カテゴリ: 知的財産権  タイトル: グッズ、広告などクリエイトの商業利用
更新2017-11-18 14:21:18

キャラクターグッズや、キャラクターを用いた広告の展開など、クリエイト成果物を商業利用する際に様々な法律が問題となります。法律について不明な点がある場合は、法律事務所に相談して法的な問題点を解決し、将来・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: eコマース・広告法務  タイトル: WEB広告の規制
更新2017-11-16 16:47:41

ウェブ広告にはいくつかの留意しなければならない法的規制があります。 景表法 その代表格が、不当景品類及び不当表示防止法(以下、「景表法」といいます。)と言えるでしょう。 ・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: eコマース・広告法務  タイトル: 広告法務
更新2017-11-16 16:45:39

広告法務で問題となる法律は多岐に渡ります。法律専門家である弁護士にご相談いただくことで、広告規制その他の関連法令に違反するリスクを可能な限り無くしていくことが出来ます。 広告規制 ・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: eコマース・広告法務  タイトル: 電子商取引・eコマース法務
更新2017-11-16 16:44:58

電子商取引・eコマース法務をご相談頂くメリット 電子商取引、eコマース、イー・トレードを巡る法律関係は多岐に渡ります。さらに取扱業種によって、検討を要する法規制も変わってきます。つまり・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: eコマース・広告法務  タイトル: ウェブサイトと特定商取引に関する法律
更新2017-11-16 16:43:35

ウェブサイトと特定商取引法 特定商取引に関する法律(以下、「特商法」という。)2条2項は、 「「通信販売」とは、販売業者又は役務提供事業者が郵便その他の主務省令で定める方法(以下「郵便等・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: eコマース・広告法務  タイトル: 電子商取引の法規制
更新2017-11-16 16:43:35

電子商取引(eコマース、イー・トレード)を規制する法律は様々です。電子消費者契約及び電子承諾通知に関する民法の特例に関する法律など、eコマースに特化した特別法もあれば、民法や商法などのより一般的な法・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 知的財産権  タイトル: 知的財産権顧問契約
更新2017-11-13 20:06:25

特定法分野顧問 知的財産権顧問  月額 1万円  ・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 事務所紹介  タイトル: ご連絡方法
更新2017-11-12 23:09:30

お電話でのお問い合わせ 03-6915-8682 上記の電話番号におかけください。事務所営業時間は平日9時から18時までとなります。 メールフォームでのお・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 知的財産権  タイトル: 「小説・脚本・原作・物語など」ストーリー保護法務
更新2017-11-12 21:44:26

ストーリー創作の実際を案件処理に活かします I2練馬斉藤法律事務所弁護士齋藤理央は、デジタルコンテンツNoteofFloatIsland・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 事務所紹介  タイトル: I2練馬斉藤法律事務所の特徴とメリット
更新2017-11-12 02:28:39

カテゴリ: 著作物  タイトル: デジタル画 ・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 著作権  タイトル: 著作権契約
更新2017-11-12 02:02:27

著作物を客体として成立する著作権の譲渡、利用許諾などを巡って契約をおこなうとき、法律専門家に契約書の作成、確認などを依頼し、無用な紛争を避ける可能性を高めることが出来るというメリットがあります。・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 知的財産権  タイトル: キャラクター保護法務
更新2017-11-11 17:55:26

・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 著作権  タイトル: インターネット上の著作権侵害
更新2017-11-11 17:22:23

インターネットに公開していた写真、イラスト、文章、プログラム、音楽などが、勝手に利用されていた! インターネットで作品が無断利用されている状況は、インターネットでの著作権侵害事案かもし・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 事務所紹介  タイトル: クリエイトする弁護士
更新2017-11-11 06:27:49

クリエイトする弁護士のメリットとは 法律は前提として、デジタルを含めた知財の成り立ち、コンテンツビジネスなど周辺知識の習得にも高い意欲を有し、これを具体的な行動(創作活動、商品化・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: ICT法務  タイトル: ビットコインのシステム
更新2017-11-06 15:12:38

ブロックチェーン ブロックチェーン(ビットコイン)においては、2009年1月3日から現在に至るまでの1億回に及ぶ取引がすべて記録された台帳が存在します。当該台帳は、ブロックチェーンに参加し・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: ICT法務  タイトル: 仮想通貨の概要
更新2017-11-06 15:04:57

仮想通貨とは、電子情報処理組織(1台以上のコンピューターが連動して情報を処理するシステム)を用いて移転できる、代価の弁済のために不特定の者に対して使用でき、かつ、不特定の者と売り買いができる財産的・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: ICT法務  タイトル: アルトコイン
更新2017-11-06 15:02:23

アルトコインとは 仮想通貨のうち、ビットコイン以外の通貨をビットコインの代替という意味でアルトコインと呼びます。アルトコインの中にもイーサリアム、ライトコインなど様々なものがあり、百花繚乱・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: ICT法務  タイトル: 仮想通貨と所有権
更新2017-11-06 15:01:24

仮想通貨は、民法上通貨ではありません。 さらに、物体性がないため、物権の客体とならないものと理解されます。 したがって、物権である所有権の対象とはならないのが原則です。 ・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 著作権  タイトル: 埋込コンテンツと公衆伝達権
更新2017-11-04 23:55:12

インターネットを介した動画、画像のHTMLファイルへの埋込形式の配信は公衆伝達行為に該当するか、興味深い問題と言えます。 サーバーに保存した画像、動画、音楽を埋込(エンバーデット)コンテンツ形式・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 著作権  タイトル: 著作権等侵害に基づく損害賠償請求訴訟と損害の費目
更新2017-11-01 17:09:32

著作権等侵害に基づく損害賠償請求訴訟において想定される損害の費目のうち、主なものを挙げます。 財産的損害(逸失利益) 侵害者の侵害行為によって財産的損害が生じることは明・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 著作権  タイトル: 著作者及び実演家の名誉回復等の措置請求権
更新2017-11-01 17:04:03

著作権法115条は、次のとおり定めます。 著作権法115条  著作者又は実演家は、故意又は過失によりその著作者人格権又は実演家人・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 著作権  タイトル: 著作物の引用利用
更新2017-11-01 14:59:35

引用について定めた著作権法32条1項は、下記のとおり定めます。 著作権法32条1項  公表された著作物は、引用して利用すること・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 著作権  タイトル: 著作権侵害訴訟の訴訟物
更新2017-10-26 22:31:59

著作権侵害訴訟と訴訟物 著作権侵害訴訟においては、著作権等侵害に基づく差止請求権や著作権等侵害により成立する不法行為に基づく損害賠償請求権などが代表的なものとなります。 この著作・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 事務所紹介  タイトル: 弁護士ご挨拶
更新2017-10-22 02:03:19

お世話になっております。東京弁護士会所属弁護士齋藤理央と申します。著作権を初めとする知的財産権、ウェブ・デジタル法務の分野に強い関心を持ち、法律に留まらず周辺知識の獲得にも日々努めております。著・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: ICT法務  タイトル: インターネットにおける知的財産権侵害者の特定
更新2017-10-18 16:42:58

ウェブサイトなどインターネット上で著作権・商標権などの知的財産権を侵害された場合、損害賠償請求の前に、別途発信者情報の開示などを行い、権利を侵害したものの特定をしなければならない場合があります。 ・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 著作権  タイトル: 氏名表示権
更新2017-10-18 02:45:41

氏名表示権の内容 著作権法19条1項前段は、「著作者は、その著作物の原作品に、又はその著作物の公衆への提供若しくは提示に際し、その実名若しくは変名を著作者名として表示し、又は著作者名・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: ICT法務  タイトル: プロバイダ責任制限法上の定義規定
更新2017-10-17 14:49:33

特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する法律(プロバイダ責任制限法、以下「プロ責法」という。)上の定義されている概念を以下、整理します。 特定電気通信 ・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 知的財産権  タイトル: イラストレーション保護法務
更新2017-10-15 04:50:40

I2練馬斉藤法律事務所依頼のメリット アナログからデジタル作画も実践する弊所弁護士が法律知識は勿論、作画から得た制作過程や制作環境などの周辺知識も総動員して法的アドバイスを提供し、事案解決に・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 知的財産権  タイトル: 写真/フォトグラフ保護法務
更新2017-10-14 23:42:56

弊所の特徴とメリット 弊所において、写真・フォトグラフの保護法務を受けて頂くメリットのひとつは、著作権を初めとす・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 著作権  タイトル: 著作権案件の取扱地域について
更新2017-10-10 01:57:32

弊所に著作権案件をご依頼いただくメリット 東海・北陸地方、東北地方、北海道、東京高裁管内(広域関東圏)の著作権案件(おおまかにいうと、日本列島の上半分の著作権案件)は原則的に東京地方裁判所・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 著作権  タイトル: 関東、甲信越、静岡県(広域関東圏)の著作権案件
更新2017-10-10 01:18:42

関東、甲信越、静岡県(所謂広域関東圏・東京高裁管内)の著作権案件対応 「茨城県」,「栃木県」,「群馬県」,「埼玉県」,「千葉県」,「東京都」,「神奈川県」の関東地方、「新潟県」,「山梨県」・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 事務所紹介  タイトル: 事務所紹介
更新2017-10-07 15:55:37

理念 法の理念を実現し、皆さまが法の利益を享受し、よりよい生活を送れるように最善の努力を尽くすこと。 法律は個々人がよりよく生きるために発展してきた社会生活円滑化のための・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 事務所紹介  タイトル: 弁護士齋藤理央著作権・知的財産権・ICT法務分野主要取扱実績一覧
更新2017-10-07 15:40:40

弁護士齋藤理央著作権・知的財産権・ICT法務分野主要取扱実績一覧 訟務分野 ・知的財産専門部における著作権侵害訴訟(原告側被告側双方) ・知的財産専門部における著作権侵・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 特許法  タイトル: ウェブサイトを巡る発明
更新2017-10-04 22:33:29

ウェブサイトを巡る発明(実用新案)も、特許庁に出願され特許権を付与され得ます。 特許権は発明、いわばアイディアに対して付与され得ることから、具体的なプログラムの記述内容に特許権が付与され・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 知的財産権  タイトル: 知的財産権に関する訴えの管轄
更新2017-10-03 23:30:45

知的財産権に関して,訴訟を提起する場合担当する裁判所について,民事訴訟法は特別の定めを置いています。では,知的財産権に関する訴訟については,どの裁判所が担当することになるのでしょうか。 ・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 著作権  タイトル: 東海・北陸地方の著作権案件
更新2017-10-03 23:12:54

東海・北陸地方(名古屋高裁管内)の著作権案件対応 「富山県」,「石川県」,「福井県」,「岐阜県」,「愛知県」,「三重県」の東海・北陸地方(名古屋高裁管内)の著作権案件は東京地方裁判所を1審に・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 著作権  タイトル: 東北地方の著作権案件
更新2017-10-03 23:12:54

東北地方(仙台高裁管内)の著作権案件対応 「青森県」,「岩手県」,「宮城県」,「秋田県」,「山形県」,「福島県」の東北地方(仙台高裁管内)の著作権案件は東京地方裁判所を1審に・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 著作権  タイトル: 北海道の著作権案件
更新2017-10-03 23:12:54

札幌高等裁判所管内「北海道」の著作権案件対応 札幌高等裁判所管内の「北海道」の著作権案件は東京地方裁判所を1審に選択できます。弊所・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 著作権  タイトル: 関西・中国地方・四国・九州・沖縄の著作権案件
更新2017-10-03 23:12:54

大阪高等裁判所管内の著作権案件対応 大阪高等裁判所管内の「滋賀県」,「京都府」,「大阪府」,「兵庫県」,「奈良県」,「和歌山県」(関西地方),広島高等裁判所管内の「鳥取県」,「島根県」,「岡・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 事務所紹介  タイトル: 特定法分野顧問契約・通常顧問契約
更新2017-10-02 23:42:25

特定法分野顧問 弊所提供法務最大の特徴であり、弊所で法務を受けて頂く最大のメリットとなるI2(知的財産・情報通信)分野の法律顧問を、特定法分野顧問として月額1万円から顧問契約を結べます。 ・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 事務所紹介  タイトル: 取扱業務について
更新2017-09-30 03:04:56

取扱い案件 知的財産権 著作権法 著作権を中心としたライセンス契約支援  著作権侵害に対する法的対応  著作権侵害に対する刑事弁護 ・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 事務所紹介  タイトル: 著作権/ウェブデジタル法務セミナー・勉強会等講師
更新2017-09-27 16:30:08

セミナー・勉強会等講師-著作権の正しい知識を得ませんか 著作権やウェブ・デジタル法務に関するセミナーや自主的な勉強会等の講師をお引き受けします。 著作権・ウェブサイト・デジタル法務に・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: ICT法務  タイトル: 禁止される不正アクセス行為
更新2017-09-22 00:25:34

不正アクセス行為の禁止等に関する法律(以下「不正アクセス禁止法」という。)とは、「不正アクセス行為を禁止するとともに…電気通信回線を通じて行われる電子計算機に係る犯罪の防止及びアクセス制御機能により・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 著作権  タイトル: 同一性保持権
更新2017-09-17 00:31:06

同一性保持権の内容 著作権法20条1項は、「著作者は、その著作物及びその題号の同一性を保持する権利を有し、その意に反してこれらの変更、切除その他の改変を受けないものとする」と定めます・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: ICT法務  タイトル: ウェブ・IT法務
更新2017-09-04 01:32:45

インターネット上の権利侵害 名誉棄損、著作権・商標権など知的財産権侵害、その他インターネット上の権利侵害についてご相談をお待ちしております。インターネット上の権利侵害においては侵害者の特定が・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 知的財産権  タイトル: ウェブサイト保護法務
更新2017-09-04 01:17:09

ウェブサイト保護を巡る法律問題 ウェブサイトは、様々な角度から知的財産保護法制によって保護されます。 ウェブサイト自体プログラムの著作物、データベースの著作物として著作権法上の・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 事務所紹介  タイトル: 当ウェブサイトについて
更新2017-09-04 01:01:08

当ウェブサイトについて 当ウェブサイトは、法律実務や時事法律に関するコンテンツ、エンターテイメントコンテンツ、商用宣伝用コンテンツ等複合的な性格のコンテンツを含む、弁護士齋藤理央(東京弁護士・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 著作権  タイトル: 複製権
更新2017-08-20 19:10:28

著作権法21条は、「著作者は、その著作物を複製する権利を専有する」と定めます。 複製「権」というと、著作物を複製する権利を付与されたように捉えがちですが、著作権法が存在しない状態では誰しもがあ・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: ICT法務  タイトル: インターネット上の名誉毀損と名誉感情侵害
更新2017-08-19 12:46:36

狭義の名誉棄損と名誉感情侵害 名誉については、①外部的名誉、②名誉感情、③内部的名誉が観念できます。①外部的名誉とは、他人が人に対して与える社会的評価を指します。これに対して②名誉感情は、自分・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 著作権  タイトル: 映画著作物における頒布権の国際消尽
更新2017-08-19 12:44:59

映画の著作物以外の著作物については、譲渡権の国際的な消尽が規定されています(著作権法26条の2第2項5号)。 著作権法26条の2第・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: ICT法務  タイトル: 発信者情報開示請求の管轄
更新2017-08-10 17:19:47

本案訴訟 発信者情報開示請求は、プロバイダ責任制限法4条1項に基づく請求となります。では、日本でインターネットサービスを提供する外国法人に対する発信者情報開示請求訴訟において、日本の・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 著作権  タイトル: デジタル著作権法務
更新2017-08-03 21:32:13

デジタル・ウェブコンテンツについての紛争解決・紛争予防 デジタルで作成した作品・コンテンツ、ウェブサイトにアップロードした作品・コンテンツについて紛争が生じてしまった場合、デジタル、ウェブコ・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 著作権  タイトル: 著作権侵害対応
更新2017-08-03 21:32:13

著作権を侵害された! 著作権侵害者に、「法的に正当な金額で損害を賠償して欲しい。」、「侵害をいますぐやめて欲しい。」などのご要望に添えるよう、尽力致します。特に警告書はいますぐ侵害をやめ・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 著作権  タイトル: 著作権侵害防御
更新2017-08-03 21:32:13

警告書が届いた! つい、他人の著作物を利用していたら警告書が届いたり、まったく権利侵害の認識がなかったにも関わらず警告書が届いた場合、「誤解ということを分かってほしい。」、「不当に高額な・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 特許法  タイトル: 特許・実用新案法務
更新2017-08-03 21:17:47

発明 特許法上,「発明」とは、「自然法則を利用した技術的思想の創作のうち高度のものをい」います(特許法2条1項)。実用新案法上、「考案」とは、「自然法則を利用した技術的思想の創作を・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 著作権  タイトル: 著作権法務
更新2017-08-03 21:17:47

著作権に関する少しでも有利な解決・契約を目指して 著作権における紛争・訴訟において、少しでも有利な解決を目指したい、紛争・訴訟を見据えたより有利な契約を締結したい。そうしたニーズにお応え・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 商標法  タイトル: 商標法務
更新2017-08-03 21:17:47

商標 商標とは、「人の知覚によつて認識することができるもののうち、文字、図形、記号、立体的形状若しくは色彩又はこれらの結合、音その他政令で定めるもの(以下「標章」という。)であつて」「業とし・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 意匠法  タイトル: 意匠法務
更新2017-08-03 21:17:47

意匠 意匠とは、「物品…の形状、模様若しくは色彩又はこれらの結合であつて、視覚を通じて美感を起こさせるもの」(意匠法2条1項)を言います。 例えば、商品のデザインや、商品を梱包する・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 著作権  タイトル: 著作権訴訟
更新2017-08-03 21:17:47

著作権関連訴訟 著作権に関して、差止、損害賠償など訴訟を提起したい、あるいは訴訟を提起された場合に弁護士が代理人として介入して訴訟を代理で追行致します。 訴訟の提起 警・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 著作権  タイトル: 著作権警告書・回答書
更新2017-08-03 21:17:47

著作権を侵害された! 著作権侵害者に、「法的に正当な金額で損害を賠償して欲しい。」、「侵害をいますぐやめて欲しい。」などのご要望に添えるよう、尽力致します。特に警告書はいますぐ侵害をやめ・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 著作権  タイトル: 著作権刑事
更新2017-08-03 21:17:47

著作権侵害事案刑事弁護 著作権侵害に関して告訴され、立件された場合、弊所において刑事弁護活動をお引き受けすることができます。 刑事告訴 相手が警告書を無視したり、回答・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 知的財産権  タイトル: 知的財産権警告書・回答書
更新2017-08-03 21:17:47

警告書作成、発送 特許法違反、実用新案法違反、商標法違反、意匠法違反、不正競争防止法違反などの事例に対して警告書を発送することができます。回答書作成、発送 逆に警告書が来た・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 知的財産権  タイトル: 知的財産権訴訟
更新2017-08-03 21:17:47

特許権侵害、実用新案権侵害、商標権侵害、意匠権侵害、不正競争防止法違反などで被害にあったので提訴したい場合、あるいは、権利侵害をしたとして訴訟提起され、応訴する場合、弊所弁護士が代理人として訴訟行・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 知的財産権  タイトル: 知的財産権刑事
更新2017-08-03 21:17:47

知的財産権法違反の刑事弁護について 特許法違反、実用新案法違反、商標法違反、意匠法違反、不正競争防止法違反などで逮捕・起訴された方の刑事弁護をお引き受けいたします。 ・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 知的財産権  タイトル: シンボル・エンブレム・ロゴマーク保護法務
更新2017-08-03 21:17:47

シンボル、エンブレム、ロゴマークを巡る法律問題 シンボル、エンブレム、ロゴマークを保護するのは第一義的には商標法です。また、シンボル、エンブレム、ロゴマークが著作物に該当するケースも認め・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 知的財産権  タイトル: 音楽・演奏の保護法務
更新2017-08-03 21:17:47

音楽・演奏の保護を巡る法律問題 音楽は、著作権法によって3種類の権利で保護されます。まず、作曲された音楽そのものが著作物として著作権法を付与され保護されます。また、音楽の演奏も別に著作隣・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 事務所紹介  タイトル: キャラクター紹介
更新2017-08-03 20:29:12

I2練馬斉藤法律事務所著作権・知的財産権・ICT法務特設サイトで弊所I2法務を紹介してくれるキャラクター達を紹介します。 彼らの物語も当サイト内コンテンツとして掲載・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 著作権  タイトル: 条約優先の原則
更新2017-08-02 15:11:29

著作権法5条は以下のとおり定めます。 著作権法5条 著作者の権利及びこれに隣接する権利に関し条約に別段の・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 著作権  タイトル: 外国(法)人を相手方とする著作権法務について
更新2017-08-02 15:09:18

外国(法)人を相手方とする著作権法務   国際的な民事訴訟を提起する場合、国際裁判管轄の問題と準拠法の問題に区別して考えることになります。  つまり、そもそもの前提として、どの・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: ICT法務  タイトル: URLの意味とリンク及び公衆送信権
更新2017-08-02 14:42:34

URLは、データですが、単なるデータではなくそれ自体通信プログラムの性質を有します。もちろん、プログラムをどのように定義するのか、という問題がありますが、URLそれ自体が、クライアントコンピューター、サ・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: ICT法務  タイトル: 発信者情報開示請求の要件
更新2017-08-02 12:46:25

発信者情報開示請求の要件 特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する法律(プロバイダ責任制限法、プロ責法)4条1項は、発信者情報開示請求権について、定めます・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 事務所紹介  タイトル: IP法務ICT法務料金表
更新2017-08-01 03:37:23

IP/ICT法律相談 30分4000円(個人) その後10分ごとに1000円 但し、事件受任の際,法律相談料は着手金などの弁護士費用から差引かせていただきます。法人のご依頼者様はお問合せ下・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 著作権  タイトル: 著作権顧問契約
更新2017-08-01 03:19:07

特定法顧問 ・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: ICT法務  タイトル: ハンドルネームによる被告の特定
更新2017-07-29 16:39:57

民事訴訟法133条1項は、「訴えの提起は、訴状を裁判所に提出してしなければならない」と定め、同条2項は以下のとおり定めます。 訴状には、次に掲げる・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 知的財産権  タイトル: 知的財産権に関する訴訟事件の書類提出のルールについて
更新2017-07-28 22:17:36

知的財産権法訴訟事件に関しては、知的財産権法専門部、知的財産権高等裁判所などにおいて、通常の民事訴訟とは異なる書類提出ルールの順書を要求される場合があります。 東京地方裁判所知的財産権法・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: ICT法務  タイトル: リンクと著作権GS Media BV v Sanoma Media Netherlands BV and Othersの本邦著作権法解釈に与える影響
更新2017-07-26 21:52:37

 リンクと著作権侵害の関係を巡って、WIPO(World Intellectual Property Organization)著作権条約8条(・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 知的財産権  タイトル: 知的財産権訴訟と訴額
更新2017-07-26 15:18:06

差止請求と廃棄請求が競合する場合 東京地方裁判所知的財産権法専門部では、訴訟において廃棄請求と差止請求が競合する場合の訴額は原則的に・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: ICT法務  タイトル: カリフォルニア外国法人に対する発信者情報開示
更新2017-07-19 23:16:37

カリフォルニア州に登録のある外国法人の代表者事項証明資料取得業務 外国法人を相手方として発信者情報開示請求仮処分、発信者情報開示請求訴訟を行うには、該当外国法人の代表者事項証明資料の取得・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 著作権  タイトル: 出版権
更新2017-07-10 15:11:40

出版権の設定 複製権保有者、公衆送信権保有者(併せて複製権等保有者(著作権法79条1項))は、出版権を設定することができます(著作権法79条1項)。ただし、複製権、公衆送信権を客体と・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 著作権  タイトル: 二次的著作物上の著作権
更新2017-07-09 15:34:36

原著作物と2次的著作物の関係 2次的著作物とは、原著作物の本質的特徴を維持しながら、新たな創作性を付与された著作物を言います。この2次的著作物において、原著作物の本質的特徴が残存している・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: ICT法務  タイトル: 2ちゃんねる書き込みに対する対応
更新2017-06-09 14:32:24

「2ちゃんねる」は日本のインターネットユーザーであれば一度は聞いたことがあるであろう有名電子掲示板です。現在、2ch.netと2ch.scの2種類のURL、サーバーで運営管理されています。2ちゃんねるは基本的に直・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: ICT法務  タイトル: ICT法務顧問
更新2017-05-26 12:00:36

特定法分野顧問 ICT顧問 月額 1万円  ・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: ICT法務  タイトル: 発信者情報開示・削除請求業務
更新2017-05-24 23:08:16

発信者情報開示・削除請求 インターネット上で著作権・商標権その他知的財産権を侵害された場合,法的に情報の削除や、情報発信者を特定するための情報の開示を請求できる場合があります。 ・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: ICT法務  タイトル: リンクと不法行為、著作権侵害と発信者情報開示の諸論点の整理
更新2017-04-20 23:11:17

リンクと不法行為、著作権侵害をめぐる諸問題について、記事を書きました。さらにこの問題を発信者情報開示の点に絞って整理してみます。 ・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 著作権  タイトル: リンクと不法行為、著作権侵害の諸問題
更新2017-04-14 23:45:58

リンクと不法行為、著作権侵害 インターネットの基本動作のひとつであるリンクについては、著作物に対してリンクを張る場合、様々な論点が生じます。 著作権侵害及び不法行為法の基本的・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 著作権  タイトル: 職務著作(著作権法15条)
更新2017-04-10 13:04:56

職務著作 著作権法15条1項は、「法人その他使用者(以下この条において「法人等」という。)の発意に基づきその法人等の業務に従事する者が職務上作成する著作物(プログラムの著作物を除く。・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: ICT法務  タイトル: カリフォルニア州法人の資格証明
更新2017-03-31 14:04:29

法人を原告、被告等とする場合、実務上、法人の資格証明書が必要とされています。 この根拠は、明文上明確でないと思料されます(*1が、いずれにせよ原告等のサイドで提出を検討しなければなりません。・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 事務所紹介  タイトル: サイトコンテンツ一覧
更新2017-03-28 12:07:52

I2法務コンテンツ I2練馬斉藤法律事務所著作権、知的財産権、ウェブ、デジタル法務関連コンテンツ群です。法務や事務所の紹介から、判例・法律に関するコンテンツがあります。・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 商標法  タイトル: デジタル商品、役務と商標制度の商品役務区分
更新2017-03-11 18:54:03

ウェブサイト、ソフトウェアなどのデジタル商品、役務と商標制度の商品役務区分(商標法施行規則別表、以下単に区分という。)はどのような関係にあるのでしょうか。基本的に、以下の例などを参考に、比較の可能・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 知的財産権  タイトル: 知的財産権に関する事件の控訴審における管轄
更新2017-03-03 12:38:04

知的財産事件の控訴審については、特別の定めがあります。すなわち、知的財産高等裁判所設置法2条柱書は、「東京高等裁判所の管轄に属する事件のうち…知的財産に関する事件を取り扱わせるため…東京高等裁判所に・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 著作権  タイトル: 言語の著作物
更新2017-03-03 12:21:08

言語著作物とは、「小説、脚本、論文、講演その他の言語の著作物」として規定されています(著作権法10条1項1号)。「小説」、「脚本」、「論文」、「講演」はあくまで例示であり、「その他」広く言語で表現・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 知的財産権  タイトル: ポパイキャラクター事件におけるキャラクターと不正競争防止法違反判示部分
更新2017-02-28 12:48:39

キャラクターを媒介とした、混合惹起行為、著名表示冒用行為が認められるのか、という問題があります。この点、ポパイのキャラクターが商品等表示にあたると判断した下記判例が参考になります。 同判・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 商標法  タイトル: 商標登録によるキャラクター使用の保護
更新2017-02-27 19:57:53

キャラクターの保護を十全にする場合、商標権による保護も検討し得ます。 キャラクターイラストも、「図形、記号、立体的形状若しくは色彩又はこれらの結合」と言えますので、「標章」足り得ます。そ・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 著作権  タイトル: 公衆送信権
更新2017-02-23 20:57:59

公衆送信権とは、「公衆によつて直接受信されることを目的として無線通信又は有線電気通信の送信…を行うこと」(著作権法2条1項7号の2)をいいます。そして、プログラムの著作物を除いて、公衆送信の「送信」・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 知的財産権  タイトル: 著作権・知的財産権・ICT法務関連リンク集
更新2017-02-23 20:46:17

司法機関 知的財産高等裁判所http://www.ip.courts.go.jp/ 東京地方裁判所・知的財産権法専門部・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 著作権  タイトル: 著作物の(同一性・)類似性と依拠性
更新2017-02-17 21:58:13

依拠性・類似性 複製行為について、昭和53年 9月 7日最高裁第一小法廷判決( 昭50(オ)324号 著作権不存在等確認及び著作権損害賠償請求事件(ワン・レイニー・ナイト・イン・トーキョー事件)・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 著作権  タイトル: 翻案権
更新2017-02-16 14:52:36

翻案権 著作者は、その著作物を翻訳し、編曲し、若しくは変形し、又は脚色し、映画化し、その他翻案する権利を専有します(著作権法27条)。この権利を、翻案権と言います。 この翻案行為に・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 知的財産権  タイトル: 知的財産権出願登録
更新2017-02-15 12:08:48

商標、意匠各出願登録をお引き受けします。また、特許、実用新案についての出願登録についても、ご相談ください(※案件や必要となる専門知識によってはお引き受けできない場合もございます。)。 商標・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 商標法  タイトル: 商標権侵害について
更新2017-02-14 12:58:23

商標権侵害の要件 商標権者は、指定商品又は指定役務について、登録商標の使用をする権利を専有します(商標法25条本文)。このように商標権は専用権であり、商標権者以外の者が商標を使用する行為を・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 著作権  タイトル: 著作権の侵害主体
更新2017-02-07 17:36:18

侵害主体の規範的把握 著作権の侵害主体については、カラオケ法理を端緒に、侵害主体を物理的観点からのみ捉えるのではなく、社会・経済的な視点も加味して、規範的に捉える傾向が顕著です。・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 著作権  タイトル: 著作権法上の刑罰法規の非親告罪化
更新2017-02-04 16:26:42

日本の著作権法においては、著作権法123条1項により、告訴がなければ、控訴を提起することができないと定められています(親告罪)。著作権法第百二十三条  第百十九条、第・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: ICT法務  タイトル: 検索結果に対する削除請求
更新2017-02-01 18:08:47

検索結果の削除請求について いわゆるグーグルなどの検索エンジンにおける検索結果について、プライバシーや名誉を侵害されている場合、法的に検索結果の削除を請求できるのでしょうか。この削除・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 著作権  タイトル: 名誉声望保持権
更新2017-01-25 11:24:27

著作権法113条6項は、「著作者の名誉又は声望を害する方法によりその著作物を利用する行為は、その著作者人格権を侵害する行為とみなす」、と規定しています。 同条項は、第4の著作者人格権としての・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 知的財産権  タイトル: 薬機法に基づく医薬品、医薬部外品、化粧品の製造販売
更新2017-01-23 23:19:23

知的財産権により保護される商品は、様々な行政法規の規律を受ける場合があります。たとえば、医薬品、医薬部外品、化粧品は、医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(薬機法)により・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: ICT法務  タイトル: インターネット上の名誉権侵害、プライバシー権侵害、商標権、著作権等知的財産権侵害と転載・まとめサイト
更新2016-12-14 13:09:51

インターネット上の名誉権侵害、プライバシー権侵害、商標権、著作権等知的財産権侵害についてはおおよそ2つの法的手段が考えられます。 削除要請及び損害賠償請求です。そして、情報発信者に対する損害賠・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: ICT法務  タイトル: 発信者情報開示請求とは
更新2016-12-14 12:47:50

発信者情報開示請求は,特定電気通信による情報流通(代表的な例:インターネット)による権利侵害について,権利侵害情報の発信者を特定することに資する情報を,特定電気通信役務提供者(典型的な例:プロバイ・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 知的財産権  タイトル: コンテンツ総合支援法務サービス・コンテンツシールド
更新2016-12-06 12:48:46

コンテンツシールドとは ・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 著作権  タイトル: プログラムの著作物
更新2016-12-02 04:42:53

プログラムの著作物について、概要を述べます。 プログラムの著作物は、著作権法10条1項9号に著作権法で保護すべき著作物の例として例示されています。 ここでいうプログラムは、著作・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 著作権  タイトル: 送信可能化権における情報の範囲
更新2016-11-19 02:18:47

著作権法は、公衆送信権について、下記の条文をおいています。   著作権法23条  著作者は、その著作・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 著作権  タイトル: 著作権遺言相続
更新2016-11-13 19:57:53

著作権を巡る遺産・相続 著作権、著作隣接権、出版権等の著作権等も財産権であり、相続(民法896条本文)の対象となります。これに対して著作者人格権、実演家人格権は一身専属的な権利(・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 著作権  タイトル: 実用品の著作物性~知財高裁平成28年10月13日判決(平成28年(ネ)第10059号)解説
更新2016-10-26 23:02:42

実用品の著作物性について、また、知財高裁の考え方が伺える重要な判例が出ました。TRIPPTRAPP(トリップトラップ)事件で知財高裁2部が下した判決が波紋を広げる中、知財高裁3部も今回、実用品の著作物性につ・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 知的財産権  タイトル: 著作権など、カルチャー、アート、エンタメ、ITの法律相談
更新2016-10-19 22:44:57

小説、脚本、論文、講演その他の言語著作 音楽 舞踊又は劇 絵画、版画、彫刻その他・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 著作権  タイトル: 著作権の消滅
更新2016-10-18 18:17:12

著作権は、次に掲げる場合には、消滅します。 すなわち、著作権者が死亡した場合に、その著作権が民法959条の規定により国庫に帰属するべき場合、或いは著作権が一般社団法人に関する法律239条・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 著作権  タイトル: 付随対象著作物の利用
更新2016-10-16 10:25:49

付随対象著作物 写真の撮影、或いは録音又は録画の方法(写真の撮影等)によって著作物を創作する場合、写真の撮影等の対象(被写体等)になる事物等と、切り離すことが困難な著作物であり、かつ・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 著作権  タイトル: 著作物の私的使用
更新2016-10-13 20:13:37

私的使用の範囲の複製・翻案 著作権の目的となっている著作物は、個人的な利用、家庭内での利用、その他これに準ずる範囲での利用においては、複製することができます(著作権法30条1項柱書)・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 著作権  タイトル: 著作権侵害に関する相談時の資料
更新2016-10-02 10:11:16

著作権が侵害された場合,来所,電話,メールなどで法律相談に応じることが出来ます。 著作権侵害において,必要な資料は,原則的に下記のとおりです。 著作物を特定するための資料 対象・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 著作権  タイトル: 著作権に関する法律相談について
更新2016-10-02 10:11:16

著作権に関して、権利を侵害されているため権利行使を行いたいという場合、権利を侵害しているとして内容証明や訴状が届いた場合、著作権の利用を巡って使用許諾契約や、著作権譲渡契約を結ぶために契約書を作・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 著作権  タイトル: 著作権侵害に関する法律相談について
更新2016-10-02 10:11:16

著作権を侵害されている場合弁護士による法的対応が必要なケースも存在します。弁護士による対応は、文書による警告書・内容証明の発送から,訴訟などの法的対応まで様々です。 著作権侵害についてご・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 不正競争防止法  タイトル: 不正競争防止法の目的と不正競争防止及び損害賠償に関する措置
更新2016-10-02 09:48:17

不正競争防止法の目的と手段 不正競争防止法は、事業者間の公正な競争を実現し、また、事業者間の公正な競争を実施するために諸外国と締結された条約などの国際的な約束事を的確に実践することを第一次・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 不正競争防止法  タイトル: 不正競争防止法の不正競争行為
更新2016-10-02 09:46:49

不正競争行為 周知表示混同惹起 他人の商品等表示として需要者の間に広く認識されているものと同一若しくは類似の商品等表示を使用するか、商品等表示を使用した商品を譲渡、或・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 特許法  タイトル: 訂正審判
更新2016-09-26 12:41:02

1.概説:特許権が発生した後においても、クレーム、明細書、図面の記載を訂正することが許されます(特許法126条1項)。審判の請求人は、特許権者です。特許権が共有にかかるときは、権利の変動を生じるた・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 特許法  タイトル: 無効審判
更新2016-09-26 12:27:05

無効審判 いったん付与された特許に瑕疵がある場合、当該特許を遡及的に消滅させるべく、特許無効審判制度が設けられています。無効事由と拒絶事由は大部分共通します。しかし、特許成立後に生じる無効・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 特許法  タイトル: 拒絶査定不服審判
更新2016-09-26 12:19:56

拒絶査定不服審判 拒絶査定を受けた出願人は、拒絶査定無効審判を請求できます。出願人が特許を受ける権利を有さないことは、拒絶事由となりますがが、特許を受ける権利が共有にかかるときは、共・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 特許法  タイトル: 審判総則
更新2016-09-26 12:14:53

4つの審判制度 審判とは行政権が行う準司法的作用を言います。特許法は主として以下の4つの審判制度を有しています。すなわち、Ⅰ出願人、特許権者が申し立てる、ⅰ.拒絶査定不服審判、ⅱ.訂正審判及・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 商標法  タイトル: 商標登録について
更新2016-09-18 15:44:24

商標の出願に際して発生する種々の手続きを代理して行う業務です。 商標の出願とは? 商標登録を受けようとする者は、①商標登録出願人の氏名又は名称,②住所又は居所,③・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 著作権  タイトル: 展示権
更新2016-09-18 15:44:24

美術の著作物 著作者は、美術の著作物の原作品を公に展示する権利を専有します(著作権法25条)。自らは展示する権利を享有するとともに、第三者が美術の著作物の原作品を公に展示することを禁・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 特許法  タイトル: 下町ロケット訴訟一審判決
更新2016-09-18 15:44:24

平成28年3月17日東京地裁判決平成26年(ワ)第20422号特許権侵害差止等請求事件は、リアル下町ロケット訴訟として巷でも話題になっていた訴訟です。町工場島野製作所が、世界的企業アップルを訴えま・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 著作権  タイトル: 音楽の著作物
更新2016-09-18 15:44:24

音楽の著作物ついて 著作権法10条1項2号は、「音楽の著作物」を、著作物の例示として掲げています。 ところで、東京地方裁判所昭和43年5月13日判決は、「原告は音楽著作物の・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: ICT法務  タイトル: RDBMSの著作物性等
更新2016-09-18 15:44:24

平成28年3月23日知的財産高等裁判所判決(平成27年(ネ)第10102号 損害賠償等請求控訴事件)を紹介したいと思います。判決文は・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: ICT法務  タイトル: ICTコンテンツ、ウェブサイト法務取扱法律事務所
更新2016-09-18 15:44:24

弊所はICTコンテンツ、ウェブサイト法務を取り扱っています。 弊所が,ICTコンテンツ、ウェブサイト法務分野においてセールスポイントとしているのは,ウェブサイトやITコンテンツ作成・配信の自主的な実・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: ICT法務  タイトル: インターネット法務の概要
更新2016-09-18 15:44:24

インターネット法務 1 ウェブコンテンツの制作 第三者に制作を依頼する場合は制作請負・委託(民法・著作権などの権利関係等)  ①純粋なウェブコンテンツ(サイトの中身)      ・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 知的財産権  タイトル: 知的財産権を侵害されている場合どう対応すればいいですか
更新2016-09-18 15:44:24

知的財産権を侵害されている場合,侵害されている知的財産の種類,侵害の態様,権利者の意思,損害発生の有無,事案の緊急性,証拠保全の必要性,侵害者の性質などから,採るべき対応はケースバイケースです。・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 知的財産権  タイトル: 知的財産権侵害にかかる弁護士費用はどの位ですか
更新2016-09-18 15:44:24

当事務所では,最低着手金10万(税別)円から案件をお引き受けしております。 知的財産権侵害にかかる法律相談においては,個人のお客様の場合相談料を30分4000円,30分以降10分1000・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 知的財産権  タイトル: 知的財産権侵害案件について
更新2016-09-18 15:44:24

・自社(私)が創作したキャラクター、音楽、ウェブサイト、ロゴ、映像、文章、写真、プログラムなどが勝手に利用されている。・特許(実用・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 知的財産権  タイトル: 著作権、商標・意匠権など知的財産権案件におけるサービス内容一覧
更新2016-09-18 15:44:24

著作権に関する法務 紛争解決  法律相談  交渉  訴訟(第一審)  訴訟(上訴審) 紛争予防・権利管理法務  制作段階の著作権管・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 知的財産権  タイトル: 著作権など知的財産権、ICT法務案件取扱について
更新2016-09-18 15:44:24

I2練馬斉藤法律事務所はつくることをコンセプトに著作権法その他の知的財産権法務、ICT法務を各種取り扱っています。 当事務所は、“つくること”に特色がある法律事務所です。 法律事務所自らコン・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 知的財産権  タイトル: 知的財産権
更新2016-09-18 15:44:24

知的財産権とは 知的財産権とは、知的財産(IP(インタラクチュアル・プロパティ))を客体として発生する権利の総称を言います。動産や不動産などの有体物ではなく、「著作物」や「発明」など、無・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 商標法  タイトル: 商標法
更新2016-09-18 15:44:24

商標の定義  商標法は、「商標を保護することにより、商標の使用をする者の業務上の信用の維持を図り、もつて産業の発達に寄与し、あわせて需要者の利益を保護することを目的とする」法律です(・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 著作権  タイトル: 著作権を侵害された場合にとり得る措置
更新2016-09-18 15:44:24

 著作権は,さまざまな権利の集合体ですが,複製権などの著作権が侵害された場合(作成した著作物が勝手にコピーされてしまった場合など),どのような措置をとり得るのでしょうか。  著作・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 特許法  タイトル: 特許無効の抗弁
更新2016-09-18 15:44:24

キルビー事件判例 特許法123条1項は,特許無効事由を定め無効事由がある場合特許無効審判を請求できる旨を定めています。 では,特許権を侵害したとして訴訟を提起された場合,特許無効・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 特許法  タイトル: 特許法上の発明とは
更新2016-09-18 15:44:24

特許法は,「発明の保護及び利用を図ることにより、発明を奨励し、もつて産業の発達に寄与することを目的と」します(特許法1条)。特許法が保護を企図する「知的財産」(知的財産基本法2条1項)は,発明と・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 知的財産権  タイトル: 知的財産権法及び知的財産について
更新2016-09-18 15:44:24

知的財産基本法は,「知的財産」とは、発明、考案、植物の新品種、意匠、著作物その他の人間の創造的活動により生み出されるもの(発見又は解明がされた自然の法則又は現象であって、産業上の利用可能性があるも・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 知的財産権  タイトル: パブリシティ権
更新2016-09-18 15:44:24

パブリシティ権 パブリシティ権とは,氏名,肖像などが有する顧客吸引力などの経済的価値・利益を排他的に利用できる権利を言います。このパブリシティ権の法的性質については,人格権の一内容とする・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: ICT法務  タイトル: プログラム・ソフトウェアと知的財産権
更新2016-09-18 15:44:24

プログラム・ソフトウェア特許権とプログラム著作権 プログラムや,ソフトウェアは物の発明やパーソナルコンピューターの利用方法の発明として特許権の対象となり得ます。また,プログラム・ソフトウ・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 知的財産権  タイトル: コンテンツ制作段階からの予防法務サービス
更新2016-09-18 15:44:24

Q 制作段階からの予防法務サービスとはどのようなサービスですか? A 著作権及びクリエイト関連法規に通じた弁護士が,コンテンツの企画・制作段階から関与して著作権をはじめとする関連法規につ・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: ICT法務  タイトル: プログラムの保護
更新2016-09-18 15:44:24

コンピューター上のプログラムは,知的財産権法によってどのように保護されているのでしょうか。 知的財産権法上,プログラムは,著作権法及び特許法においてその規定をみることが出来ます。 ・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 意匠法  タイトル: 意匠法について
更新2016-09-18 15:44:24

意匠 意匠法は、意匠の保護及び利用を図ることにより、意匠の創作を奨励し、もつて産業の発達に寄与することを目的とします(意匠法1条)。 このように、意匠法の保護客体は、意匠です。意匠とは、・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 意匠法  タイトル: 意匠出願について
更新2016-09-18 15:44:24

意匠出願 意匠登録を受けようとする者は、①意匠登録出願人の氏名又は名称,②①の者の住所又は居所,③意匠の創作をした者の氏名,④③の者の住所又は居所,⑤意匠に係る物品を記載した㋐願書に,㋑・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 意匠法  タイトル: 意匠とは
更新2016-09-18 15:44:24

意匠とは 意匠とは、意匠権が保護する保護客体であり、法律上「物品(…部分を含む…)の形状,模様若しくは色彩又はこれらの結合であって、視覚を通じて美感を起こさせるもの」(意匠法2条1項)を言います・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 知的財産権  タイトル: 著作権を初めとする知的財産権侵害に関する法律業務の流れ
更新2016-09-18 15:44:24

著作権など知的財産権侵害に対する、差し止め、損害賠償請求  著作権など、ご自身が権利をお持ちの知的財産権を侵害されている件についてご相談いただいた場合に当事務所弁護士が行う案件処理は・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 不正競争防止法  タイトル: 不正競争防止法について
更新2016-09-18 15:44:24

不正競争防止法は、事業者間の公正な競争及びこれに関する国際約束の的確な実施を確保するため、不正競争の防止及び不正競争に係る損害賠償に関する措置等を講じ、もって国民経済の健全な発展に寄与することを目・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 商標法  タイトル: 新しいタイプの商標
更新2016-09-18 15:44:24

商標(トレードマーク)とは、商品やサービスを象徴するマークやロゴなどを指します。 商標法が改正され、新しいタイプの商標が出願可能となりました。新しいタイプの商標は、①変化商標(①-1・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 知的財産権  タイトル: 知的財産権契約
更新2016-09-18 15:44:24

・著作物、発明、意匠など自社(私)が権利を有している知的財産を他人に利用させたい。権利を譲渡したい。・他社(他人)が権利を持っている・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 著作権  タイトル: 著作権侵害差止請求訴訟の要件
更新2016-09-18 15:44:24

 著作権法112条1項は,「著作者、著作権者、出版権者、実演家又は著作隣接権者は、その著作者人格権、著作権、出版権、実演家人格権又は著作隣接権を侵害する者又は侵害するおそれがある者に対し、その侵害・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 著作権  タイトル: 対象の著作物性
更新2016-09-18 15:44:24

 著作権侵害の差し止めを請求するには,対象が著作物でなければなりません。  著作物とは,「思想又は感情を創作的に表現したものであつて、文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するものを・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 著作権  タイトル: 著作権侵害に基づく差止の仮処分命令
更新2016-09-18 15:44:24

 著作権侵害に対して,差止請求をする場合,訴訟手続きを経るよりも迅速簡便に権利を実現する手段として,著作権侵害に対する差止請求の仮処分命令を申し立てる方法も,選択できる場合があります。 ・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 著作権  タイトル: 対象の著作物該当性①「思想又は感情」
更新2016-09-18 15:44:24

 著作権侵害の差し止めを請求するには,対象が著作物でなければならず,著作物とは,「思想又は感情を創作的に表現したものであつて、文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するものをいう。」とされており(著作・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 著作権  タイトル: 対象の著作物性②「表現したもの」
更新2016-09-18 15:44:24

 内心でこんな絵を描こうとか、あんな音楽を作ろうと考えていても,それだけでは著作物として保護されることになりません。なぜなら,頭の中にアイディアとして存在している段階では,②「表現したもの」と言えな・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 著作権  タイトル: 対象の著作物該当性③「創作的な表現」
更新2016-09-18 15:44:24

 「創作的な表現」にいう創作性について,たとえば,下記のような下級審裁判例(平成17年 5月17日 東京地裁 判決)があります。以下,対象の著作物該当性を判示した部分を抜き出して引用します。 ・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 著作権  タイトル: 著作権法と意匠法などの棲み分け
更新2016-09-18 15:44:24

 著作権法による保護が及ぶ範囲について,意匠法,実用新案法が保護している範囲と重なってくる部分については,棲み分けが問題となります。  いわゆる家電などの実用品は,そのデザインなどについて,本・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 著作権  タイトル: 著作権を初めとする知的財産権法務に重点を置いている法律事務所です
更新2016-09-18 15:44:24

 弊所弁護士齋藤理央は,現代的な創作環境に関する基本的な知識も有していることから,著作権を初めとするクリエイト関連の紛争解決,紛争予防について,周辺知識及び法律知識を活かしたアプローチができるものと考・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 知的財産権  タイトル: コンテンツと知的財産法について
更新2016-09-18 15:44:24

コンテンツと法律の関係 コンテンツには、通常、著作権その他法律上の権利が発生します。このように、法的な権利が発生したコンテンツはIP(インテレクチュアル・プロパティ、知的財産)として・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 知的財産権  タイトル: クリエイト、エンターテインメントコンテンツロー
更新2016-09-18 15:44:24

コンテンツロー 当ウェブサイトでは,コンテンツ・ローとは,キャラクター、ロゴ、ストーリーなど各種IPを含んだ社会事実としてのコンテンツに焦点を当てた法務を指します。 コンテンツは,・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 知的財産権  タイトル: コンテンツの制作段階からの法的支援について
更新2016-09-18 15:44:24

弊所は、物語形式のウェブコンテンツNOTE OF FLOAT ISLANDを制作・運営しています。また、NOTE OF FLOAT ISLANDを題材とした知的財産権法制度の学習サイトを近日中にオープン予定です。NOTE OF FLOAT IS・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: ICT法務  タイトル: リンクと著作権
更新2016-09-18 15:44:24

リンクは、インターネット上の他のサーバーや、同一サーバーに保存されている別のファイルを読み込むための<参照>とされています。 たとえば、↓のような画像やURLをクリックすると、別のサーバーに保・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 著作権  タイトル: 応用美術の著作物性
更新2016-09-18 15:44:24

著作権法2条1項1号は,同法により保護される著作物について,「思想又は感情を創作的に表現したものであって,文芸,学術,美術又は音楽の範囲に属するもの」と規定し,同条2項は,「この法律にいう美術の著・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: ICT法務  タイトル: jQuery(ジェイクエリー)の呼び出しと著作権法上の問題点
更新2016-09-18 15:44:24

 jQuery(ジェイクエリー)の呼び出しとMITライセンスなどの著作権の関係について、述べていきたいと思います。  当ウェブサイトヘッド部において、スライドショーを作成した際に、jQuery(ジェイク・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 著作権  タイトル: 著作権保護の理念
更新2016-09-18 15:44:24

著作権法1条は,「この法律は、著作物並びに実演、レコード、放送及び有線放送に関し著作者の権利及びこれに隣接する権利を定め、これらの文化的所産の公正な利用に留意しつつ、著作者等の権利の保護を図り、も・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 著作権  タイトル: 著作権の保護期間は何年間でしょうか
更新2016-09-18 15:44:24

 著作権に関わらず,知的財産権は権利の保護に時間制限がある場合が殆どです。つまり,一定期間を過ぎると権利がなくなり,知的財産に対する法的保護が受けられなくなります。   著作権の保護期間・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 著作権  タイトル: 著作権法にフェアユース規定はありますか
更新2016-09-18 15:44:24

日本の著作権法にフェアユース規定はありません。また,下級審において判例上もフェアユースの抗弁は否定されています(東京地方裁判所判例平成7年12月18日ラストメッセージIN最終号事件等)。 フェ・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 著作権  タイトル: データベースの著作物とは
更新2016-09-18 15:44:24

著作権法は,データベースを「論文、数値、図形その他の情報の集合物であつて、それらの情報を電子計算機を用いて検索することができるように体系的に構成したものをいう」と規定しています(著作権法2条1項1・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 著作権  タイトル: 二次的著作物とは
更新2016-09-18 15:44:24

著作権法2条1項11号は,二次的著作物とは「著作物を翻訳し、編曲し、若しくは変形し、又は脚色し、映画化し、その他翻案することにより創作した著作物をいう。」と定めます。 最高裁判所は,翻案・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 著作権  タイトル: 写真や映像への映り込みについて
更新2016-09-18 15:44:24

写真や映像を業務として撮影される方の中には、路上の看板など不可避な映り込みについて、気にされている方も多いのではないでしょうか。例えば、路上の建築物や、看板に印刷されたロゴ・キャラクター・芸能人の・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 著作権  タイトル: 著作権と信託
更新2016-09-18 15:44:24

信託とは 信託とは、信託契約、遺言、書面又は電磁的記録(同号に規定する電磁的記録をいう。)によってする意思表示のいずれかの方法で特定の者が一定の目的(専らその者の利益を図る目的を除く。)に・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 著作権  タイトル: 著作権、著作者人格権の帰属
更新2016-09-18 15:44:24

著作権及び著作者人格権は、誰に帰属するのでしょうか。 著作権帰属の原則 著作権及び著作者人格権は,著作者(著作権法2条1項2号)に帰属するのが原則です(著作権法17条1項)。著・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 著作権  タイトル: 著作権は譲渡できますか?
更新2016-09-18 15:44:24

著作権は譲渡することが出来ます。著作権法61条は,「著作権は、その全部又は一部を譲渡することができる」と定めます。著作権の「一部」とは,支分権の一部と解すことができます。また,これに留まらず,内容・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 著作権  タイトル: 共有著作権の行使
更新2016-09-18 15:44:24

共同著作物において、著作権は共有されることになります(民法264条類推適用)。 民法上の規定により、共有関係においては、使用行為が持分に応じて許容されています(民法249条)。また、変更・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 著作権  タイトル: 著作権法47条の2
更新2016-09-18 15:44:24

著作権法47条の2は,インターネット上で行う著作物の売買などを適法化するための規程です。平成21年度の法改正で導入された・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: ファウンディング  タイトル: 制作委員会方式
更新2016-09-18 15:44:24

制作員会方式は近年多くみられるエンターテイメントコンテンツ製作のためのスキームです。 法的には,民法上の組合契約が締結されることが一般的です。 複数の企業が出資者となり、出資者が複数・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: ファウンディング  タイトル: クラウドファンディング
更新2016-09-18 15:44:24

クラウドファンディングは、インターネット等をとおした不特定多数の個人からのファンディング(=資金調達)を指します。 資金を投資、出資した人への見返りがない寄付に近い形のものや、金・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: ファウンディング  タイトル: コンテンツファンディングの法的スキーム
更新2016-09-18 15:44:24

民法上の組合契約 コンテンツのためのファンディング(資金調達)において、広く利用されているのが、製作委員会方式です。製作委員会方式は,法的には民法上の任意組合であることが多いと考えられて・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 著作権  タイトル: 著作権法
更新2016-09-18 15:44:24

著作権法は、創作を保護することで創作へのインセンティブを高め、もって文化に貢献することをその目的とする法律です(著作権法1条)。 法は、創作を保護するための媒介として著作物という概念を用・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 著作権  タイトル: 実用品の著作物性~平成27年4月14日知財高裁判決(平成26年(ネ)10063号)解説
更新2016-09-18 15:44:24

実用品は、これまで、原則的に著作物性を満たさないと考えられてきました。 すなわち、実務においては,純粋美術、応用美術、美術工芸品などに分類して議論が展開されてきました。 純粋美術品であれ・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: ICT法務  タイトル: インターネット通信と識別符号
更新2016-09-18 15:44:24

インターネット通信の仕組み PCやスマートフォンなどのデバイスは、ウェブサイトを参照する場面ではクライアント(・コンピューター)と呼ばれます。 ウェブサイトを表示するHTML等のファイルはサー・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: ICT法務  タイトル: ICT分野・コンテンツ制作分野を法的に支援します
更新2016-09-18 15:44:24

ITの急速な発展に伴い、さまざまな法的紛争も増えつつあります。ITに関する紛争を解決し、あるいは、紛争の発生を未然に予防することは、「すべての国民が、インターネットその他の高度情報通信ネットワークを容・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: ICT法務  タイトル: インターネットをめぐる契約関係
更新2016-09-18 15:44:24

契約とは、民法上の用語であり、意思と意思の合致による法律効果発生の条件の一つです。 民事上において、裁判所は、市民と市民の関係を、債権や債務といった言葉で把握していきます。裁判所などの司法機・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: ICT法務  タイトル: インターネットの法規制
更新2016-09-18 15:44:24

インターネットに関する法規制は、現在、どのような状況なのでしょうか。 インターネットに関する法規制は、まず、インターネット特有の法規制と、一般的な法規制に分けて考えていくべきです。 ・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: ICT法務  タイトル: インターネット法務という領域
更新2016-09-18 15:44:24

インターネット法務とはどういった法分野を指すのでしょうか。端的に言えばインターネット法分野は,法分野を横割に区分したとき,その一定の法領域に渡って縦方向に分布する新たな法領域とらえられると考えられ・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: ICT法務  タイトル: 現代型のウェブサイト構造と法務
更新2016-09-18 15:44:24

現代型ウェブサイトは、どのような構造をしているのでしょうか。 ウェブサイトは、黎明期、フレームなどもなくhtmlで記述された単純な構造をしているものが一般的でした。 その後、ウ・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: ICT法務  タイトル: インターネット上で生じる紛争類型と弁護士が代理できる業務
更新2016-09-18 15:44:24

民亊 インターネット上の名誉棄損等に対する法的措置  IPアドレス開示 名誉棄損的言辞等を行った者を特定するための手続きです。名誉棄損的言辞が行われたブログ、掲示板などのコンテ・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 著作権  タイトル: 著作権等侵害に基づく損害賠償請求訴訟における損害額について
更新2016-09-18 15:44:24

著作権、出版権、著作隣接権(以下「著作権等」と言います。)を侵害した場合、著作権等侵害者は、他人の権利を侵害したものとして、損害の賠償義務を負います(民法709条)。 損害額の認定・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 個人情報保護法  タイトル: 個人情報の定義
更新2016-09-18 15:44:24

個人情報保護法においては、個人情報の定義規定が改正されています。 個人情報の保護に関する法律第2条(定義)第1項 ・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 著作権  タイトル: 頒布権・譲渡権・貸与権
更新2016-09-18 15:44:24

映画の著作物の頒布権 著作権法26条は、映画の著作物の頒布権について定めます。頒布とは、著作物が複製されるなどした有体物の譲渡、貸与を言います。2項においては、映画の著作物に複製されている著・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 著作権  タイトル: 上演権・演奏権・口述権
更新2016-09-18 15:44:24

上演権・演奏権 著作権法22条は、「著作者は、その著作物を、公衆に直接見せ又は聞かせることを目的として(以下「公に」という。)上演し、又は演奏する権利を専有する」と定めます。このように著作権・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 著作権  タイトル: 上映権
更新2016-09-18 15:44:24

著作権法22条の2は、「著作者は、その著作物を公に上映する権利を専有する」と定めます。 著作権法2条1項17号は、上映について、「著作物(公衆送信されるものを除く。)を映写幕その他の物に映写するこ・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 著作権  タイトル: 著作権の制限規定
更新2016-09-18 15:44:24

著作権法第二章「著作者の権利」、第三節「権利の内容」、第五款は、「著作権の制限」について定めています。以下、順に触れていきます。 (私的使用のための複製) 複製権の制限・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 著作権  タイトル: みなし侵害行為
更新2016-09-18 15:44:24

輸入、輸出、頒布、所持行為等 輸入時点で、国内で作成すれば著作者人格権、著作権、出版権、実演家人格権、著作隣接権を侵害する行為によって作成された物を、国内における頒布の目的で輸入する行為は・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 意匠法  タイトル: 意匠法の目的と手段
更新2016-09-18 15:44:24

意匠法の目的 意匠法の目的は、「意匠」の保護及び利用を図ることにより、意匠の創作を奨励し、産業の発達に寄与する点にあります(意匠法1条)。ここでいう、「意匠」とは、物品の全部あるいは一部の・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 意匠法  タイトル: 意匠登録出願
更新2016-09-18 15:44:24

意匠登録の要件 工業上利用できる「意匠」については、原則的に意匠登録を受けることができます(意匠法3条1項柱書)。 ただし、出願前に日本国内に限らず、日本国外に・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 特許法  タイトル: 特許法総則
更新2016-09-18 15:44:24

特許法の目的 特許法は、「発明」の保護及び利用を図ることで、発明を奨励し、もって産業の発達に寄与することを目的とします(特許法1条)。 特許法にいう「発明」とは、自然法則を利用した・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 著作権  タイトル: 著作権の保護期間
更新2016-09-18 15:44:24

著作権の保護期間 著作権の保護は、著作物の創作のときにはじまり、保護期間も著作物が創作されたときに進行を開始します(著作権法51条1項)。著作権の保護期間は、原則的に著作者の死後50・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 特許法  タイトル: 特許手続の補正
更新2016-09-18 15:44:24

特許法において、「手続」をした者は、事件が特許庁に係属している場合に限り、原則的に補正ができます(特許法17条1項)。また、特許庁長官は一定の場合、手続きの補正を命じることができます(同3項)。命・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 著作権  タイトル: 映画の著作物
更新2016-09-18 15:44:24

映画の著作物とは 映画の著作物は、著作権法で例示される著作物の一つです(著作権法10条1項7号)。 映画の著作物について、直接の定義規定はありませんが、著作権法における映画の著作物に・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 著作権  タイトル: 公衆送信権・送信可能化権の侵害主体確定の前提となる送信客体の捉え方について
更新2016-09-18 15:44:24

公衆送信、あるいは送信可能化において、送信主体を捉えるとき、実は、何が送信されたのか、という送信客体を先に確定しなければ、実効的な議論は行えないと思われます。 では、ウェブサイトに・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 特許法  タイトル: 特許出願における願書の内容
更新2016-09-18 15:44:24

願書 1.願書には出願人及び発明者の氏名(名称)、住所を記載する必要があります(特許法36条1項)。 2.また、明細書(①発明の名称②図面の簡単な説明③発明の詳細な説明(36条3項))・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 特許法  タイトル: 特殊な出願について
更新2016-09-18 15:44:24

1.優先権 パリ条約による優先権とは、同盟国に出願した場合(第1出願)、一定の期間中は、他の同盟国においても、第1出願を基準日とする出願を行える地位を言います。同盟国間では、出願の遅れによ・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 特許法  タイトル: 出願審査/補正/出願公開
更新2016-09-18 15:44:24

出願審査 1-1.出願審査:方式審査:出願に方式不備がないかの審査がされることになります。不備があれば補正を命じ、補正されなければ却下されることになります。もっとも、補正できない不備があれ・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 著作権  タイトル: 著作権登録
更新2016-09-18 15:44:24

著作権登録代理業務 著作権については、無方式で権利が発生します。したがって、特許、商標、意匠の例にならい出願登録をする必要はなく、また、出願登録制度も存在しません。しかし、著作権においても・・・

⇒この記事の続きを読む




カテゴリ: 知的財産権  タイトル: 知的財産権契約
更新2016-09-18 15:44:24

特許権、実用新案権、商標権、意匠権の譲渡、利用許諾など各種契約における、契約書の確認(チェック)、作成、契約締結に向けた代理交渉などの業務を承ることができます。契約書の作成 特許権・・・

⇒この記事の続きを読む




上記コンテンツは更新順に並んでいます。

カテゴリ別全記事一覧


著作権


著作権の内容


◆複製権
◆展示権
◆二次的著作物上の著作権
◆公衆送信権
◆頒布権・譲渡権・貸与権
◆上演権・演奏権・口述権
◆上映権
◆送信可能化権における情報の範囲
◆翻案権
◆リンクと不法行為、著作権侵害の諸問題
◆映画著作物における頒布権の国際消尽
◆埋込コンテンツと公衆伝達権

著作物


◆音楽の著作物
◆応用美術の著作物性
◆データベースの著作物とは
◆二次的著作物とは
◆実用品の著作物性~平成27年4月14日知財高裁判決(平成26年(ネ)10063号)解説
◆言語の著作物
◆映画の著作物
◆プログラムの著作物
◆実用品の著作物性~知財高裁平成28年10月13日判決(平成28年(ネ)第10059号)解説

著作者人格権


◆氏名表示権
◆名誉声望保持権
◆同一性保持権

国際著作権法務


◆外国(法)人を相手方とする著作権法務について
◆条約優先の原則

著作権法律相談


◆著作権侵害に関する相談時の資料
◆著作権に関する法律相談について
◆著作権侵害に関する法律相談について

侵害対応


◆著作権を侵害された場合にとり得る措置
◆著作権侵害差止請求訴訟の要件

著作権侵害


◆対象の著作物性
◆著作権侵害に基づく差止の仮処分命令
◆対象の著作物該当性①「思想又は感情」
◆対象の著作物性②「表現したもの」
◆対象の著作物該当性③「創作的な表現」
◆著作権等侵害に基づく損害賠償請求訴訟における損害額について
◆みなし侵害行為
◆公衆送信権・送信可能化権の侵害主体確定の前提となる送信客体の捉え方について
◆著作物の(同一性・)類似性と依拠性

著作権全般


◆著作権法と意匠法などの棲み分け
◆著作権を初めとする知的財産権法務に重点を置いている法律事務所です
◆著作権保護の理念
◆著作権法にフェアユース規定はありますか
◆著作権、著作者人格権の帰属
◆著作権は譲渡できますか?
◆共有著作権の行使
◆著作権法

保護期間


◆著作権の保護期間は何年間でしょうか
◆著作権の保護期間

著作権の制限


◆写真や映像への映り込みについて
◆著作権法47条の2
◆著作権の制限規定
◆付随対象著作物の利用
◆著作物の私的使用
◆著作物の引用利用

著作権と諸法制


◆著作権と信託

著作権業務内容


◆著作権法務
◆著作権登録
◆著作権訴訟
◆著作権契約
◆著作権警告書・回答書
◆著作権刑事
◆著作権遺言相続
◆デジタル著作権法務
◆著作権侵害対応
◆著作権侵害防御
◆著作権顧問契約
◆インターネット上の著作権侵害

著作権取扱地域


◆著作権案件の取扱地域について
◆東海・北陸地方の著作権案件
◆東北地方の著作権案件
◆北海道の著作権案件
◆関東、甲信越、静岡県(広域関東圏)の著作権案件
◆関西・中国地方・四国・九州・沖縄の著作権案件

著作権の消滅


◆著作権の消滅

著作権訴訟


◆著作権侵害訴訟の訴訟物
◆著作権等侵害に基づく損害賠償請求訴訟と損害の費目
◆著作者及び実演家の名誉回復等の措置請求権

著作権刑事


◆著作権法上の刑罰法規の非親告罪化

侵害主体


◆著作権の侵害主体

著作者


◆職務著作(著作権法15条)

出版権


◆出版権

知的財産権


保護客体


◆写真/フォトグラフ保護法務
◆キャラクター保護法務
◆「小説・脚本・原作・物語など」ストーリー保護法務
◆ウェブサイト保護法務
◆シンボル・エンブレム・ロゴマーク保護法務
◆音楽・演奏の保護法務
◆イラストレーション保護法務
◆グッズ、広告などクリエイトの商業利用

知的財産権侵害対応


◆知的財産権を侵害されている場合どう対応すればいいですか
◆知的財産権侵害にかかる弁護士費用はどの位ですか
◆知的財産権侵害案件について

知的財産権法全般


◆著作権、商標・意匠権など知的財産権案件におけるサービス内容一覧
◆著作権など知的財産権、ICT法務案件取扱について
◆知的財産権
◆知的財産権法及び知的財産について

リンク集


◆著作権・知的財産権・ICT法務関連リンク集

知財法律相談


◆著作権など、カルチャー、アート、エンタメ、ITの法律相談

パブリシティ権


◆パブリシティ権

コンテンツ保護


◆コンテンツ制作段階からの予防法務サービス

業務案内


◆ICTコンテンツ、ウェブサイト法務取扱法律事務所
◆インターネット法務の概要
◆著作権を初めとする知的財産権侵害に関する法律業務の流れ
◆コンテンツ総合支援法務サービス・コンテンツシールド
◆ICT分野・コンテンツ制作分野を法的に支援します
◆インターネット上で生じる紛争類型と弁護士が代理できる業務
◆2ちゃんねる書き込みに対する対応

知的財産権訴訟


◆知的財産権に関する訴えの管轄
◆知的財産権に関する事件の控訴審における管轄
◆知的財産権に関する訴訟事件の書類提出のルールについて
◆知的財産権訴訟と訴額

知的財産権契約


◆知的財産権契約

コンテンツ法務


◆コンテンツと知的財産法について
◆クリエイト、エンターテインメントコンテンツロー
◆コンテンツの制作段階からの法的支援について
◆制作委員会方式
◆クラウドファンディング
◆コンテンツファンディングの法的スキーム

知的財産権業務案内


◆知的財産権出願登録
◆知的財産権契約
◆知的財産権警告書・回答書
◆知的財産権訴訟
◆知的財産権刑事
◆知的財産権顧問契約

知的財産と行政法規


◆薬機法に基づく医薬品、医薬部外品、化粧品の製造販売

判例


◆下町ロケット訴訟一審判決
◆ポパイキャラクター事件におけるキャラクターと不正競争防止法違反判示部分

ICT法務


ICT知的財産権


◆RDBMSの著作物性等
◆リンクと著作権
◆jQuery(ジェイクエリー)の呼び出しと著作権法上の問題点
◆URLの意味とリンク及び公衆送信権
◆リンクと著作権GS Media BV v Sanoma Media Netherlands BV and Othersの本邦著作権法解釈に与える影響

業務案内


◆ICTコンテンツ、ウェブサイト法務取扱法律事務所
◆インターネット法務の概要
◆著作権を初めとする知的財産権侵害に関する法律業務の流れ
◆コンテンツ総合支援法務サービス・コンテンツシールド
◆ICT分野・コンテンツ制作分野を法的に支援します
◆インターネット上で生じる紛争類型と弁護士が代理できる業務
◆2ちゃんねる書き込みに対する対応

プログラム


◆プログラム・ソフトウェアと知的財産権
◆プログラムの保護

ICT法務内容


◆ウェブ・IT法務
◆発信者情報開示・削除請求業務
◆インターネットにおける知的財産権侵害者の特定
◆カリフォルニア外国法人に対する発信者情報開示
◆ICT法務顧問

インターネットの仕組み


◆インターネット通信と識別符号

ICTと契約


◆インターネットをめぐる契約関係

ICT法務全般


◆インターネットの法規制
◆インターネット法務という領域
◆現代型のウェブサイト構造と法務

発信者情報開示


◆発信者情報開示請求とは
◆プロバイダ責任制限法上の定義規定
◆インターネット上の名誉権侵害、プライバシー権侵害、商標権、著作権等知的財産権侵害と転載・まとめサイト
◆発信者情報開示請求の要件
◆カリフォルニア州法人の資格証明
◆発信者情報開示請求の管轄

不正アクセス禁止法


◆禁止される不正アクセス行為

仮想通貨


◆仮想通貨の概要
◆アルトコイン
◆仮想通貨と所有権
◆ビットコインのシステム

名誉毀損


◆インターネット上の名誉毀損と名誉感情侵害

削除請求


◆検索結果に対する削除請求

著作権侵害と発信者情報開示


◆リンクと不法行為、著作権侵害と発信者情報開示の諸論点の整理

ICT民事訴訟


◆ハンドルネームによる被告の特定

eコマース・広告法務


特定商取引法


◆ウェブサイトと特定商取引に関する法律

eコマース全般


◆電子商取引の法規制

eコマース法務


◆電子商取引・eコマース法務

Web広告規制


◆WEB広告の規制

広告法務


◆広告法務

個人情報保護法


個人情報


◆個人情報の定義

文化の発信地練馬の法律事務所
I2練馬斉藤法律事務所


 

取扱一覧

著作権/ウェブデジタル法務セミナー・勉強会等講師
特定法分野顧問契約・通常顧問契約
著作権法務
デジタル著作権法務
商標法務
意匠法務
特許・実用新案法務
著作権登録
著作権契約
著作権警告書・回答書
著作権訴訟
著作権刑事
著作権遺言相続
著作権侵害防御
著作権侵害対応
インターネット上の著作権侵害
著作権顧問契約
著作権案件の取扱地域について
知的財産権出願登録
知的財産権契約
知的財産権警告書・回答書
知的財産権訴訟
知的財産権刑事
ウェブ・IT法務
発信者情報開示・削除請求業務
カリフォルニア外国法人に対する発信者情報開示
ICT法務顧問
インターネットにおける知的財産権侵害者の特定
キャラクター保護法務
「小説・脚本・原作・物語など」ストーリー保護法務
写真/フォトグラフ保護法務
イラストレーション保護法務
グッズ、広告などクリエイトの商業利用
シンボル・エンブレム・ロゴマーク保護法務
ウェブサイト保護法務
音楽・演奏の保護法務
知的財産権顧問契約
広告法務
電子商取引・eコマース法務



  • Services/取扱法務
  • GLS/グラフィックリーガル
  • Lawyer/弁護士紹介
  • Legal counsel/法律相談
  • Office/事務所
  • Fee /料金
  • Contact/ご連絡

  • Blog/ウェブログ
  • Contents/コンテンツ



  • 弁護士齋藤理央創作知的財産一覧
    弊所の+αについて



    更新2017-11-12 23:14:19


    更新2017-11-02 15:46:15


    更新2017-11-02 14:55:49


    更新2017-11-02 14:55:49


    更新2017-10-15 05:27:18




    物語コンテンツ
    NoteofFloatIsland更新履歴


     タイトル: チャプター1エピソード11(チャプター1最終)


    更新2017-10-23 22:12:22

    天の大きな星が頭上に来ていた。空に浮かぶ小さなこの島では,それは、正午を指していた。 ・・・⇒この記事の続きを読む


     タイトル: チャプター1エピソード10


    更新2017-10-23 22:11:35

    リクが上空を睨んだ。天を見上げたリクの頭とプラクシスの頭と、そして、天上の大きな星が直線を描いた・・・⇒この記事の続きを読む


     タイトル: チャプター1エピソード9


    更新2017-10-23 22:11:26

    焚火の傍らで寝込んでしまったリクの頭上に、いつの間にか、朝日が昇っていた。 穿たれた・・・⇒この記事の続きを読む


     タイトル: チャプター1エピソード8


    更新2017-10-23 22:11:15

    作戦会議の後、ソラとリクは残り火が燻る焚火の跡を横並びに見つめていた。洞内に忍び込む冷気から逃れ・・・⇒この記事の続きを読む


     タイトル: チャプター1エピソード7


    更新2017-10-23 22:11:06

    その日の夜、ギーン、ヤゲン、ディー、リク、ソラは,焚火を囲んで座っていた。5人は、それぞれにそれ・・・⇒この記事の続きを読む


     タイトル: チャプター1エピソード6


    更新2017-10-23 22:10:58

    ・・・⇒この記事の続きを読む


     タイトル: チャプター1エピソード5


    更新2017-10-23 22:10:47

    ・・・⇒この記事の続きを読む


     タイトル: チャプター1エピソード4


    更新2017-10-23 22:10:36

    ・・・⇒この記事の続きを読む


     タイトル: チャプター1エピソード3


    更新2017-10-23 22:10:25

    ・・・⇒この記事の続きを読む


     タイトル: チャプター1エピソード2


    更新2017-10-23 22:10:16

    少女の眼は洞窟の入り口をまっすぐ向いて、見開かれていた。口は対照的にきゅっと閉じられていた。・・・⇒この記事の続きを読む


     タイトル: チャプター1エピソード1


    更新2017-10-23 22:10:05

    大きな大きな洞窟が延々と広がっていた。天井は大きく穿たれ、空がつかめるかのような錯覚さえ抱かせた・・・⇒この記事の続きを読む


     タイトル: ソラ


    更新2017-09-30 01:51:56

    ・・・⇒この記事の続きを読む


     タイトル: 天空の島


    更新2017-09-26 18:49:14

    ・・・⇒この記事の続きを読む


     タイトル: ステラ・シード


    更新2017-01-13 00:19:48

    ・・・⇒この記事の続きを読む


     タイトル: 光る天上の星


    更新2016-09-30 21:26:15

     NOTE OF  FLOAT ISLAND の世界は、ひとつ・・・⇒この記事の続きを読む


     タイトル: 浮島(フロートアイランド)に住む人たち


    更新2016-09-30 21:26:08

    フロートアイランドに住む人々は、厳・・・⇒この記事の続きを読む


    コンテンツ更新履歴
    グッズ、広告などクリエイトの商業利用
    更新2017-11-18 14:21:18

    WEB広告の規制
    更新2017-11-16 16:47:41

    広告法務
    更新2017-11-16 16:45:39

    電子商取引・eコマース法務
    更新2017-11-16 16:44:58

    ウェブサイトと特定商取引に関する法律
    更新2017-11-16 16:43:35

    電子商取引の法規制
    更新2017-11-16 16:43:35

    知的財産権顧問契約
    更新2017-11-13 20:06:25

    ご連絡方法
    更新2017-11-12 23:09:30

    「小説・脚本・原作・物語など」ストーリー保護法務
    更新2017-11-12 21:44:26

    I2練馬斉藤法律事務所の特徴とメリット
    更新2017-11-12 02:28:39

    著作権契約
    更新2017-11-12 02:02:27

    キャラクター保護法務
    更新2017-11-11 17:55:26

    インターネット上の著作権侵害
    更新2017-11-11 17:22:23

    クリエイトする弁護士
    更新2017-11-11 06:27:49

    ビットコインのシステム
    更新2017-11-06 15:12:38

    仮想通貨の概要
    更新2017-11-06 15:04:57

    アルトコイン
    更新2017-11-06 15:02:23

    仮想通貨と所有権
    更新2017-11-06 15:01:24

    埋込コンテンツと公衆伝達権
    更新2017-11-04 23:55:12

    著作権等侵害に基づく損害賠償請求訴訟と損害の費目
    更新2017-11-01 17:09:32

    著作者及び実演家の名誉回復等の措置請求権
    更新2017-11-01 17:04:03

    著作物の引用利用
    更新2017-11-01 14:59:35

    著作権侵害訴訟の訴訟物
    更新2017-10-26 22:31:59

    弁護士ご挨拶
    更新2017-10-22 02:03:19

    インターネットにおける知的財産権侵害者の特定
    更新2017-10-18 16:42:58




    ブログ更新履歴
    ツイッターセルフキュレーションの実験
    更新2017-11-13 16:28:28

    SNSのセルフキュレーション
    更新2017-11-06 02:16:45

    iPadpro12.9インチレビュー
    更新2017-11-05 13:30:06

    はるか夢の址関係者逮捕、リーチサイト摘発
    更新2017-11-04 14:00:10

    ポートレイト風デジタル画グラフィック
    更新2017-10-15 17:25:59

    コミックとデザイン
    更新2017-10-12 03:16:54

    デザイン
    更新2017-10-12 03:15:36

    NOTE-をイメージしたデジタル画グラフィック
    更新2017-10-08 14:13:22

    ソラ頭身デジタルグラフィック
    更新2017-10-06 22:47:30

    バイナリデータとエンコード
    更新2017-10-01 00:39:35

    フォントと書体
    更新2017-09-30 04:01:31

    テーミスグラフィックデジタル
    更新2017-10-06 22:52:07

    フロートアイランドグラフィック
    更新2017-09-27 01:21:54

    広告バナーのグラフィック差替
    更新2017-10-06 22:49:46

    インスタグラム
    更新2017-11-05 04:53:15

    こち亀コラージュ問題について
    更新2017-09-16 00:55:12

    アクリル(クリア)マウント加工
    更新2017-09-04 02:48:09

    事務所の備品購入
    更新2017-11-05 04:53:15

    ブラウザにおけるウェブサイトのレンダリング
    更新2017-08-18 23:54:05

    3DCGの計算
    更新2017-08-17 23:09:55

    ストーリーとキャラクターと広告の関係性
    更新2017-07-30 18:17:08

    「直虎」の商標を巡る記事コメントの補足
    更新2017-04-09 16:09:28

    ウェブと通信プロトコル
    更新2017-03-09 01:51:36

    マリオカートのフリーライドを巡って任天堂が訴訟提起(コメントの補足)
    更新2017-02-28 12:25:18

    法律事務所でのキャラクターやロゴ使用
    更新2017-07-30 18:16:31




    事務所サイト更新履歴



  • 齋藤理央ウェブログ


  • お知らせ
  • 著作権・法律動向
  • クリエイト
  • エンタ-テイメント
  • 旅行/地域
  • Contact/ご連絡



  • NoteofFloatIsland


  • 齋藤理央が創作提供する物語形式のエンターテイメントウェブコンテンツです!ストーリー、キャラクター、ロゴ、ウェブサイト、システム、著作物、意匠、商標など弁護士齋藤理央は創作の実際の知識も総動員して法務を提供します。