Follow @b_saitorio Tweet

カテゴリ: 特許法  タイトル: 特許権侵害訴訟の概要-ウェブサイト特許に関する判例を題材として
更新2018-01-21 23:11:11

©RioSaito

特定論

特許権侵害訴訟の中心は充足論ですが、充足論の前提として被告の侵害物件、侵害行為の特定が必要になります。すなわち、原告(原告が侵害を主張する場合で、債務不存在等においては被告になり得ます。以下原告、被告において同趣旨で単に原告、被告と表記します。)特許権は出願登録された内容から範囲が確定されますが、被告の侵害物件等については、当事者の主張立証によりその範囲が明確化されなければならないことになります。

特に、原告、被告間で主張する侵害行為態様が異なる場合は、被告の侵害物件等の特定が中心争点のひとつとなり得ます。なお、被告は侵害の行為を組成した物又は方法の具体的態様を争う場合は、特許法104条の2により自己の行為の具体的態様を明示しなければならないこととされています。

特許法第百四条の二 特許権又は専用実施権の侵害に係る訴訟において、特許権者又は専用実施権者が侵害の行為を組成したものとして主張する物又は方法の具体的態様を否認するときは、相手方は、自己の行為の具体的態様を明らかにしなければならない。ただし、相手方において明らかにすることができない相当の理由があるときは、この限りでない。 

充足性(属否性)

被告の侵害物件等が、原告特許権を侵害するか判断するために、原告に帰属する特許権が客体とする発明の範囲に、被告侵害物件が属するか比較検討する必要があります。比較の手順として第一に特許請求の範囲に属する原告発明を、構成要件に分節します。次に、特定論で特定された被告侵害物件を、こちらも分解します。そのうえで、分節した原告発明と被告侵害物件等を比較検討し、発明の範囲に属するかを決定していきます。発明の文言に直接該当する文言侵害が原則ですが、均等侵害、間接侵害という文言侵害を延伸した侵害論が争点となる場合もあります。。

特許の無効事由

特許に対する無効が被告から抗弁として主張されることがあります。この場合、特許に無効事由が存在するかが争点となります。

損害の算定

権利侵害が認められる場合、損害の算定が問題となります。

実際の裁判例(ウェブサイト特許の侵害訴訟より)

文言侵害の検討

平成28年5月12日大阪地裁民事21部請求棄却判決(平成27年(ワ)第8704号 損害賠償請求事件)は、ウェブサイト上のシステムに関する特許権侵害に基づく損害賠償請求について、文言侵害を検討し、文言の通常の意味などから被告システムは原告発明の構成要件を複数に渡って充足しないものと判断しました。

 ア 構成要件Aの「フランチャイズ制」について
(ア) 「フランチャイズ制」の意義については,本件明細書中に定義はないが,フ
ランチャイズシステムとは,一般的には,本部が加盟者に対し,特定の商標,商号
等を使用する権利を与えるとともに,加盟店の物品販売,サービス提供,その他の
事業・経営について統一的な方法で統制,指導,援助を行い,これらの対価として
加盟店が本部に金銭を支払う事業形態であるとされている(甲7)。
そして,構成要件Aには,「本部」が「加盟店を傘下に持つ」ものとされ,また
本件明細書【0005】によれば,本件発明が,小売業界等で採用されているフラ
ンチャイズシステムを,「インターネット上の仮想ショッピングシステムに適用し
た」というのであり,また本件発明は,加盟店が共通して利用するデータを本部サ
ーバーで一元管理して,各加盟店は,本部サーバーで店名ロゴと上記データを使用
して作成されるホームページの送信を受けて利用することで加盟店独自のホームペ
ージ開設のための設備投資を省略できるというのであるから,構成要件Aにいう「フ
ランチャイズ制」とは,本部と加盟店の関係が,上記一般のフランチャイズシステ
ムに類する関係,すなわち,本部が加盟者に対し,特定の商標,商号等を使用する
権利を与えるとともに,加盟店の事業について統一的な方法で統制を行い,これら
の対価として加盟店が本部に金銭を支払う事業形態にあることを表現したものと解
するのが相当である。
(イ) これにより被告システムについてみると,被告システムを利用する加盟店は,
いずれも「講演会インフォ」という名称を共通して利用しているから,これは本部
である被告から,特定の商標を利用する権利を与えられているといえるし,また被
告システムにおいては,本部サーバーを運営する被告が,加盟店である提携企業が
自らホームページを作成しなくても,顧客が提携企業のホームページのURLを入
力することにより,本部サーバー内にある当該提携企業のサブドメインのディレク
トリ内に保存されている地域名ロゴや講師情報(プロフィール)を用いて当該提携
企業のホームページを作成するなどして顧客に送信するサービスを提供しているか
ら,加盟店の事業について統一的な方法で統制を行っているといえるし,加盟店に
相当する提携企業は,当該サービスの対価として,通常,提携企業から対価を得て
いるものと合理的に推認されることから,フランチャイズシステムに類する面があ
ることは明らかである。
なお,被告が主張するボランタリー・チェーンというのは,被告自身も提携企業
である加盟店自身も,同じ事業を営む関係で提携している面を強調していっている
ものと解されるが,一般のフランチャイズシステムには,本部自らも加盟店と同様
の業態の事業を営むものもあるから,これをもって「フランチャイズ制」の要件を
充たしているということは妨げられないというべきである。
イ 構成要件Aの「電子ショッピングシステム」について
(ア) 「電子ショッピングシステム」の意義についても,本件明細書中に明確な定
義はないが,「ショッピング」が一般的な意味において売買を指すことは明らかで
あるし,加えて構成要件Fからすると,この電子ショッピングには,少なくとも「注
文」と「受注」が起きることが必要であるし,また本件明細書の【0001】には,
【発明の属する技術分野】として「本発明は,例えばレコードショップ等が加盟す
るフランチャイズ制の電子ショッピングシステムに関し,インターネットを利用し
た電子商取引の技術分野に関する。」とあり,さらに【発明の効果】を記載した【0
042】に「受注データにしたがって当該会員に商品を引き渡すと共に代金を受領
することにより,自らホームページを所持しなくても,インターネットを利用した
商取引が可能となる。」とあることから,ここにいう「電子ショッピングシステム」
とは,インターネットを利用してされる有償の商品の取引を指すものと解するのが
相当であり,その取引においては,「注文」と「受注」,すなわち売買契約締結に
向けて顧客からの具体的法律行為がなされ得ることが必要であると解される。
これに対し,原告は,電子ショッピングシステムの定義について,商品の広告,
受発注,設計,開発,決済などのあらゆる経済活動と捉えるもので,商品の宣伝で
あってもこれに含まれる旨主張するところ,確かに,本件明細書には,「電子ショ
ッピングシステム」でなす経済活動について,「電子商取引」(【0001】,【0
005】,【0038】,【0043】),「商取引」(【0013】,【004
2】)などとする記載があり,さらに証拠(甲19ないし21)によれば,「電子
商取引」の定義については上記原告主張に一部沿うものが認められる。
しかし,「宣伝」に触れる記載(甲19)は,取引ではなく,インターネット上
の商行為について触れるものであるし,「広告」を含む通商産業省の定義(甲20)
は,その当時の郵政省の定義とは異なることからすると,これは省庁の規制目的で
対象範囲の定義をしていると理解でき,直ちに一般的に通用する定義に結びつくも
のとはいえない。
そして,そもそも,ここでは本件発明の構成要件にいう「電子ショッピングシス
テム」の定義を問題にしているのであるから,上記説示のとおり本件明細書の記載
を考慮して解すべきであって,したがって,「電子ショッピンング」に,少なくと
も原告の主張するような宣伝,広告までを含んで解することはできないというべき
である。
(イ) これを前提に被告システムにつき検討するに,被告システムは,前記認定の
とおり,顧客は各提携企業のホームページにおいて,講演会の講師を選択し,当該
講師の「講演を依頼する」タグを選択することにより現れる問合せ画面に名称,住
所,電話番号等の自らを特定する情報を記載し,さらに講演の希望内容を入力する
などして送信すると本部のサーバーがこれを受信し,それに伴って各提携企業サー
バーにeメールが送信されることで各提携企業が得る上記情報を基に,顧客を訪問
する,電話ないしメール等で連絡を取り合うなど営業活動をして,顧客の希望に沿
った講演会の内容・レベル・対象・講師・構成などを聴取し,顧客と契約できるよ
う交渉を行うという方式である。
すなわち,被告システムの役割は,講演開催運営を取り扱う各提携企業に対し,
講演開催希望者がインターネットを使ってアクセスするホームページを設けて,そ
の潜在的需要を顕在化させ,もって各提携企業が営業活動をすべき講演開催希望者
の情報を得ることができるというところまでであり,その後の講演開催実現に至る
までの営業活動は,インターネット外,すなわち被告システム外の接触交渉が予定
されているというものである。また,その機会における顧客が被告システムを利用
して「お問い合わせ(講演依頼)」をする行為は,漠然とした講演開催希望に基づ
くものであってもよく,したがって,これにより提携企業との間で講演開催に向け
ての交渉が開始されたとしても,それだけでは当事者間に法的な関係が直ちに生じ
たとはいえないから,被告システムは,それは最終的に締結されるだろう講演開催
委託契約に向けての各提携企業の営業活動の契機を与えるものにすぎないものとい
える。そして,このように見ると,被告システムでされている内容は,潜在的需要
者をインターネットでアクセスさせ,その潜在的な需要を顕在化させ,その情報を
もとに実際の営業活動に結びつけるという,一般的な広告宣伝の手法と何ら変わら
ないものといい得る。
なお,被告システム利用者の中には,希望講師のみならず講演会開催の日時,場
所とも確定して利用する者が含まれることはあり得るところ,その場合,そのよう
な「お問い合わせ(講演依頼)」によるアクセス行為は,商品購入の注文に極めて
似ているといえるが,その場合であっても,被告システムを介して,そのアクセス
を受けた各提携企業は,自らが講演する主体ではなく,また掲載講師のスケジュー
ルを管理している主体とも認められないから,直ちに承諾,すなわち「受注」する
ことができるわけではなく,その後,講師との関係を調整して,具体的講演開催に
向けて交渉を重ねる必要があるはずであって,したがって,利用者の 「お問い合わ
せ(講演依頼)」をいかに具体化しても,これを売買契約における「注文」に準じ
るものということができるわけではない。
したがって,被告システムは,構成要件Aにいう「電子ショッピングシステム」
には相当しないというべきである。
ウ 構成要件Fの「注文を受信する受注手段」について
(ア) 本件発明にいう「電子ショッピング」が上記イ(ア)のとおりであることからす
ると,「注文」とは,「電子ショッピング」が想定しているところの売買契約にお
ける注文であり,「注文を受信する受注手段」とは,その「注文」を前提に受信す
る手段であると解される。
(イ) これにより被告システムについてみると,上記イ(イ)のとおり,被告システム
においては,売買がなされているわけではなく,顧客からの各提携企業へのアクセ
スは,その後の各提携企業からの営業活動の契機を与えるものにすぎないから,「お
問い合わせ(講演依頼)」をもってするアクセスは「注文」に該当せず,またした
がって,被告システムに「お問い合わせ(講演依頼)」を受信する手段が備わって
いたとしても,これをもって「注文を受信する受注手段」とはいえない。
エ 以上によれば,被告システムは,構成要件A,F及びJを充足しないといえ
るから,他の構成要件の充足性を判断するまでもなく文言侵害は成立しないという
ことになる。


均等侵害の検討

平成28年6月29日知的財産高等裁判所控訴棄却判決(平成28年(ネ)第10017号 損害賠償請求控訴事件(原審・東京地方裁判所平成26年(ワ)第34145号 ))は、争点2として、ウェブ上のECサイトに関する特許権侵害の成否について、均等侵害の成否を検討しています。

 争点2(本件ECサイトの制御方法が本件発明と均等なものとしてその技術
的範囲に属するか)について
(1) 均等侵害の要件
特許請求の範囲に記載された構成中に,相手方が製造等をする製品又は用いる
方法(以下「対象製品等」という。)と異なる部分が存する場合であっても,①
同部分が特許発明の本質的部分ではなく,②同部分を対象製品等におけるものと
置き換えても,特許発明の目的を達することができ,同一の作用効果を奏するも
のであって,③上記のように置き換えることに,当該発明の属する技術の分野に
おける通常の知識を有する者(当業者)が,対象製品等の製造等の時点において
容易に想到することができたものであり,④対象製品等が,特許発明の特許出願
時における公知技術と同一又は当業者がこれから当該出願時に容易に推考できた
ものではなく,かつ,⑤対象製品等が特許発明の特許出願手続において特許請求
の範囲から意識的に除外されたものに当たるなどの特段の事情もないときは,同
対象製品等は,特許請求の範囲に記載された構成と均等なものとして,特許発明
の技術的範囲に属するものと解するのが相当である(最高裁平成6年(オ)第10
83号同10年2月24日第三小法廷判決・民集52巻1号113頁参照)。
(2) 均等の第2要件(作用効果の同一性)について
ア 特許請求の範囲に記載された構成中の本件ECサイトの制御方法と異なる部

前記のとおり,本件発明と本件ECサイトの制御方法は,少なくとも,ユーザが
所望する商品の注文のための表示制御過程に関する具体的な構成において,本件発
明においては,オーダ操作(オーダ・ボタンをクリック)が行われた際に,Web
-POSクライアント装置からWeb-POSサーバ・システムに送信される情報
の中に商品基礎情報が含まれているのに対し,本件ECサイトの制御方法において
は,顧客が「お買い上げ」ボタンをクリックした際に,顧客のコンピュータから管
理運営システム内にあるサーバに対して送信されるリクエスト情報には,Cook
ie情報等が含まれるが,注文された商品に係る商品基礎情報は含まれていない点
において,相違する。
そこで,本件ECサイトの制御方法,すなわちオーダ操作が行われた際に,We
b-POSクライアント装置からWeb-POSサーバ・システムに送信される情
報に,注文された商品に係る商品基礎情報を含めずに,Cookie情報等を含め
ることにより,本件発明の目的を達成することができ,同一の作用効果を奏するか
否かについて検討する。
イ 本件発明の目的及び作用効果
(ア) 本件明細書の発明の詳細な説明欄には,おおむね次の記載がある。
a 発明が解決しようとする課題
本発明の課題は,専用のPOS通信機能/POS専用線を必要とせず,取扱商品
の自由な変更が可能なPOSシステムを実現することにある。
また,本発明は,上記従来の専用回線を用いた専用端末型POSシステムの欠点
を排除し,汎用のパソコン及びインターネットを用いて端末でのPOS処理を殆ど
なくし,端末側の入力情報に基づきサーバ側ですべてのPOS処理を受け持つこと
により,非常に安価で簡便なPOSシステムを構築するものである。(【0014】)
b 発明の効果
注文時点における商品のPLU情報(商品ごとの価格などが含まれた基礎情報)
がリアルタイムに管理(商品の供給元から受信して商品DBに反映)されると共に,
該PLU情報に基づく注文情報がリアルタイムに取得されることに関する先行技術
(公知例)はない。(【0021】)
クライアント装置において,Webサーバ装置から供給された「商品カテゴリー
に対応するPLUリストを表示する部分」の商品カテゴリー情報が変更されると,
Webサーバ装置は,クライアント装置に対し,「該カテゴリー内の商品名が表示
される,商品情報に対応したPLUリストを表示する部分」として商品情報を供給
し,更に,クライアント装置において,該「商品情報に対応したPLUリストを表
示する部分」の商品情報に対しその識別情報を入力すると,Webサーバ装置は,
「商品基礎情報と前記入力した商品識別情報とに基づいて出力される入力結果の注
文商品明細を表示する部分の表示過程」として上記入力結果の商品販売明細や商品
発注明細フォームを供給し,これに対し,クライアントが発注(オーダ)を行うと,
当該商品発注情報がWebサーバ装置において取得され,販売時点における情報の
管理が行われる。(【0022】)
(イ) 前記(ア)によれば,本件発明は,専用のPOS通信機能やPOS専用線を
使用せずに,汎用のパソコン及びインターネットを用いることにより,安価で簡便
なPOSシステムを構築することを目的とするものである。そして,本件発明の作
用効果は,クライアントが発注を行った際,Webサーバ装置において商品発注情
報を取得することによって,注文時点における商品ごとの価格などが含まれた基礎
情報をリアルタイムに管理できることである。
ウ 本件ECサイトの制御方法による目的達成の有無
(ア) 本件ECサイトは,①リクエスト情報を受信した管理運営システム内にあ
るサーバは,Cookie情報をもとに,顧客のコンピュータに表示された「レジ」
画面情報の原本に当たる情報を同サーバから呼び出す,②そして,同サーバにおい
て,当該情報と,管理運営システム内にある顧客の従前の情報(申込番号及び数量
等)及びその時点での最新の商品情報(価格等)が照合され,両者が一致している
ことが確認された上で,注文受付データが作成される,③その後,注文受付データ
が管理運営システム内のサーバにあるデータベースに反映され,顧客のコンピュー
タには注文完了画面が表示され,注文が完了するという制御方法を採用しているも
のと認められる(乙16,37)。このように,本件ECサイトの制御方法におい
ては,Cookie情報だけでは,リクエスト時点における商品ごとの価格等が含
まれた基礎情報を管理できないことから,前記①ないし③のとおり,管理運営シス
テム内にあるサーバ内の処理,特にサーバのデータベース内にある従前の情報と最
新の商品情報(価格等)との照合を経ることにより,注文を確定させているもので
ある。
(イ) ところで,商品の基礎情報である価格等は変わる場合があるところ,顧客
の注文前に商品の基礎情報が更新された場合,Web-POSサーバ・システムが
有する情報は,更新された後の商品情報のみであるから,Web-POSサーバ・
システムは,顧客が注文した商品の価格等を把握することができない(乙20)。
また,Cookieを用いたWeb技術は,サーバ側で識別情報としてテキスト・
データをWebブラウザごとに割り当て,更に,そのテキスト・データをWebブ
ラウザの情報と対応付けて管理することにより,Webサーバ側において,HTT
Pリクエストの送信元を識別等するというものにとどまる(甲25)。よって,W
eb-POSサーバ・システムは,Cookie情報を受信しても,顧客が注文し
た商品の価格等を把握することはできない。
そして,前記(ア)のとおり,本件ECサイトの管理運営システム内のサーバは,
顧客が注文した商品の価格等を把握するために,顧客のコンピュータからリクエス
ト情報とともに受信したCookie情報をもとに,顧客のコンピュータに表示さ
れた「レジ」画面情報の原本に当たる情報を同サーバから呼び出すという制御方法
を追加で採用することにより,顧客が注文した商品の価格等を把握するに至ってい
るものである。
(ウ) したがって,ユーザが所望する商品の注文のための表示制御過程に関する
構成において,Web-POSサーバ・システムがCookie情報等は取得する
ものの,注文された商品に係る商品基礎情報を取得しないという本件ECサイトに
おける構成を採用した場合には,本件発明のように,Web-POSサーバ・シス
テムは,注文時点における商品ごとの価格などが含まれた基礎情報をリアルタイム
に管理することができないというべきである。
エ 小括
よって,本件ECサイトの制御方法,すなわち,オーダ操作が行われた際に,W
eb-POSクライアント装置からWeb-POSサーバ・システムに送信される
情報に,注文された商品に係る商品基礎情報を含めずに,Cookie情報等を含
めるという方法では,本件発明と同一の作用効果を奏することができず,本件発明
の目的を達成することはできない。
したがって,均等の第2要件の充足は,これを認めることができない。
(3) 均等の第5要件(特段の事情)について
ア 第5要件について
均等の第5要件は,対象製品等が特許発明の特許出願手続において特許請求の範
囲から意識的に除外されたものに当たるなどの特段の事情もないことである。すな
わち,特許出願手続において出願人が特許請求の範囲から意識的に除外したなど,
特許権者の側において一旦特許発明の技術的範囲に属しないことを承認するか,又
は外形的にそのように解されるような行動をとったものについて,特許権者が後に
これと反する主張をすることは,禁反言の法理に照らし許されないから,このよう
な特段の事情がある場合には,均等が否定されることとなる。
イ 特段の事情の有無
前記1(2)ウのとおり,控訴人は,本件発明は,引用文献1に記載された発明に
基づいて容易に発明をすることができたものであるから特許法29条2項の規定
により特許を受けることができないとの拒絶理由通知に対して,本件意見書を提
出したものである。
そして,前記1(2)ウ及びエのとおり,控訴人は,本件意見書において,引用文
献1に記載された発明における注文情報には商品識別情報が含まれていないとい
う点との相違を明らかにするために,本件発明の「注文情報」は,商品識別情報
等を含んだ商品ごとの情報である旨繰り返し説明したものである。
そうすると,控訴人は,ユーザが所望する商品の注文のための表示制御過程に関
する具体的な構成において,Web-POSサーバ・システムが取得する情報に,
商品基礎情報を含めない構成については,本件発明の技術的範囲に属しないことを
承認したもの,又は外形的にそのように解されるような行動をとったものと評価す
ることができる。
そして,本件ECサイトの制御方法において,管理運営システムにあるサーバが
取得する情報には商品基礎情報は含まれていないから,同制御方法は,本件発明の
特許出願手続において,特許請求の範囲から意識的に除外されたものということが
できる。
したがって,均等の第5要件の充足は,これを認めることができない。
ウ 控訴人の主張について
これに対し,控訴人は,本件意見書において,POS管理を実現できる複数の構
成の中から意識的にある構成を選択したり,ある構成を排除したりしたものではな
いと主張する。
しかし,上記のとおり,控訴人は,本件意見書において,引用文献1に記載され
た発明における注文情報には商品識別情報が含まれていないという点との相違を
明らかにするために,本件発明の「注文情報」は,商品識別情報等を含んだ商品ご
との情報である旨繰り返し説明していたものである。そうすると,控訴人は,本件
意見書において,本件発明のうち,ユーザが所望する商品の注文のための表示制御
過程に関する具体的な構成については,Web-POSサーバ・システムが取得す
る情報には必ず商品基礎情報を含めるという構成を,意識的に選択したことは明ら
かであるといえ,控訴人の上記主張は,採用することができない。
(4) まとめ
よって,均等のその余の要件の成否につき検討するまでもなく,本件ECサイト
の制御方法が本件発明と均等なものとしてその技術的範囲に属するということはで
きない。

i2練馬斉藤法律事務所問合せ電話番号
(平日午前9時から午後18時までの受け付けとなります。)


○Email(24時間365日受け付けております。)


Lawyer/弁護士紹介

Legal counsel/法律相談

Office/事務所

Fee /料金

特許・実用新案法務
ウェブサイト特許法務

カテゴリ別全記事一覧


著作権


著作権の内容


◆複製権
◆展示権
◆二次的著作物上の著作権
◆公衆送信権
◆頒布権・譲渡権・貸与権
◆上演権・演奏権・口述権
◆上映権
◆送信可能化権における情報の範囲
◆翻案権
◆リンクと不法行為、著作権侵害の諸問題
◆映画著作物における頒布権の国際消尽
◆埋込コンテンツと公衆伝達権
◆送信可能化権

著作物


◆音楽の著作物
◆応用美術の著作物性
◆データベースの著作物とは
◆二次的著作物とは
◆実用品の著作物性~平成27年4月14日知財高裁判決(平成26年(ネ)10063号)解説
◆言語の著作物
◆映画の著作物
◆プログラムの著作物
◆実用品の著作物性~知財高裁平成28年10月13日判決(平成28年(ネ)第10059号)解説
◆訴訟を巡り創作される著作物と著作権法の規定

著作者人格権


◆氏名表示権
◆名誉声望保持権
◆同一性保持権

国際著作権法務


◆外国(法)人を相手方とする著作権法務について
◆条約優先の原則

著作権法律相談


◆著作権侵害に関する相談時の資料
◆著作権に関する法律相談について
◆著作権侵害に関する法律相談について

侵害対応


◆著作権を侵害された場合にとり得る措置
◆著作権侵害差止請求訴訟の要件

著作権侵害


◆対象の著作物性
◆著作権侵害に基づく差止の仮処分命令
◆対象の著作物該当性①「思想又は感情」
◆対象の著作物性②「表現したもの」
◆対象の著作物該当性③「創作的な表現」
◆著作権等侵害に基づく損害賠償請求訴訟における損害額について
◆みなし侵害行為
◆公衆送信権・送信可能化権の侵害主体確定の前提となる送信客体の捉え方について
◆著作物の(同一性・)類似性と依拠性

著作権全般


◆著作権法と意匠法などの棲み分け
◆著作権を初めとする知的財産権法務に重点を置いている法律事務所です
◆著作権保護の理念
◆著作権法にフェアユース規定はありますか
◆著作権、著作者人格権の帰属
◆著作権は譲渡できますか?
◆共有著作権の行使
◆著作権法

保護期間


◆著作権の保護期間は何年間でしょうか
◆著作権の保護期間

著作権の制限


◆写真や映像への映り込みについて
◆著作権法47条の2
◆著作権の制限規定
◆付随対象著作物の利用
◆著作物の私的使用
◆著作物の引用利用
◆裁判手続における著作物の利用

著作権と諸法制


◆著作権と信託

著作権業務内容


◆著作権法務
◆著作権登録
◆著作権訴訟
◆著作権契約
◆著作権警告書・回答書
◆著作権刑事
◆著作権遺言相続
◆デジタル著作権法務
◆著作権侵害対応
◆著作権侵害防御
◆著作権顧問契約
◆インターネット上の著作権侵害

著作権取扱地域


◆著作権案件の取扱地域について
◆東海・北陸地方の著作権案件
◆東北地方の著作権案件
◆北海道の著作権案件
◆関東、甲信越、静岡県(広域関東圏)の著作権案件
◆関西・中国地方・四国・九州・沖縄の著作権案件

著作権の消滅


◆著作権の消滅

著作権訴訟


◆著作権侵害訴訟の訴訟物
◆著作権等侵害に基づく損害賠償請求訴訟と損害の費目
◆著作者及び実演家の名誉回復等の措置請求権

著作権刑事


◆著作権法上の刑罰法規の非親告罪化

侵害主体


◆著作権の侵害主体

著作者


◆職務著作(著作権法15条)

出版権


◆出版権

知的財産権


保護客体


◆写真/フォトグラフ保護法務
◆キャラクター保護法務
◆「小説・脚本・原作・物語など」ストーリー保護法務
◆ウェブサイト保護法務
◆シンボル・エンブレム・ロゴマーク保護法務
◆音楽・演奏の保護法務
◆イラストレーション保護法務
◆グッズ、広告などクリエイトの商業利用

知的財産権侵害対応


◆知的財産権を侵害されている場合どう対応すればいいですか
◆知的財産権侵害にかかる弁護士費用はどの位ですか
◆知的財産権侵害案件について

知的財産権法全般


◆著作権、商標・意匠権など知的財産権案件におけるサービス内容一覧
◆著作権など知的財産権、ICT法務案件取扱について
◆知的財産権
◆知的財産権法及び知的財産について

リンク集


◆著作権・知的財産権・ICT法務関連リンク集

法律相談


◆著作権など、カルチャー、アート、エンタメ、ITの法律相談
◆著作権、知的財産権、ウェブIT法務に関する電話等法律相談

パブリシティ権


◆パブリシティ権

コンテンツ保護


◆コンテンツ制作段階からの予防法務サービス

業務案内


◆ICTコンテンツ、ウェブサイト法務取扱法律事務所
◆インターネット法務の概要
◆著作権を初めとする知的財産権侵害に関する法律業務の流れ
◆コンテンツ総合支援法務サービス・コンテンツシールド
◆ICT分野・コンテンツ制作分野を法的に支援します
◆インターネット上で生じる紛争類型と弁護士が代理できる業務
◆2ちゃんねる書き込みに対する対応

知的財産権訴訟


◆知的財産権に関する訴えの管轄
◆知的財産権に関する事件の控訴審における管轄
◆知的財産権に関する訴訟事件の書類提出のルールについて
◆知的財産権訴訟と訴額

知的財産権契約


◆知的財産権契約

コンテンツ法務


◆コンテンツと知的財産法について
◆クリエイト、エンターテインメントコンテンツロー
◆コンテンツの制作段階からの法的支援について
◆制作委員会方式
◆クラウドファンディング
◆コンテンツファンディングの法的スキーム

知的財産権業務案内


◆知的財産権出願登録
◆知的財産権契約
◆知的財産権警告書・回答書
◆知的財産権訴訟
◆知的財産権刑事
◆知的財産権顧問契約

知的財産と行政法規


◆薬機法に基づく医薬品、医薬部外品、化粧品の製造販売

判例


◆下町ロケット訴訟一審判決
◆ポパイキャラクター事件におけるキャラクターと不正競争防止法違反判示部分

ICT法務


ICT知的財産権


◆RDBMSの著作物性等
◆リンクと著作権
◆jQuery(ジェイクエリー)の呼び出しと著作権法上の問題点
◆URLの意味とリンク及び公衆送信権
◆リンクと著作権GS Media BV v Sanoma Media Netherlands BV and Othersの本邦著作権法解釈に与える影響

業務案内


◆ICTコンテンツ、ウェブサイト法務取扱法律事務所
◆インターネット法務の概要
◆著作権を初めとする知的財産権侵害に関する法律業務の流れ
◆コンテンツ総合支援法務サービス・コンテンツシールド
◆ICT分野・コンテンツ制作分野を法的に支援します
◆インターネット上で生じる紛争類型と弁護士が代理できる業務
◆2ちゃんねる書き込みに対する対応

プログラム


◆プログラム・ソフトウェアと知的財産権
◆プログラムの保護

ICT法務内容


◆ウェブ・IT法務
◆発信者情報開示・削除請求業務
◆インターネットにおける知的財産権侵害者の特定
◆カリフォルニア外国法人に対する発信者情報開示
◆ICT法務顧問

インターネットの仕組み


◆インターネット通信と識別符号

ICTと契約


◆インターネットをめぐる契約関係

ICT法務全般


◆インターネットの法規制
◆インターネット法務という領域
◆現代型のウェブサイト構造と法務

発信者情報開示


◆発信者情報開示請求とは
◆プロバイダ責任制限法上の定義規定
◆インターネット上の名誉権侵害、プライバシー権侵害、商標権、著作権等知的財産権侵害と転載・まとめサイト
◆発信者情報開示請求の要件
◆カリフォルニア州法人の資格証明
◆発信者情報開示請求の管轄
◆開示関係役務提供者と発信者の関係
◆開示関係役務提供者と被侵害者の関係

不正アクセス禁止法


◆禁止される不正アクセス行為

仮想通貨


◆仮想通貨の概要
◆アルトコイン
◆仮想通貨と所有権
◆ビットコインのシステム
◆仮想通貨法律相談
◆コインチェック仮想通貨流出事件法律相談

名誉毀損


◆インターネット上の名誉毀損と名誉感情侵害
◆(インターネット上の)名誉毀損における賠償費目

削除請求


◆検索結果に対する削除請求

著作権侵害と発信者情報開示


◆リンクと不法行為、著作権侵害と発信者情報開示の諸論点の整理

ICT民事訴訟


◆ハンドルネームによる被告の特定

eコマース・広告法務


特定商取引法


◆ウェブサイトと特定商取引に関する法律

eコマース全般


◆電子商取引の法規制

eコマース法務


◆電子商取引・eコマース法務

Web広告規制


◆WEB広告の規制

広告法務


◆広告法務

個人情報保護法


個人情報


◆個人情報の定義

文化の発信地練馬の法律事務所
I2練馬斉藤法律事務所


 

取扱一覧

著作権/ウェブデジタル法務セミナー・勉強会等講師
特定法分野顧問契約・通常顧問契約
著作権など、カルチャー、アート、エンタメ、ITの法律相談
著作権、知的財産権、ウェブIT法務に関する電話等法律相談
著作権法務
デジタル著作権法務
商標法務
意匠法務
特許・実用新案法務
著作権登録
著作権契約
著作権警告書・回答書
著作権訴訟
著作権刑事
著作権遺言相続
著作権侵害防御
著作権侵害対応
インターネット上の著作権侵害
ウェブサイト特許法務
著作権顧問契約
著作権案件の取扱地域について
知的財産権出願登録
知的財産権契約
知的財産権警告書・回答書
知的財産権訴訟
知的財産権刑事
ウェブ・IT法務
発信者情報開示・削除請求業務
カリフォルニア外国法人に対する発信者情報開示
ICT法務顧問
インターネットにおける知的財産権侵害者の特定
仮想通貨法律相談
コインチェック仮想通貨流出事件法律相談
キャラクター保護法務
「小説・脚本・原作・物語など」ストーリー保護法務
写真/フォトグラフ保護法務
イラストレーション保護法務
グッズ、広告などクリエイトの商業利用
シンボル・エンブレム・ロゴマーク保護法務
ウェブサイト保護法務
音楽・演奏の保護法務
知的財産権顧問契約
広告法務
電子商取引・eコマース法務



  • Services/取扱法務
  • GLS/グラフィックリーガル
  • Lawyer/弁護士紹介
  • Legal counsel/法律相談
  • Office/事務所
  • Fee /料金
  • Contact/ご連絡

  • Blog/ウェブログ
  • Contents/コンテンツ



  • 弁護士齋藤理央創作知的財産一覧
    弊所の+αについて



    更新2017-11-12 23:14:19


    更新2017-11-02 15:46:15


    更新2017-11-02 14:55:49


    更新2017-11-02 14:55:49


    更新2017-10-15 05:27:18




    物語コンテンツ
    NoteofFloatIsland更新履歴


     タイトル: チャプター1エピソード11(チャプター1最終)


    更新2017-10-23 22:12:22

    天の大きな星が頭上に来ていた。空に浮かぶ小さなこの島では,それは、正午を指していた。 ・・・⇒この記事の続きを読む


     タイトル: チャプター1エピソード10


    更新2017-10-23 22:11:35

    リクが上空を睨んだ。天を見上げたリクの頭とプラクシスの頭と、そして、天上の大きな星が直線を描いた・・・⇒この記事の続きを読む


     タイトル: チャプター1エピソード9


    更新2017-10-23 22:11:26

    焚火の傍らで寝込んでしまったリクの頭上に、いつの間にか、朝日が昇っていた。 穿たれた・・・⇒この記事の続きを読む


     タイトル: チャプター1エピソード8


    更新2017-10-23 22:11:15

    作戦会議の後、ソラとリクは残り火が燻る焚火の跡を横並びに見つめていた。洞内に忍び込む冷気から逃れ・・・⇒この記事の続きを読む


     タイトル: チャプター1エピソード7


    更新2017-10-23 22:11:06

    その日の夜、ギーン、ヤゲン、ディー、リク、ソラは,焚火を囲んで座っていた。5人は、それぞれにそれ・・・⇒この記事の続きを読む


     タイトル: チャプター1エピソード6


    更新2017-10-23 22:10:58

    ・・・⇒この記事の続きを読む


     タイトル: チャプター1エピソード5


    更新2017-10-23 22:10:47

    ・・・⇒この記事の続きを読む


     タイトル: チャプター1エピソード4


    更新2017-10-23 22:10:36

    ・・・⇒この記事の続きを読む


     タイトル: チャプター1エピソード3


    更新2017-10-23 22:10:25

    ・・・⇒この記事の続きを読む


     タイトル: チャプター1エピソード2


    更新2017-10-23 22:10:16

    少女の眼は洞窟の入り口をまっすぐ向いて、見開かれていた。口は対照的にきゅっと閉じられていた。・・・⇒この記事の続きを読む


     タイトル: チャプター1エピソード1


    更新2017-10-23 22:10:05

    大きな大きな洞窟が延々と広がっていた。天井は大きく穿たれ、空がつかめるかのような錯覚さえ抱かせた・・・⇒この記事の続きを読む


     タイトル: ソラ


    更新2017-09-30 01:51:56

    ・・・⇒この記事の続きを読む


     タイトル: 天空の島


    更新2017-09-26 18:49:14

    ・・・⇒この記事の続きを読む


     タイトル: ステラ・シード


    更新2017-01-13 00:19:48

    ・・・⇒この記事の続きを読む


     タイトル: 光る天上の星


    更新2016-09-30 21:26:15

     NOTE OF  FLOAT ISLAND の世界は、ひとつ・・・⇒この記事の続きを読む


     タイトル: 浮島(フロートアイランド)に住む人たち


    更新2016-09-30 21:26:08

    フロートアイランドに住む人々は、厳・・・⇒この記事の続きを読む


    コンテンツ更新履歴
    「小説・脚本・原作・物語など」ストーリー保護法務
    更新2018-02-14 06:11:49

    インターネット上の著作権侵害
    更新2018-02-13 03:42:00

    ウェブサイト保護法務
    更新2018-02-13 03:31:36

    物語形式デジタルコンテンツNote of Float Islandのご紹介
    更新2018-02-13 03:17:00

    キャラクター保護法務
    更新2018-02-13 03:02:30

    グッズ、広告などクリエイトの商業利用
    更新2018-02-13 02:53:02

    イラストレーション保護法務
    更新2018-02-13 02:50:40

    サイトコンテンツ一覧
    更新2018-02-13 02:28:35

    コンテンツの制作段階からの法的支援について
    更新2018-02-13 02:12:09

    著作権など、カルチャー、アート、エンタメ、ITの法律相談
    更新2018-02-13 02:06:35

    著作権など知的財産権、ICT法務案件取扱について
    更新2018-02-13 02:02:59

    知的財産権侵害にかかる弁護士費用はどの位ですか
    更新2018-02-13 01:59:22

    著作権侵害に関する相談時の資料
    更新2018-02-13 01:56:39

    ICTコンテンツ、ウェブサイト法務取扱法律事務所
    更新2018-02-13 01:54:48

    クリエイトする弁護士
    更新2018-02-13 01:52:04

    I2練馬斉藤法律事務所の付加価値について
    更新2018-02-13 01:44:05

    I2練馬斉藤法律事務所の特徴とメリット
    更新2018-02-13 01:36:41

    弁護士ご挨拶
    更新2018-02-13 01:25:43

    ウェブサイトに関する注意事項
    更新2018-02-13 01:24:05

    取扱業務について
    更新2018-02-13 01:22:01

    ウェブサイトの構成について
    更新2018-02-12 14:05:11

    IP法務ICT法務料金表
    更新2018-02-11 06:59:55

    コインチェック仮想通貨流出事件法律相談
    更新2018-02-02 14:09:32

    仮想通貨法律相談
    更新2018-02-02 14:08:57

    (インターネット上の)名誉毀損における賠償費目
    更新2018-01-27 21:45:46




    ブログ更新履歴
    ディフォルメ
    更新2018-02-17 14:11:13

    平成26年7月30日 東京地方裁判所 民事29部 #判決 (平成25年(ワ)第28434号 著作権侵害差止等請求事件 )②規約の著作権侵害について
    更新2018-02-15 08:07:59

    平成30年1月30日 東京地方裁判所 民事46部 請求認容 判決(平成29年(ワ)第37117号 発信者情報開示 請求事件)
    更新2018-02-15 07:20:38

    平成26年7月30日 東京地方裁判所 民事29部 #判決 (平成25年(ワ)第28434号 著作権侵害差止等請求事件 )①サイトレイアウトの著作権侵害について
    更新2018-02-15 08:08:30

    ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ
    更新2018-02-12 02:35:46

    ゴールド 金塊の行方
    更新2018-02-12 02:31:39

    平成30年1月30日東京地裁民事46部判決(平成29年(ワ)第35928号 発信者情報開示請求事件)
    更新2018-02-12 02:19:42

    動画ファイルにおけるコンテナとコーデック
    更新2018-02-12 02:16:30

    大阪市営地下鉄が大阪メトロに改称
    更新2018-02-12 02:00:05

    平成24年11月30日 東京地方裁判所 請求棄却 判決 (平成24年(ワ)第15034号 損害賠償請求事件)
    更新2018-02-12 01:52:41

    ウェブログにフェイスブック連携のコメント欄を設置しました
    更新2018-02-06 00:13:01

    ツイッター×ウェブログ
    更新2018-01-09 00:39:10

    目黒のビジネスコート
    更新2018-01-09 00:17:47

    テレビ会議システムと訴訟のIT化
    更新2018-01-08 02:24:56

    デジタルシネマ撮影とRAWデータ
    更新2018-01-08 02:18:49

    デジタルカメラとRAWデータ撮影
    更新2018-01-08 02:14:46

    著作権法47条の2関係記事へのリンク
    更新2018-01-27 22:32:24

    ツイッターセルフキュレーションを中心としたブログエントリ
    更新2018-01-06 09:21:21

    モーダルウィンドウの実装とスライドショー
    更新2018-01-06 00:14:10

    スターウォーズepisode8最後のジェダイ
    更新2018-01-05 23:37:58

    得意分野専門分野の表記と弁護士等の業務広告に関する規程
    更新2018-01-05 13:05:03

    訴訟と著作権の関係
    更新2018-01-03 01:06:30

    ツイッターセルフキュレーションの実験
    更新2017-11-13 16:28:28

    SNSのセルフキュレーション
    更新2017-11-06 02:16:45

    iPadpro12.9インチレビュー
    更新2017-11-05 13:30:06




    事務所サイト更新履歴



  • 齋藤理央ウェブログ


  • お知らせ
  • 著作権・法律動向
  • クリエイト
  • エンタ-テイメント
  • 旅行/地域
  • Contact/ご連絡



  • NoteofFloatIsland


  • 齋藤理央が創作提供する物語形式のエンターテイメントウェブコンテンツです!ストーリー、キャラクター、ロゴ、ウェブサイト、システム、著作物、意匠、商標など弁護士齋藤理央は創作の実際の知識も総動員して法務を提供します。







    I2練馬斉藤法律事務所