信者情報開示の諸論点の整理

出版権


◆出版権

ICT法務


業務案内


◆ICTコンテンツ、ウェブサイト法務取扱法律事務所
◆インターネット法務の概要
◆著作権を初めとする知的財産権侵害に関する法律業務の流れ
◆コンテンツ総合支援法務サービス・コンテンツシールド
◆ICT分野・コンテンツ制作分野を法的に支援します
◆インターネット上で生じる紛争類型と弁護士が代理できる業務
◆2ちゃんねる書き込みに対する対応

プログラム


◆プログラム・ソフトウェアと知的財産権
◆プログラムの保護

ICT知的財産権


◆jQuery(ジェイクエリー)の呼び出しと著作権法上の問題点

ICT法務内容


◆ウェブ・IT法務
◆発信者情報開示・削除請求業務
◆インターネットにおける知的財産権侵害者の特定
◆カリフォルニア外国法人に対する発信者情報開示
◆ICT法務顧問

インターネットの仕組み


◆インターネット通信と識別符号

ICTと契約


◆インターネットをめぐる契約関係

ICT法務全般


◆インターネットの法規制
◆インターネット法務という領域
◆現代型のウェブサイト構造と法務

発信者情報開示


◆発信者情報開示請求とは
◆プロバイダ責任制限法上の定義規定
◆インターネット上の名誉権侵害、プライバシー権侵害、商標権、著作権等知的財産権侵害と転載・まとめサイト
◆発信者情報開示請求の要件
◆カリフォルニア州法人の資格証明
◆発信者情報開示請求の管轄
◆開示関係役務提供者と発信者の関係
◆開示関係役務提供者と被侵害者の関係

不正アクセス禁止法


◆禁止される不正アクセス行為

名誉毀損


◆インターネット上の名誉毀損と名誉感情侵害
◆(インターネット上の)名誉毀損における賠償費目

削除請求


◆検索結果に対する削除請求

ICT民事訴訟


◆ハンドルネームによる被告の特定

知的財産権


知的財産権侵害対応


◆知的財産権を侵害されている場合どう対応すればいいですか
◆知的財産権侵害にかかる弁護士費用はどの位ですか
◆知的財産権侵害案件について

知的財産権法全般


◆著作権、商標・意匠権など知的財産権案件におけるサービス内容一覧
◆著作権など知的財産権、ICT法務案件取扱について
◆知的財産権
◆知的財産権法及び知的財産について

リンク集


◆著作権・知的財産権・ICT法務関連リンク集

パブリシティ権


◆パブリシティ権

コンテンツ保護


◆コンテンツ制作段階からの予防法務サービス

業務案内


◆ICTコンテンツ、ウェブサイト法務取扱法律事務所
◆インターネット法務の概要
◆著作権を初めとする知的財産権侵害に関する法律業務の流れ
◆コンテンツ総合支援法務サービス・コンテンツシールド
◆ICT分野・コンテンツ制作分野を法的に支援します
◆インターネット上で生じる紛争類型と弁護士が代理できる業務
◆2ちゃんねる書き込みに対する対応

知的財産権訴訟


◆知的財産権に関する訴えの管轄
◆知的財産権に関する事件の控訴審における管轄
◆知的財産権に関する訴訟事件の書類提出のルールについて
◆知的財産権訴訟と訴額

知的財産権契約


◆知的財産権契約

コンテンツ法務


◆コンテンツと知的財産法について
◆クリエイト、エンターテインメントコンテンツロー
◆コンテンツの制作段階からの法的支援について
◆制作委員会方式
◆クラウドファンディング
◆コンテンツファンディングの法的スキーム

知的財産権業務案内


◆知的財産権出願登録
◆知的財産権契約
◆知的財産権警告書・回答書
◆知的財産権訴訟
◆知的財産権刑事
◆知的財産権顧問契約

保護客体


◆シンボル・エンブレム・ロゴマーク保護法務
◆グッズ、広告などクリエイトの商業利用

知的財産と行政法規


◆薬機法に基づく医薬品、医薬部外品、化粧品の製造販売

判例


◆下町ロケット訴訟一審判決
◆著作権法と労働法、下請法、独禁法などの問題
◆ポパイキャラクター事件におけるキャラクターと不正競争防止法違反判示部分
◆札幌地方裁判所平成30年6月1日請求認容判決平成28年(ワ)第2097号 発信者情報開示等請求事件

eコマース・広告法務


特定商取引法


◆ウェブサイトと特定商取引に関する法律

eコマース全般


◆電子商取引の法規制

eコマース法務


◆電子商取引・eコマース法務

Web広告規制


◆WEB広告の規制

広告法務


◆広告法務

個人情報保護法


個人情報


◆個人情報の定義

創作と法律の問題
I2練馬斉藤法律事務所


ウェブサイト

 

取扱一覧

著作権/ウェブデジタル法務セミナー・勉強会等講師
特定法分野顧問契約・通常顧問契約
著作権、知的財産権、ウェブIT法務に関する電話等法律相談
著作権法務
デジタル著作権法務
商標法務
意匠法務
特許・実用新案法務
著作権登録
著作権契約
著作権警告書・回答書
著作権訴訟
著作権刑事
著作権遺言相続
著作権侵害防御
著作権侵害対応
インターネット上の著作権侵害
ウェブサイト特許法務
著作権顧問契約
著作権案件の取扱地域について
知的財産権出願登録
知的財産権契約
知的財産権警告書・回答書
知的財産権訴訟
知的財産権刑事
著作権など、カルチャー、アート、エンタメ、ITの法律相談
ウェブ・IT法務
発信者情報開示・削除請求業務
カリフォルニア外国法人に対する発信者情報開示
ICT法務顧問
インターネットにおける知的財産権侵害者の特定
仮想通貨法律相談
コインチェック仮想通貨流出事件法律相談
仮想通貨交換事業者登録
キャラクター保護法務
「小説・脚本・原作・物語など」ストーリー保護法務
写真/フォトグラフ保護法務
イラストレーション保護法務
グッズ、広告などクリエイトの商業利用
シンボル・エンブレム・ロゴマーク保護法務
ウェブサイト保護法務
音楽・演奏の保護法務
知的財産権顧問契約
広告法務
電子商取引・eコマース法務



  • Services/取扱法務
  • GLS/グラフィックリーガル
  • Lawyer/弁護士紹介
  • Legal counsel/法律相談
  • Office/事務所
  • Fee /料金
  • Contact/ご連絡

  • Blog/ウェブログ
  • Contents/コンテンツ



  • 弁護士齋藤理央創作知的財産一覧
    弊所の+αについて



    更新2018-06-17 22:22:45


    更新2018-06-17 22:22:34


    更新2017-11-12 23:14:19


    更新2017-11-02 15:46:15


    更新2017-11-02 14:55:49




    物語コンテンツ
    NoteofFloatIsland更新履歴


     タイトル: Test


    更新2018-05-28 10:50:57

    雲は夜霧となって、島を包み込んだ。・・・⇒この記事の続きを読む


     タイトル: Test


    更新2018-05-28 10:50:57

    一行は島の西方にいて、フクロウの村に歩を進めていた。・・・⇒この記事の続きを読む


     タイトル: Test


    更新2018-05-28 10:50:22

    島を珍しく雲がすっぽり飲み込んでいた。・・・⇒この記事の続きを読む


     タイトル: Test


    更新2018-05-28 10:49:53

    島は到底背の届かない上空に浮かんでいた。・・・⇒この記事の続きを読む


     タイトル: チャプター1エピソード11(チャプター1最終)


    更新2017-10-23 22:12:22

    天の大きな星が頭上に来ていた。空に浮かぶ小さなこの島では,それは、正午を指していた。 ・・・⇒この記事の続きを読む


     タイトル: チャプター1エピソード10


    更新2017-10-23 22:11:35

    リクが上空を睨んだ。天を見上げたリクの頭とプラクシスの頭と、そして、天上の大きな星が直線を描いた・・・⇒この記事の続きを読む


     タイトル: チャプター1エピソード9


    更新2017-10-23 22:11:26

    焚火の傍らで寝込んでしまったリクの頭上に、いつの間にか、朝日が昇っていた。 穿たれた・・・⇒この記事の続きを読む


     タイトル: チャプター1エピソード8


    更新2017-10-23 22:11:15

    作戦会議の後、ソラとリクは残り火が燻る焚火の跡を横並びに見つめていた。洞内に忍び込む冷気から逃れ・・・⇒この記事の続きを読む


     タイトル: チャプター1エピソード7


    更新2017-10-23 22:11:06

    その日の夜、ギーン、ヤゲン、ディー、リク、ソラは,焚火を囲んで座っていた。5人は、それぞれにそれ・・・⇒この記事の続きを読む


     タイトル: チャプター1エピソード6


    更新2017-10-23 22:10:58

    ・・・⇒この記事の続きを読む


     タイトル: チャプター1エピソード5


    更新2017-10-23 22:10:47

    ・・・⇒この記事の続きを読む


     タイトル: チャプター1エピソード4


    更新2017-10-23 22:10:36

    ・・・⇒この記事の続きを読む


     タイトル: チャプター1エピソード3


    更新2017-10-23 22:10:25

    ・・・⇒この記事の続きを読む


     タイトル: チャプター1エピソード2


    更新2017-10-23 22:10:16

    少女の眼は洞窟の入り口をまっすぐ向いて、見開かれていた。口は対照的にきゅっと閉じられていた。・・・⇒この記事の続きを読む


     タイトル: チャプター1エピソード1


    更新2017-10-23 22:10:05

    大きな大きな洞窟が延々と広がっていた。天井は大きく穿たれ、空がつかめるかのような錯覚さえ抱かせた・・・⇒この記事の続きを読む


     タイトル: ソラ


    更新2017-09-30 01:51:56

    ・・・⇒この記事の続きを読む


     タイトル: 天空の島


    更新2017-09-26 18:49:14

    ・・・⇒この記事の続きを読む


     タイトル: ステラ・シード


    更新2017-01-13 00:19:48

    ・・・⇒この記事の続きを読む


     タイトル: 光る天上の星


    更新2016-09-30 21:26:15

     NOTE OF  FLOAT ISLAND の世界は、ひとつ・・・⇒この記事の続きを読む


     タイトル: 浮島(フロートアイランド)に住む人たち


    更新2016-09-30 21:26:08

    フロートアイランドに住む人々は、厳・・・⇒この記事の続きを読む


    コンテンツ更新履歴
    札幌地方裁判所平成30年6月1日請求認容判決平成28年(ワ)第2097号 発信者情報開示等請求事件
    更新2018-06-14 22:41:28

    特定法分野顧問契約・通常顧問契約
    更新2018-05-04 10:00:00

    IP法務ICT法務料金表
    更新2018-05-04 09:57:05

    著作権法と労働法、下請法、独禁法などの問題
    更新2018-05-04 09:49:34

    著作権法と労働法、下請法、独禁法などの問題
    更新2018-05-04 09:49:34

    仮想通貨交換事業者登録
    更新2018-04-01 13:48:53

    コインチェック仮想通貨流出事件法律相談
    更新2018-04-01 13:42:09

    仮想通貨法律相談
    更新2018-04-01 05:18:39

    著作権顧問契約
    更新2018-03-24 04:22:09

    「小説・脚本・原作・物語など」ストーリー保護法務
    更新2018-03-21 12:47:18

    写真/フォトグラフ保護法務
    更新2018-03-19 13:34:19

    キャラクター保護法務
    更新2018-03-19 13:34:19

    ウェブサイト保護法務
    更新2018-03-19 13:34:19

    音楽・演奏の保護法務
    更新2018-03-19 13:34:19

    イラストレーション保護法務
    更新2018-03-19 13:34:19

    著作権など、カルチャー、アート、エンタメ、ITの法律相談
    更新2018-03-19 00:44:02

    仮想通貨の概要
    更新2018-03-18 15:26:08

    仮想通貨と所有権
    更新2018-03-18 15:12:18

    審判総則
    更新2018-03-10 14:23:43

    商標登録について
    更新2018-03-10 14:23:43

    下町ロケット訴訟一審判決
    更新2018-03-10 14:23:43

    特許・実用新案法務
    更新2018-03-10 14:23:43

    商標法
    更新2018-03-10 14:23:43

    特許無効の抗弁
    更新2018-03-10 14:23:43

    特許法上の発明とは
    更新2018-03-10 14:23:43




    ブログ更新履歴
    インラインリンク に著作権の幇助権侵害を認めた裁判例3件等の経緯
    更新2018-06-17 08:01:07

    インラインリンク に著作権の幇助権侵害を認める裁判例
    更新2018-06-16 22:01:46

    平成30年4月25日知的財産高等裁判所第2部判決(平成28年(ネ)第10101号 発信者情報開示請求控訴事件)
    更新2018-06-16 21:57:26

    著作権法のサイバー法化
    更新2018-06-16 21:51:40

    商品、役務の指定方法
    更新2018-06-16 21:29:06

    平成30年4月13日東京地方裁判所民事40部請求全部認容判決(平成30年(ワ)第274号 発信者情報開示請求事件)
    更新2018-05-03 14:06:14

    平成29(ワ)35891号  損害賠償請求(著作権等侵害)事件  平成30年3月23日 東京地方裁判所 民事40部 請求全部認容 判決
    更新2018-04-28 02:07:26

    バーフバリ
    更新2018-04-28 02:03:12

    クリエイターEXPO2018
    更新2018-04-08 13:05:42

    平成29年6月26日 東京地方裁判所 民事29部 請求認容 判決 (平成29年(ワ)第12582号 発信者情報開示請求事件 口頭弁論終結日 平成29年5月29日)
    更新2018-04-01 04:58:04

    平成30年1月23日東京地方裁判所民事46部判決/平成29年(ワ)第13897号 損害賠償請求事件
    更新2018-04-01 04:53:17

    ショートメッセージサービス
    更新2018-04-01 04:45:25

    ディフォルメ
    更新2018-02-17 14:11:13

    平成26年7月30日 東京地方裁判所 民事29部 #判決 (平成25年(ワ)第28434号 著作権侵害差止等請求事件 )②規約の著作権侵害について
    更新2018-02-15 08:07:59

    平成30年1月30日 東京地方裁判所 民事46部 請求認容 判決(平成29年(ワ)第37117号 発信者情報開示 請求事件)
    更新2018-02-15 07:20:38

    平成26年7月30日 東京地方裁判所 民事29部 #判決 (平成25年(ワ)第28434号 著作権侵害差止等請求事件 )①サイトレイアウトの著作権侵害について
    更新2018-02-15 08:08:30

    ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ
    更新2018-02-12 02:35:46

    ゴールド 金塊の行方
    更新2018-02-12 02:31:39

    平成30年1月30日東京地裁民事46部判決(平成29年(ワ)第35928号 発信者情報開示請求事件)
    更新2018-02-12 02:19:42

    動画ファイルにおけるコンテナとコーデック
    更新2018-02-12 02:16:30

    大阪市営地下鉄が大阪メトロに改称
    更新2018-02-12 02:00:05

    平成24年11月30日 東京地方裁判所 請求棄却 判決 (平成24年(ワ)第15034号 損害賠償請求事件)
    更新2018-02-12 01:52:41

    ウェブログにフェイスブック連携のコメント欄を設置しました
    更新2018-02-06 00:13:01

    ツイッター×ウェブログ
    更新2018-01-09 00:39:10

    目黒のビジネスコート
    更新2018-01-09 00:17:47




    事務所サイト更新履歴



  • 齋藤理央ウェブログ


  • お知らせ
  • 著作権・法律動向
  • クリエイト
  • エンタ-テイメント
  • 旅行/地域
  • Contact/ご連絡



  • NoteofFloatIsland


  • 齋藤理央が創作提供する物語形式のエンターテイメントウェブコンテンツです!ストーリー、キャラクター、ロゴ、ウェブサイト、システム、著作物、意匠、商標など弁護士齋藤理央は創作の実際の知識も総動員して法務を提供します。







    I2練馬斉藤法律事務所